IT・IT製品TOP > Key Conductors > 武田 敏幸(独立行政法人情報処理推進機構)

IT現場の道先案内人 Key Conductors
武田 敏幸 Toshiyuki Takeda
PwCコンサルティング株式会社にて、ERP基幹系システムやその他のITシステム導入においてプロジェクトマネージャーを担当。その後、国内ERPベンダーで人事制度策定及び人材育成を担当。2011年より独立行政法人情報処理推進機構(IPA)HRDイニシアティブセンターでIT人材育成に関する企画業務を担当。
  • 2013/09/03
     前回はサービスビジネス、特に「ビジネスアプリケーション活用サービス」と「システム受託開発」を比較することで、サービスビジネスの特徴についてお話ししました。今回、この最終回はテンプレートの活用方法について概要を説明します。
  • 開発 2013/08/27
     前回はビジネス変革を現実的に検討するため、様々な視点が存在すること、また、具体的なビジネスモデル(ビジネスアプリケーション活用サービス)を拠り所にすることなどについて解説しました。今回は従来型の「システム受託開発」と「サービスビジネス」の違い、特に「ビジネスアプリケーション活用サービス」を比較することで特徴を明らかにしていきたいと思います。 ビジネスアプリケーション活用サービスとシステム受託開発…
  • 開発 2013/08/20
     第1回では「“作る”から“使う”へのパラダイムシフト」というテーマで、ユーザ企業におけるサービス利用へのシフトと受託開発型ビジネスの縮小について見てきました。こうした中、中小IT企業は受託開発型の仕事が将来、再び増えるのを“待つ”のではなく、サービスビジネスへのシフトを積極的に進めることが生き残りに向けた1つの選択肢ではないか…というお話しをしました。 しかし、多くの企業(特に中小IT企業)では…
  • 運用管理 2013/08/06
     「IT市場は構造変化している」とかなり以前から言われてきました。“クラウドコンピューティング”という言葉が初めて使われたのが2006年ですが、2年後の2008年にはGoogleがApp Engineを発表、AmazonはEC2正式版を発表、MicosoftではWindows Azure発表と各社からクラウドコンピューティングを意識したソリューションが登場しています。また、Salesforceは同…



このページの先頭へ

ページトップへ