特集
» 2016年08月25日 10時00分 公開

IT担当者300人に聞きました:IaaS、PaaS、SaaSの利用状況(2016年)/後編 (1/2)

キーマンズネット会員456人を対象にIaaS、PaaS、SaaSに関するアンケート調査を実施した。導入率や導入後の課題などの実態が明らかになった。製品別の認知度などが明らかになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットでは、2016年6月〜17日にかけて「IaaS PaaS SaaSの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数456件)。回答者の顔ぶれは、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が41.0%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が34.0%、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が25.0%となった。また、企業規模別では従業員規模1001人以上の大企業が41.7%、101〜1000人以下の中堅企業が38.1%、100人以下の中小企業が20.2%という構成比だった。

 後編では主に、「IaaS、PaaS、SaaSの製品別の認知度」と「IaaS、PaaS、SaaSそれぞれのプライベート、パブリックでの利用状況」を取り上げる。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値は丸め誤差により一致しない場合があることをあらかじめご了承いただきたい。

認知度では苦戦するも、導入は着々と進んだSaaS

 最初に、「SaaS(CRM、SFA、BI)製品の認知度」を聞いたところ、製品別の認知度では、「知っている」回答した製品では「Salesforce CRM(52.0%)」「Microsoft Dynamics CRM Online(46.0%)」「Oracle Cloud(42.3%)」「Kintone(41.0%)」「Salesforce Sales Cloud(40.4%)」の順となった(図1-1)。

 SaaS製品のプライベート、パブリックそれぞれにおける利用状況を聞いたところ、全体では「プライベートSaaSを導入済み」が22.1%、「パブリックSaaSを導入済み」が22.6%であった(図1-2)。

 2014年の調査結果「IaaS/PaaSの導入状況」では、「SaaSを導入済み」が26.8%、「新規導入を検討中」が3.0%だった。これと比較すると今回の調査では「新規導入を検討中」が5.9%であり、SaaSの導入率はここ数年のあいだは緩やかな成長傾向であることがうかがえる。

SaaS(CRM、SFA)の製品別認知度・SaaSの導入状況 図1 SaaS(CRM、SFA)の製品別認知度・SaaSの導入状況
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。