AIを利用するだけならデータサイエンティストはもう要らない?

IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > AIを利用するだけならデータサイエンティストはもう要らない?
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

AIを利用するだけならデータサイエンティストはもう要らない?

情報システム 2016/09/28

米セールスフォース・ドットコムがAI機能「アインシュタイン」を発表

 米Salesforce.comは、2016年9月19日(米国時間)、自社で提供する各種クラウドサービスに自然言語処理や深層学習(ディープラーニング)などの機能を組み込んだ「Salesforce Einstein(Einstein/アインシュタイン)」を発表した。併せて、AIに特化した研究開発部門「Salesforce Research」も組織する。 

 Einsteinは、過去に米Salesforce.comが買収したAI技術を持つ9つの企業の技術を基にしており、「Salesforceプラットフォーム」上の顧客情報などのデータを学習ソースにして、同プラットフォーム上の各サービスで利用できる。

Salesforce Einsteinを紹介する米Salesforce.comの公式ブログ

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Salesforce Einsteinを紹介する米Salesforce.comの公式ブログ
正式リリースを告知する米Salesforce.comの公式ブログ

何が変わるのか、変わらないのか

 「利用できる」といわれても、「業務の何が変わるのか」は、想像しにくいところかもしれない。

 Einsteinを紹介する公式ブログでは、「Salesforce Marketing Cloud」でβ版のEinsteinを利用したeコマースサービス「ShopAtHome」の例として、AI(Einstein)を使うことで、顧客ごとの特性に合わせた個別のメール配信が可能になった結果、開封率を30%向上させるなどの成果を上げたことを示している。

 一般に、深層学習を含む機械学習を利用するには、自然言語処理や学習モデルの実装など、複数の専門的なスキルが必要とされる。さらに、データソースの整備、学習モデルのチューニングなど、実装には工数がかさみがちだった。しかし最近では、「Azure Machine Learning」や「Amazon Machine Learning」のように、クラウドサービスで簡単に利用できるものが登場している。両者とも環境を構築する工数を削減できる点が利点だ。

 Einsteinも、これらと同様に、データサイエンティストを抱えていない企業であっても利用できるAIとして提供されることになりそうだ。

 特にEinsteinは、Salesforceプラットフォームに特化しており、開発環境も標準の「Lightning」を利用できる。従来の環境から変わらずにアクセスできるため、既存ユーザーやインテグレーターにとっては導入しやすいAI機能になるだろう。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30009256


IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > AIを利用するだけならデータサイエンティストはもう要らない?

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
キーマンズネット編集部スタッフです。よろしくお願いいたします。キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。IT初心者から上級者まで、みなさまのさまざまなニーズにお応えします。

ページトップへ