仮想化技術の普及で浮上した難問「TCO削減」の秘策とは?

IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > 仮想化技術の普及で浮上した難問「TCO削減」の秘策とは?
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

仮想化技術の普及で浮上した難問「TCO削減」の秘策とは?

サーバー 2016/02/05

NutanixのSDS技術を搭載したハイパー・コンバージド・アプライアンスを投入

 レノボ・ジャパンは、2015年12月に結んだNutanixとの協業を踏まえ、仮想化環境のTCO削減を支援するハイパー・コンバージド・アプライアンス製品「Lenovo Converged HX Series」を国内でも発表した。

 サーバー仮想化技術はハードウェアのくびきからITリソースを解放し、必要に応じて柔軟に拡張できるシステムを可能にした。だがこの結果、仮想サーバやハイパーバイザー、ストレージといった仮想化システムを構成するスタックそれぞれにサイジングや導入、管理の手間が必要となり、運用が煩雑になっている。こうした背景から、仮想化技術のメリットを享受しながら、運用管理を簡素化し、TCO削減を実現できないかという模索が進んでいる。

 レノボ・ジャパンが2016年1月26日、Nutanix(ニュータニックス)との協業に基づいて発表したハイパー・コンバージド・インフラ製品「Lenovo Converged HX Series」も、その進化の道筋にあるものと言えるだろう。難しいことを考えなくても、導入後すぐに使え、無停止で拡張できるシンプルなインフラを目指したアプライアンス製品で、米国では2015年12月に発表されていた。

安田 稔氏(右)と安藤 秀樹氏(左)

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

安田 稔氏(右)と安藤 秀樹氏(左)
レノボ・ジャパン 執行役員専務の安田稔氏(右)と、ニュータニックス・ジャパン 日本法人代表マネージングディレクターの安藤秀樹氏(左)

 ハイパー・コンバージド・インフラとは、専用のストレージ装置を用いる代わりに、ストレージを内蔵した汎用x86サーバをネットワークで接続し、一つのシステムとして扱えるようにしたものだ。サーバーと共有ストレージをSANで接続するのではなく、サーバー内蔵のストレージをソフトウェアで制御し、仮想的に一つのストレージとして扱うことで構成を簡素化し、拡張性も確保している。その先駆けとなったのがレノボが協業するNutanixで、その後VMwareやEMC、HPといった有力ベンダーもハイパー・コンバージド・インフラ製品を市場に投入している。

 ハイパー・コンバージド・インフラと対比される存在として、「ハイパー」の付かない「コンバージド・インフラ」がある。これはサーバとストレージ、ネットワークといったシステム構成要素を垂直統合型でパッケージ化し、検証済みの形で提供するものだ。ターンキーで導入でき、シンプルな運用が可能なことが特徴だ。

 ただ「どうしても購入金額が高く、そのメリットを享受できるのは大企業に限られていた」とレノボ・ジャパン ソリューションスペシャリスト部 部長、システムズ・エンジニア本部の早川哲郎氏は指摘する。Lenovo Converged HX Seriesは、コモディティ化されたハードウェアとSoftware Defined Storage(SDS)技術の組み合わせにとって、仮想化システムのTCO削減というメリットを、より幅広い層に提供していくと述べた。

Lenovo Converged HX Series

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Lenovo Converged HX Series
HX Series 各モデル:上から順にHX3500、HX5500、HX7500
(出典:レノボ・ジャパン)

仮想化システムのTCOを劇的に削減

 今回発表されたLenovo Converged HX Seriesには3モデルが用意されている。標準的な処理能力を備えた「HX3500」は、仮想デスクトップやファイル&プリントサーバ、Webサーバといった一般的な仮想化ワークロードを想定したモデルだ。大容量ストレージを搭載した「HX5500」は、HadoopやSplunkといったビッグデータ向け、ハイパフォーマンスに対応した「HX7500」は、高いI/O性能が求められるオラクルやSAPといったエンタープライズアプリケーション向けに最適化されている。いずれも、「VMware ESXi」とNutanixがKVMをベースに最適化を加えた「Acropolis」という2種類のハイパーバイザーをサポートする。

Lenovo Converged System HX Seriesの製品構成

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Lenovo Converged System HX Seriesの製品構成

 ハードウェア面では、CPUやコア数、搭載メモリやSSD/HDD容量などをオプションの中から選択できる他、電源の冗長化によって可用性を高めている。今後、インテルのサーバー向けCPUの更新に応じて、対応機種の拡大も検討していく方針だ。

 特徴は、NutanixのSDS技術によってサーバーとストレージの機能を一体化し、専用管理ツール「Prism」を通して一元的に管理できることだ。負荷や仮想マシンの増減、移動が発生した時も「ストレージの使用率を平準化するインテリジェンスを備えており、性能を一定に保つことができる」(早川氏)。機器の増設やアップグレード、故障に伴う入れ替え作業が発生しても、全体としてサービスを止めない仕組みだ。

Nutanixの管理ツール「Prism」によって、サーバーとストレージ、仮想サーバを一体的に管理できる

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Nutanixの管理ツール「Prism」によって、サーバーとストレージ、仮想サーバを一体的に管理できる

 ニュータニックス・ジャパンの日本法人代表 マネージングディレクター、安藤秀樹氏は「インフラのことを気にしなくてもいい環境を提供し、IT基盤のお守りに当たる人々をもっともっと楽にしていきたい」と述べている。

 Lenovo Converged HX Seriesの価格はオープン価格。ただし、同社のサーバーに専用ストレージを組み合わせて構築する仮想化システムと比べ、「値引き後の価格と同じか、それよりも安価になるくらい」(早川氏)での提供を考えている。導入コスト以上に、ストレージの運用や仮想環境の管理に要する運用コストを劇的に削減できる点を訴求し、「ターゲットは全業種。今までコンバージド・インフラが行き届かなかった中堅・中小企業や、運用管理者のいない地方拠点向けに提供していく」と早川氏は述べた。


 レノボ・ジャパンの執行役員専務、安田稔氏は「ストレージ分野では今後もSDSが主流になっていくだろう」と予測。多様なデバイスの提案やパートナーとのシナジー強化といった取り組みとともに、SDSを活用した次世代ソリューションとして、ハイパー・コンバージド・システムに力を入れていく方針を強調し、IBMから脈々と引き継いできたパートナー戦略や販売力も活用し、差別化を図るとした。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30008583


IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > 仮想化技術の普及で浮上した難問「TCO削減」の秘策とは?

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
キーマンズネット編集部スタッフです。よろしくお願いいたします。キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。IT初心者から上級者まで、みなさまのさまざまなニーズにお応えします。

ページトップへ