電子錠がオフィスの案内役に!スマートロックで働き方は変わるか

IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > 電子錠がオフィスの案内役に!スマートロックで働き方は変わるか
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

電子錠がオフィスの案内役に!スマートロックで働き方は変わるか

物理セキュリティ 2016/07/14

 2016年7月7日、電子錠(スマートロック)の「Akerun」シリーズを開発・販売する株式会社フォトシンスは、新プロダクト「Akerun Pro」を発表した。Akerun ProはNFCへの対応に加え、本体導入価格が無料で月額レンタルプランのみの提供である点などが特長的で、2016年7月23日より契約者に対して順次発送を行う。同社は3年間で1万台の販売を目指す。

“IoTプロダクト”としての新しい電子錠

 同社代表取締役社長の河瀬 航大氏は、本プロダクトの開発背景として、昨今、急激に増えているオフィス・事業所での利用ニーズに対し、多人数が出入りするオフィスでも手間取らずに使用でき、より正確なセキュリティ管理を可能にするプロダクトの開発に取り組んだ、と説明した。

 Akerun Proは扉に貼りつけるだけで設置できる後付け型電子錠。工事も工具も一切不要で、Bluetooth接続によりスマートフォンやスマートウォッチ、PCなどの電子デバイスで扉の開閉を操作できる製品。さらに、付属品のドアセンサーを取り付ければ、ドアが閉まった段階で自動でロックを掛けることもできる。

 従来のAkerunに比べ、デザインや機能面での強化はもちろん、クラウド型の各種サービス(災害情報配信、勤怠管理、オフィスファシリティ管理、グループウェアなど)と連携して他の情報と組み合わせた利用方法も提案されている。

河瀬氏

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

河瀬氏
株式会社フォトシンス 代表取締役社長 河瀬 航大氏

 河瀬氏は、今後のAkerun開発について「今後は人に寄り添いながら空気を読み、人がやらなくていい仕事を代理して行ってくれるロボットに進化させたい」と抱負を語った。

オフィスの“コンシェルジュ”を目指す

 多人数が出入りするオフィスでは1日当たりのドア開閉回数が多いため、Akerun Proは従来製品と比較して電池容量を2倍に増やし、更にACアダプタによる外部給電、停電時のバッテリー駆動にも対応。電池切れの心配を極力減らす努力をしたという。

 また、新たにNFCに対応したことで、カードをかざす開閉操作が可能になった。カードの情報とひも付ければ正確な開閉履歴を取得できるという。取得したデータはWeb管理画面「Akerun Manager」で一括管理できる。「誰がいつ扉を開閉したのか」「社内に残っている従業員は何名か」といった情報を遠隔地からでも管理できる。

スマートフォンでロックを解除

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

スマートフォンでロックを解除


Akerun Managerで入退室状況を管理

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Akerun Managerで入退室状況を管理

NECリーダーでSuicaを鍵代わりに使用できる

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

NECリーダーでSuicaを鍵代わりに使用できる


Akerun Managerでの表示例

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Akerun Managerでの表示例


 インターネット上で管理される“入退室履歴”は従業員の働き方が分析できる重要なデータとなり得る。効率性はもちろんのこと、例えば、以下の様な活用を通して、経営者や上司、人事担当者やスタッフ同士がより良いコミュニケーションを取るきっかけとなりそうだ。

「Akerun Pro」の活用例

誕生日のスタッフが出社したらバースデイメロディが鳴る。

外出時に雨が降っていたら雨用メロディが流れる。

緊急地震速報を受けて警告音が鳴り、ロックが自動で解除される。

入退室に合わせて電気が点く。

全員退室したらお掃除ロボットが動き出す。

最初の入退室を確認したら管理者にSNSで通知する。

ノー残業デー達成率の確認で勤務状況の改善に貢献。

会議室利用状況の確認でオフィス空間の有効活用に貢献。

喫煙室の利用状況を確認して社員の健康管理に貢献。

 これまでにない製品であるスマートロックの導入は、心理的にハードルが高いため、「興味はあるけれど、購入してずっと使い続けるのが不安」という顧客のためにレンタルプランのみで提供するという。製品の買取りは不要で、月額制のレンタルプランとすることで、万が一の故障時にも交換対応し、電話やメールで気軽に相談できるなど、サポート面での充実を図っている。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30009095


IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > 電子錠がオフィスの案内役に!スマートロックで働き方は変わるか

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
キーマンズネット編集部スタッフです。よろしくお願いいたします。キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。IT初心者から上級者まで、みなさまのさまざまなニーズにお応えします。

ページトップへ