連載
» 2016年05月31日 10時00分 公開

そこが知りたい!名刺管理:名刺管理ツール活用を阻む「2つの関門」を突破する運用法

名刺をため込んでしまい、うまく営業活動に活用できない。ここにはクリアすべき2つの関門がある。名刺を最大限に活用できる運用法を紹介する。

[キーマンズネット]

 名刺管理ツールは、名刺の束を「人脈の宝庫」に変えて事業活動に活用するためのものです。しかし、理屈では分かっていても上手に運用するイメージがうまくつかめないという人もいるでしょう。名刺をため込んでしまい、うまく営業活動に活用できていない会社においては、2つの関門があります。

 1つ目は「各担当が溜め込んだ名刺の束のデータ化」。2つ目は「データ化した名刺情報の日常業務での活用」です。この2つの関門をクリアすることで名刺管理ツールは最大活用できるはずです。今回はこれらの関門をクリアするための上手な運用方法を紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。