IT・IT製品TOP > Key Conductors > 神谷 学(株式会社アドバンテッジリスクマネジメント)

IT現場の道先案内人 Key Conductors
神谷 学 Manabu Kamiya
(株)アドバンテッジリスクマネジメント 取締役 常務執行役員。東京大学法学部卒業、文部省(現文部科学省)入省。2001年にアドバンテッジリスクマネジメント入社。経営企画を中心に、メンタルヘルスケアや就業障がい者支援などの分野で現在の事業の柱を作る。
  • 基幹系システム 2015/10/07
     最終回となる今回は、ストレスチェック制度の導入にあたり、弊社に寄せられる“よくある質問”について検討を加えていきたい。
  • 基幹系システム 2015/09/30
     前回は12月より施行される「ストレスチェック制度」について、あえて問題点を取り上げさせていただき、それをどうカバーするかを解説した。今回は、ストレスチェックの組織改善のポイントや情報セキュリティ上の問題点について解説したい。
  • 基幹系システム 2015/09/24
     前回は、今年12月1日から施行され「ストレスチェック制度」とも呼ばれる制度の概要について紹介させていただいた。今回はあえて本制度の問題点を挙げ、それをどうカバーするか、企業が考えるべきポイントを紹介したい。
  • 基幹系システム 2015/09/16
     前回、前々回と日本企業におけるメンタル不全の現状や、メンタル問題がもたらす企業リスクについて紹介をさせていただいた。 今回は今年12月1日から施行される、いわゆる「ストレスチェック制度」の概要について説明していこう。まずは下図を見ていただきたい。
  • Key Conductors Award 2015年下半期閲覧最優秀賞 基幹系システム 2015/09/09
     前回に引き続き「ストレスチェック義務化」の背景にある、日本企業におけるメンタル不全の現状について紹介していく。今回は、いわゆる従業員の“メンタルの問題”が企業にもたらすコストを定量的に見ていきたいと思う。 メンタルにより休職をしてしまった従業員が1人いた場合、まずその方の給与が失われる(直接的損害)。しかし企業が担うコストはそれにとどまらない。予期せぬ休職者が出た場合、上司や人事部は本人とのやり…
  • 基幹系システム 2015/09/02
     労働安全衛生法という法律が改正され、今年の12月から50名以上の事業場では従業員に対してストレスチェックを行うことが義務付けられることとなった。 今回はこの「ストレスチェック義務化」の背景にある、日本企業におけるメンタル不全の現状について紹介していきたい。



このページの先頭へ

ページトップへ