第3回:有名大卒の新卒社員が病む時 〜その言動が社員をダメにする

IT・IT製品TOP > Key Conductors > 村田 佳子(パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社) > 第3回:有名大卒の新卒社員が病む時 〜その言動が社員をダメにする
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

第3回:有名大卒の新卒社員が病む時 〜その言動が社員をダメにする

2016/10/11

職場での事例2:希望職種以外の配属で、メンタル不調が発生した若手社員

 今回の“職場のよくあるシーン”は、若手社員の場合です。

 世代の違いから、カルチャーショックを感じている方もいるのではないでしょうか? 入社2年目の若手社員への対応について考えていきましょう。

 Bさんは入社2年目の若手社員。有名大学を卒業し、夢と希望を抱きながら入社しましたが、希望部署に配属されなかったことに不満を抱えていました。なかなか仕事に打ち込めず、自分が犯したミスが原因でお客様からクレームがあっても、「既に担当者には説明済みで解決しているはすです」との返事……。彼の全く反省する様子もない態度に頭に来たあなたは、つい厳しく怒ってしまいました。すると数日後、彼は「この仕事は向いていないのでプロジェクトから外してほしい」「僕にはスキルもなく迷惑を掛けてしまう」と自信喪失で、その場から逃げ出したがるのです。最終的には、希望部署へ異動したいと要望してきました。そんな部下に対して「大切な時期なんだから、もう少し頑張れ」と辛抱するように伝えましたが、彼のやる気は見えず、逆に遅刻を繰り返したり、急に休んだりすることが増えてしまったのです。彼への対応にはあなたも頭を悩ませています。

 こんな彼にやる気を出させるために、どのように対応するのがよいのでしょうか?

やる気を出させるポイント1:彼の価値を認める、良い点を「具体的に」褒める

 職場では全く役に立っていないと自信喪失してしまっている彼です。そんな彼の良い点を認め、口に出して褒めることが必要です。「君はすばらしい、まだまだ可能性があるよ」
といった漠然としたものではなく、「君の○○社への提案は細部にわたって配慮されていて、お客さまへの訴求ポイントが非常に分かりやすかった」など、できるだけ具体的に伝えましょう。自分のことをよく見てくれているなあと感じるとうれしいものです。

 何かを成し遂げたときは絶好の褒めるチャンスですが、それ以外にも次のポイントで褒めることができるでしょう。

1.努力過程:「いつも遅くまで頑張ってくれていた」など、成果に至るまでの努力についても褒める。

2.協力体制:「周りの人が困っていると自ら率先して助言したり、一緒に調べたりしてサポートしている」など、周りへ配慮は成果としては見えにくく評価されにくいポイントです。しかし、この気遣いは組織が活性化するための潤滑油となることがあります。ここもしっかり評価しましょう。

3.他者反応:「他部署の○○さんが感謝していたよ」など、自分の視点からだけではなく、他者からの評価も伝えてあげましょう。

やる気を出させるポイント2:役割・期待を明確にする

 職場のミッションにおける、彼の役割や期待値を明確に表現して共有することが大切です。彼の仕事が、会社にどのような貢献として表れるのか意識を持たせることで、会社の中で価値のある存在なんだと認識し、モチベーションの向上へとつながります。

 これは、「マズローの要求5段階説のレベル4:自我の要求」を満たすことになり、比較的高いレベルでの満足感を得ることになるのです。

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

やる気を出させるポイント3:キャリアプランについて考える

 5年後、10年後にはどうなっていたいのか、部下の考えを聞くとともに、会社としてどのようなキャリアプランが立てられるのか一緒に考え、共有することが大切です。今後の展望を見ながら現在の役割を把握することで、今の仕事への意味付けができるでしょう。

 ただ、気を付けなければいけないのは、会社の求めているキャリアを一方的に押し付けてはいけないということです。個人が自分の価値に合ったキャリアを模索し、管理者はそれを支援する姿勢を持つことが大切です。

「陰性感情」をコントロールする

 他人と関わって仕事をする中で意見が衝突したり、考え方の違いなどから思い通りにいかなかったりすることがたくさんあります。そんなことが続くと、他人の嫌なところばかりが目についてしまったり、うまくいかないことを他人のせいにしてしまったりしがちですが、このような陰性感情が働いた場合、それに気付くことがまず大切です。

 感情的になって取る行動や発言は後悔しか残りません。大きく深呼吸して、他人との違いについては「そのようなことがあるものだ」「それも彼の特徴だ」と大きな心で受け止めましょう。相手を非難し変えさせるのではなく、自らの考え方や見方をまず変えることが大切です。


 いかがでしたか。今回は人を育成するポイントについてお話しました。管理者は自らの育成指針を立て、部下育成も大きな役割の1つであると認識して取り組むように心掛けましょう。

 次回、最終回では、メンタル不調者を出してしまうリスクへの具体的な対策をお話します。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30009254


IT・IT製品TOP > Key Conductors > 村田 佳子(パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社) > 第3回:有名大卒の新卒社員が病む時 〜その言動が社員をダメにする

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
2006年から、コーチング研修やインストラクター育成を担当。「部下を元気にする」ための研修を新任管理者向けに多数実施。豊富な教育設計の経験を生かし、様々なeラーニング教材を開発、受講者から「学んでよかった」と思われる設計ノウハウを指導している。見るのもやるのもゴルフが趣味。競技大会で予選突破することが現在の目標。

ページトップへ