調査リポート
» 2015年08月04日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「ビデオ・Web会議」シェア(2014年)

2014年は、436億万円の市場規模が推定されるビデオコミュニケーション市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 シード・プランニングの調べによれば、2014年のビデオ会議/Web会議/音声会議などのビデオコミュニケーションの国内市場規模は、436億6000万円と推定されている。

 メーカー別の市場占有率(金額ベース/推定)を見ると、ビデオ会議では1位が30.3%、2位が26.8%、3位が19.6%、4位が12.1%となっている。

 ビデオコミュニケーションのうち、Web会議システムの販売金額(推定)は、SIタイプが約35億円、ASPタイプが約78億円、計113億円。SIタイプ/ASPタイプ合計のメーカー別の金額シェアでは、1位が28.3%、2位が16.8%、3位が8.8%、4位が8.6%、5位が4.8%、6位が3.0%となっている。

 ビデオコミュニケーションの業界は、従来のビデオ会議/Web会議/音声会議などのハード/ソフト/サービス事業者主体から、2010年頃に変化し始めているという。クラウドコンピューティング/スマートフォン/タブレット/ソリューションサービスなどの新規事業者が目立っており、キャリア/ソリューション/モバイル機器とのコラボレーションも注目されているという

「ビデオ・Web会議」シェア(2014年) (出典:シード・プランニング)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。