調査リポート
» 2017年01月10日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:グループウェアシェア(2016年度)

2016年度のグループウェアの市場規模は1047億円と見込まれる。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 富士キメラ総研の調べによれば、2016年度のグループウェアの市場規模は、パッケージ製品が163億円、SaaS製品が884億円で、合計1047億円と見込まれている。

 クラウド活用の拡大に伴い市場はSaaS優位で推移している。パッケージ市場は、セキュリティへの不安や個別カスタマイズによるSaaS移行が困難なユーザーなどに支えられているものの、今後も縮小していくとみられている。また、SaaSは製品ごとに得意とする機能が異なるため、1社で複数ベンダーのサービスを使い分ける場合もあり、これも市場拡大の一要因となっている。

 ベンダー別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、パッケージで1位のベンダーは、既存ユーザーの大規模なライセンス需要があり50.3%。2位は大手企業のプライベートクラウド需要を獲得し16.0%で、3位は横ばい傾向で推移し12.9%である。SaaSの1位は、テレワークの特設ページを設けるなどして訴求を進め71.3%。2位は14.5%で、大規模ユーザー向けには一巡した感があり、現在は1000ID未満の企業を中心に開拓が進んでいる。3位は7.9%で、同社のパッケージ製品と併用できるライセンス体系を用意している。

 政府は在宅勤務など柔軟な働き方への対応を企業にも求めており、職場とのコミュニケーションツールとしてグループウェアの活用が、今後一層重要になっていくとみられている。

グループウェアシェア(2016年度) (出典:富士キメラ総研)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。