調査リポート
» 2011年08月16日 10時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「SaaS型メール総合セキュリティ」シェア(2010年度)

2010年度、前年比9.5%増で176億円であった「メール総合セキュリティ」市場より、SaaS型のシェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 アイ・ティ・アールの調べによれば、2010年度のメール総合セキュリティ市場は出荷金額が176億円で前年比9.5%増だった。提供形態別に見ると、パッケージとアプライアンスは微増だったが、SaaS型は前年比21.0%増の高い伸びを示して80億円となった。コスト削減のために、自社で導入・運用してきたメッセージングセキュリティシステムをSaaSに移行する企業が増えていることが背景にある。

 2010年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、インターネットイニシアチブがサービスメニューの豊富さと信頼性の高さから、19.4%のシェアを獲得し1位となった。2位には16.9%でシマンテック(旧メッセージラボのサービス)、3位には11.9%でNTTPCコミュニケーションズが続いており、各社ともに高い伸びを示した。

 メッセージングセキュリティは、メールに関する脅威を水際で食い止めやすい、社内メールシステムの負担を軽減しやすいといった理由から、SaaS型製品への期待が高い分野である。特にスパムメール対策を中心に複数の機能を統合したメール総合セキュリティ製品は、サービスプロバイダーが複数ベンダーの製品を組み合わせてワンストップサービス化をする動きが活発なことから、2010年度はSaaS型の出荷金額がオンプレミス型並みの水準に達した。メールシステムそのもののクラウド化も進展しており、SaaS型への移行は2011年度以降も進むとみられている。

「SaaS型メール総合セキュリティ」シェア(2010年度) (出典:アイ・ティ・アール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。