調査リポート
» 2017年04月18日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「ルーター」シェア(2016年度)

2016年度の国内ルーター市場規模は、1071億円と見込まれる。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 富士キメラ総研の調べによれば、2016年度の国内ルーター市場規模は、1071億円と見込まれている。ハイエンドルーターが、キャリアやISP、データセンター/クラウド事業者、CATV事業者といった事業者の通信サービス、データセンター/クラウドサービスのインフラに利用されているほか、ミドルレンジルーターがサービスインフラやイントラネット構築における大規模拠点に、ローエンドルーターがイントラネット構築における中小規模拠点に利用されている。

 ベンダー別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダーが46.9%で、固定/移動体キャリア向けにハイエンド製品を提供するほか、イントラネット向けのミドルレンジ、ローエンドも提供する。2位は固定キャリアにハイエンドルーターを提供していて、16.8%と横ばい。3位は移動体キャリア向けにハイエンド製品を提供しており、微減の10.9%。4位は6.0%で、首位のベンダーと共同のハイエンドシリーズの販売が縮小しているほか、ローエンド製品ではVPNサービスでの需要が一巡し減少傾向となっている。5位は4.9%で、公共/流通の大型案件終了の影響が大きかった。

 ローエンドルーターは、自動販売機、FA機器、医療機器などの監視にも利用される。近年各メーカーがIoT対応製品の投入検討やIoT向け需要獲得に向けた提案を進めており、今後、市場が徐々に拡大していくと考えられている。

「ルーター」シェア(2016年度) (出典:富士キメラ総研)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。