調査リポート
» 2014年12月24日 10時19分 公開

シェア情報アーカイブ:「ブラウザ」シェア(2014年6月)

2014年6月時点で、企業で使われているWebブラウザのシェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの2014年6月の調査によれば、企業で最も多く利用されているブラウザは、第1位がMicrosoft Internet Explorer(IE)10で37.6%を占め、次いで2位はIE 9で21.1%、IE 8が3位で18.2%、4位はIE 7で9.1%、5位はFirefoxで4.5%であった。

 2013年6月の調査時には、IE 10は第5位の6.7%であったが、30ポイント超の大きな伸びを示した。代わって2013年30%を超えていたIE 8とIE 9がいずれも大きく数字を落とした。

 また、IE 6は2013年の9.1%から3.7%へと縮小し、6.0 SP3のサポートが2014年4月に終了したことが影響しているとみられている。更に、FirefoxやGoogle Chromeは2013年の調査時よりも若干の伸びは見られるものの、依然として5%を下回る低い値にとどまっている。

「ブラウザ」シェア(2014年6月) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。