情報漏洩対策/IT資産管理/内部統制強化 MaLion 2.0 [マリオン]


インターコム

Keyレポ

  • 基本情報
  • 情報漏洩対策/IT資産管理/内部統制強化 MaLion 2.0 [マリオン]の特長
  • 情報漏洩対策/IT資産管理/内部統制強化 MaLion 2.0 [マリオン]の導入事例
  • 情報漏洩対策/IT資産管理/内部統制強化 MaLion 2.0 [マリオン]のスペック

情報漏洩対策/IT資産管理/内部統制強化 MaLion 2.0 [マリオン]

掲載日:2010/08/30

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
確実なIT資産管理と情報漏洩対策を、少ないコスト/人員で効果的に行いたい企業。内部統制の構築/整備に課題を持つ企業など。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 アクセス管理、ログ管理、IT資産管理など、企業が必要とする機能を網羅したクライアントPC運用管理ソフト。標準機能の充実と高いコストパフォーマンスが特長。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポート
エリア
全国


初めてのIT資産管理ソフト、選択のポイントは?


取引先からの要請や、自社の信頼性向上を目指しPマークやISMSの取得を検討する企業が増えている。そこまでではなくても、一定規模以上の企業なら、内部統制の必要性は感じているだろう。そのために必須なのが資産管理ソフト。しかし、初めて導入するという企業には、どんなソフトでもいいというわけではない。

まず、手間をかけずに日々の変化に対応できることが重要だ。例えば、人の増減により必要なソフトウェアライセンス数も変化する。ライセンス数が足りなければコンプライアンス上問題であるし、多ければ無駄な費用を払っていることになる。また、未知のソフトを勝手にインストールされていれば、そこがセキュリティホールになりかねない。年に1回の棚卸しで初めてインストールが発覚するようでは意味がない。更に、専任の担当者を割けない中小企業では、手間がかかる資産管理ソフトでは導入しても結局使いこなせない場合も少なくない。






MaLionならばできる! 今すぐ始められるIT資産管理


上記の課題を解決するには、「情報漏洩対策」「IT資産管理」「内部統制強化」をトータルで実現する必要がある。
そこでお勧めしたいのが「MaLion(マリオン) 2.0(以下MaLion)」。これらの機能を標準で装備した、コストパフォーマンスの高い製品だ。TCO削減やガバナンスに有効なIT資産管理はもとより、各種操作制限やログ管理といった情報漏洩対策もカバー。オプションで機能を追加しなくても、総合的なクライアントPCのセキュリティと資産管理、内部統制を実現できる。

今回の記事では今後追加予定の新機能を中心に、MaLionのポイントを紹介しよう。






特長


運用管理

日報で実現する「簡単」「確実」な資産管理


日報で、普段見過ごしがちな小さな問題も確実にとらえる
MaLionの大きな特長は「日報」機能だ。「未承認のソフトが導入されていないか」「セキュリティポリシー(PC操作制限設定)に反する行為がなかったか」など、管理者が最低限確認すべき情報を厳選して毎日レポートする。管理者は、毎日送られてくるメールから日報を確認するだけで状況を把握でき、常にPC環境を適正な状態に保つことができる。

誰にでも分かるから、情報システム部から各部門へ管理を分散することも
MaLionの日報は、全社だけでなく部門単位でも出力でき、確認に高度な知識を必要としない。このため、各部門の担当者が自ら日報を確認して管理することも可能だ。これならば専任のIT管理者がいない中小企業でも、負担をかけずに確実な資産管理をすることができる。





SAM

高度なソフトウェア資産管理も標準機能として搭載


今やITガバナンスに不可欠となったSAM機能も標準搭載
MaLionは、SAM(ソフトウェア資産管理)機能も充実している。SAMの実務基準となっている「ソフトウェア資産管理基準 Ver.2.0」を踏まえて開発されており、ハード/ソフトウェアの管理に欠かせない資産管理台帳を搭載している。

「何を」「どこで」使用しているのか、不正や重複も一目瞭然に
社内に導入済みのソフトウェアの数を自動収集し、保有ライセンス数と台帳でつきあわせて管理できるので、ソフトウェアごとに保有ライセンス数を超過した不正な利用がないかを把握できる。更に、保有ライセンスを誰に割り当てているかまで管理できるので、ライセンスを割り当てていない社員による不正な利用も把握できる。


セキュリティ

業務効率を考慮した情報漏洩対策を標準機能として提供


3段階のセキュリティポリシーテンプレートで、簡単に始められる
セキュリティは、往々にして利便性と相反する。特にPCセキュリティはほとんどすべての社員の業務に関わるため、どこから手をつけてよいか迷う企業も少なくないだろう。これに対しMaLionなら、強度の異なる3段階のセキュリティポリシーテンプレートを用意しており、このテンプレートを取り込むだけでPC操作監視の核となる運用ルールを設定できる。まずは強度の弱いテンプレートから導入して徐々に強度を高めるなど、自社の状況に合わせて展開できる。

誤送信防止をはじめ、各種のPCセキュリティ機能を標準搭載
このほか、メールの誤送信防止機能も標準搭載されている。宛先アドレスのドメイン名や宛先の数など、あらかじめ設定されたルールに違反するメールを送信した場合に確認メッセージを表示するなど、情報漏洩防止に高い効果を発揮する。
更に、操作ログの取得や各種PC操作の制限など、基本的なPCセキュリティ機能はほぼ標準で網羅しており、まさにオールインワンの情報漏洩対策といえる。搭載されているセキュリティ機能の詳細については、パンフレットでご確認いただきたい。





簡単導入

社内のPCに短時間で一括プッシュインストール


社内LANに接続された全PCに、もれなくエージェントをインストール
クライアントPC管理は、エージェントの導入をどう全社に展開するかが問題となる場合も多い。管理者が各PCにインストールして回ったり、PCの使用者にインストールを任せるのでは時間も手間もかかるし、すべてに導入したかを把握することも困難だ。これに対しMaLionなら、管理者から社内LANに接続された全PCに、一括でエージェントをインストールできる。例えば300台のPCに対しては約7時間(※)で一括インストールを行うことが可能だ。導入時の負担も非常に少ないので、安心して導入することができる。

(※) 導入先のLAN環境により異なる場合があります。

このページの先頭へ

導入事例


導入経緯

【製造業A社】 人員削減→増える一方のIT管理者の負担! 


以下に紹介するのは、500台のクライアントPCをたった1人で管理する上場企業・A社の事例だ。

7人の情報システム管理者がいきなり1人に 「いくらなんでも、この上資産管理まで…」
A社では近年、業務のアウトソーシング化が進んでいた。更に、自社開発の基幹システムをパッケージソフトに移行したのにともない、情報システム部の大幅な人員削減が行われた。これにより、なんと、それまで7人だった担当者がたった1人になってしまった。
IT資産管理については、従来Excelで作成した資産台帳を用いて毎年1回行っていたが、もはやこのような手間のかかる方法では、たった1人の担当者では無理がある。急務とされるJ-SOX法対策のためにも、運用が容易で、確実なIT資産管理と内部統制が実現できるMaLionを導入した。

 A社が重視したポイントは――
   ・
IT資産管理(適切な資産投資が行われているかをチェック)
   ・
情報漏洩対策(機密情報漏洩防止)


導入効果

たった1人の担当者でできた、IT資産管理と情報漏洩対策


日報を各部門と共有し、新たな管理体制へ 「専任担当者1人でここまでできるとは!」
MaLionの導入により、情報システム担当者は、毎朝届く「日報メール」で日々の資産の推移や社内のPCの状況を把握できるようになった。また、各部門長にも日報メールを確認してもらい、ポリシー違反のチェックなどを協力してもらう体制とした。これにより、情報システム部門の本来の業務である「システム」のケアに注力でき、1人で確実な管理ができるようになったのだ。

そのほかにもA社では、MaLionの導入により多くの効果がでているようだ。例えばライセンス管理が徹底されたおかげで、転用可能なライセンスの存在を把握でき、ライセンスコストの削減が実現した。また、ハードウェア資産管理の機能でPCの利用状況とスペックが一目で確認できるようになり、PCの購入計画も立てやすくなったという。A社では今後も更に活用の幅を広げていくとのことだ。




このページの先頭へ

〜導入前に〜  安心のコンサルティングサービス


セキュリティ体制をこれから整備する中堅・中小企業では、「何から始めたらいいのか分からない」といった不安もあることだろう。
インターコムでは、そのような企業に最適なセキュリティコンサルティングサービスを用意している。セキュリティポリシーの策定から、具体的な対策や運用のプランニングまで、体制構築や導入を支援する。

ここまで紹介してきたように、MaLionは、情報漏洩対策も実現できるPC資産管理ツールである。充実した標準機能と低コストを両立し、高いコストパフォーマンスで中小企業のクライアントPC管理をサポートする。その詳細は、ダウンロード資料で是非確かめていただきたい。






スペック

製品名 MaLion 2.0
メーカー インターコム
クライアント側OS Windows Server 2008 R2 / Server 2008 / Server 2003 / 7 / Vista / XP(SP3)
クライアント側対応プロセッサ Pentium III 1GHz相当以上推奨
※Windows Server 2008 R2 / Server 2008はOSの推奨する環境以上でご使用下さい。
クライアント側必要メモリ容量 512MB以上推奨
※Windows 7 / VistaはOSの推奨する環境以上でご使用下さい。
クライアント側必要ディスク容量 50MB以上(インストール時)
クライアント側その他動作環境 ※Windows Server 2003 / Vista / XPは32ビット版のみ対応。
※Windows Server 2008 / 7は32ビット版及び64ビット版に対応。
※64ビット版のWindows Server 2008 R2 / Server 2008 / 7はWOW64にて動作。
サーバ側OS Windows Server 2008 R2 / Server 2008 / Server 2003
サーバ側対応プロセッサ Pentium 4 2.4GHz相当以上を推奨
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上を推奨
サーバ側必要ディスク容量 10GB以上推奨 (中継サーバ)
500GB以上推奨 (データベースサーバ)
サーバ側その他動作環境 .NET Framework Ver.2.0
※Windows Server 2003は32ビット版のみ対応。
※Windows Server 2008は32ビット版及び64ビット版に対応。
※64ビット版のWindows Server 2008 R2 / Server 2008はWOW64にて動作。
その他特記事項 ※仮想化環境はWindows Server 2008 R2、Hyper-V、VMware ESXi 4.0 に対応。
※データベースはSQL Server 2008 / 2005 に対応。
※管理コンソール利用時は.NET Framework Ver.3.5(SP1)、1024×768pxl以上のモニタ解像度が必要。
製品サイトURL:http://www.intercom.co.jp/malion/


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業


株式会社インターコム
部署名:ニューソフトウェア テクノロジー事業部
住所:〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5 反町ビル
TEL:03-3839-6769
FAX:03-3839-6233
URL:http://www.intercom.co.jp/


掲載企業


株式会社インターコム
部署名:ニューソフトウェア テクノロジー事業部
住所:〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5 反町ビル
TEL:03-3839-6769
FAX:03-3839-6233
URL:http://www.intercom.co.jp/