シスコ、IoT事業本格化…ファナック、Kiiと連携で事業拡大目指す

IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > シスコ、IoT事業本格化…ファナック、Kiiと連携で事業拡大目指す
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

シスコ、IoT事業本格化…ファナック、Kiiと連携で事業拡大目指す

ネットワーク機器 2016/01/29

ファナックと協業、工場のゼロダウンタイムサービス提供へ

 シスコシステムズは国内でのIoT事業強化に向けて、本格的に乗り出した。

 2016年1月21日、シスコシステムズとファナックは産業ロボットの稼働率向上で協業すると発表した。工場で稼働する産業ロボットをネットワークに接続して稼働状況を解析、故障予知で生産・製造ラインの停止・中断を回避できるようにする「ゼロダウンタイム(ZDT)」が目標だ。

 富士通のNC部門だったファナックは、1956年に民間で日本初のNC装置を開発(NC装置とは数値制御装置のこと。ロボットアームの動作を3〜8軸で数値化、制御することで、正確な場所にねじを挿入したり部品を配置したりすることが可能になる)。
1972年にNC部門が分離してファナックを設立、その後は積極的に海外展開し、アメリカのゼネラルモーターズやゼネラル・エレクトリック(GE)とも関係が深い。GEを中心とする業界団体「インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)」の創設メンバーの1社であるシスコシステムズと今回の協業に至ったのも、自然の流れに見える。

 その同社がここ20年間注力してきたのが、「知能ロボット」の開発だ。「ロボット自身が目で見て力を感じ、考える」と説明するファナック専務取締役、ロボット事業本部長の稲葉清典氏は、例として医薬品の瓶を正確かつ適切な圧力で掴み、高速整列させるロボットや、動作時の振動を抑えて俊敏な作業を実現する機械学習ロボット、人間もいる作業環境で人間がどこかしらに触れるとそれを検知、動きを停止させて事故を防ぐ協働ロボットなどを紹介した。

ファナック 専務取締役 ロボット事業本部長 稲葉清典氏

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

ファナック 専務取締役 ロボット事業本部長 稲葉清典氏

 知能ロボットのメリットの1つに、チョコ停の軽減が挙げられる。チョコ停とは、部品の劣化で動作にちょっとしたズレが発生して停止するなど、計画的な停止や事故が原因ではない、オペレーターがすぐに対処できる停止状態を指す。だが、発生頻度が上がって慢性化するほどに設備の稼働率は低下し、生産効率のダウンや機会損失などが高まる。

 「自社工場では知能ロボットを導入している。その結果、ロボットがミスを感じて作業をやり直すことが可能となり、チョコ停は従来の10分の1に軽減した。夜間も自動で作業復旧できるのは大きい」(稲葉氏)

 だが、ここで1つの壁があった。それは、10分の1の更に先へ行けないことだった。原因の1つは、予期せぬ故障によるシステム停止だ。「部品をちゃんと押し込めていないなど、作業自体のミスはロボット自身が確認、軌道修正できる。しかし、ロボット自体のアーム部分が故障したとなると、ロボットは自ら修正できない。人間側が把握し対処する必要がある」と、稲葉氏は説明する。

 ファナックでは、予想外のダウンタイムは中断1分間あたり平均200万円前後の損失につながると試算する。

 こうした事態を防ぐには、どうすればよいのか。稲葉氏はまず、故障予知を挙げた。例えば、ギア部分が2週間ほどで故障することを予知して非稼働時にあらかじめ修理できれば、故障自体を回避できる。また、最悪の場合でも故障原因のドリルダウンを最短で完了し、すぐに復旧できるようにすることも重要と述べた。そして、これらをリモートで監視し、異常時にすぐに反応できるようにする。これらをもって「ゼロダウンタイム」が実現する。

故障予知と診断、遠隔監視、高信頼性商品の開発と製造で「ゼロダウンタイム」の実現を目指す

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

故障予知と診断、遠隔監視、高信頼性商品の開発と製造で「ゼロダウンタイム」の実現を目指す

 ゼロダウンタイムの機能は、同社ロボットのオプションサービスとして2016年夏に提供開始を予定している。ロボットはセンサーを使って搭載するモーターなどの稼働状況や損耗、工場内の温度などの環境情報を計測し、シスコシステムズのスイッチやルーターを介して工場内のサーバにそのデータを集積する。データは分析にかけ、故障の兆候を検知し、故障前に部品を発注、交換する。

ファナックがシスコシステムズ製品と連携して実施する故障予知サービス

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

ファナックがシスコシステムズ製品と連携して実施する故障予知サービス
監視サービスは2016年夏から秋にかけて国内展開する予定だ

 ファナックとシスコシステムズは、米国の自動車メーカーの工場でロボット3000〜4000台を対象に既に12ヵ月間のパイロットプロジェクトを実施している。期間中、生産設備や産業ロボットのダウンタイムはほぼ100%削減し、総合設備効率は向上したという。

「今後もシスコシステムズとの協業を通じて、止まらない工場を追求していきたい」。稲葉氏は展望を語る。

Kiiへの出資で国内IoT市場の開拓を目論むシスコ

 もう1つ、IoT戦略の強化推進でシスコシステムズが目を向けたのは、IoT BaaS(Backend-as-a-Service)ベンダのKii(キー)だ。シスコシステムズはファナックとの協業を発表した同日、Kiiに対して出資することも発表した。国内外の企業向けにモバイルやIoTソリューション提供で協業するという。

Kii 共同設立者兼会長 荒井真成氏

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Kii 共同設立者兼会長 荒井真成氏

 Kiiは、モバイルアプリやIoTデバイスのサーバー機能を提供するクラウドサービス「Kii Cloud」を運営している。サーバーの構築や運用を任せることで、短期間かつ少ない初期投資でIoTビジネスへの参入を可能にする。アメリカや中国、香港に拠点を構え、グローバル展開する同社は、2015年9月にはKDDIのクラウド基盤サービス「KDDIクラウドプラットフォームサービス」において、モバイルアプリおよびIoTデバイス開発基盤「mBaaS by Kii」を提供開始。B2C向けプラットフォームとしてスタートした同社だが、現在はB2B向けのIoTのプラットフォームベンダとしてもその存在感を高めている。

 Kiiの共同設立者兼会長の荒井真成氏は、「今後はスマートシティなどシスコシステムズが取り組むIoT戦略に積極的に関わっていきたい」と述べ、事業拡大を狙う。

 シスコシステムズが目指すのは、IoTでの新規市場の創出とIoT製品のデファクトスタンダードの確立だ。

 「これまでIoTは、PoC(概念実証)や実証実験といった単語とともに語られることが多く、商用事例が少ないと言われていた。しかし、シスコシステムズでは既に多くの事例がある。『勉強』の段階はもう終わった。これからは本番で使うという、次のステップに来ている」。シスコシステムズの専務執行役員、鈴木和洋氏は強調する。

 シスコシステムズでは製造分野において、ファナック以外にもヤマザキマザックとCNC工作機械稼働状況モニタリングソリューションを提供、センサーから吸い上げたデータを解析して保存情報に活用するなどの取り組みを実施している。

シスコシステムズ 鈴木和洋氏

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

シスコシステムズ 鈴木和洋氏
シスコシステムズ 専務執行役員 シスココンサルティングサービス 戦略事業開発兼IoEイノベーションセンター担当 鈴木和洋氏

 また、スマートシティ分野では京都府と包括的契約を締結して観光や医療、教育、防犯などで基本計画書を策定中だ。スポーツ&エンターテインメント分野でも、フィールド内のカメラ映像をタブレット端末やサイネージに配信する「Cisco Stadium Vision Mobileソリューション」も提供している。Kiiへの出資で、その活動範囲を更に拡大したい構えだ。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30008576


IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > シスコ、IoT事業本格化…ファナック、Kiiと連携で事業拡大目指す

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
キーマンズネット編集部スタッフです。よろしくお願いいたします。キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。IT初心者から上級者まで、みなさまのさまざまなニーズにお応えします。

ページトップへ