ExchangeからOffice 365へ〜潜在するPSTファイルを保存するには〜

IT・IT製品TOP > Key Conductors > 寺下 理恵(バラクーダネットワークスジャパン株式会社) > ExchangeからOffice 365へ〜潜在するPSTファイルを保存するには〜
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

ExchangeからOffice 365へ〜潜在するPSTファイルを保存するには〜

メール 2016/01/14

 2015年に「ExchangeからOffice 365へ移行〜古いメールを管理するには〜」と題して、オンプレミスで管理されたExchangeサーバや、クライアント上の過去のメールの管理する手法として、PSTファイルのインポート手法をご紹介しました。日本国内におけるメールシステムのクラウドへの移行の急増のひとつには、日本マイクロソフト社がOffice 365を国内のユーザへの提供するために、日本国内のデータセンターでのサービスの提供を開始したことも影響が大きいと思われます。

 バラクーダネットワークスにも、Office 365への移行に合わせて、過去のメールの管理方法に関するお問い合わせも増えてきましたが、実際にお客様やSI事業者さまから、「過去のメールについては、移行を断念した」という話を耳にすることもしばしばあります。PSTファイルのインポート手法についてご紹介しても、「個々人が積極的にPSTファイルをインポートすることが困難で、実際にマイグレーション手法として過去メールの管理方法を提供しても、徹底化されにくい」というのが現状のようです。

過去のメールをバッサリ削除することはできない

 オンプレミスのExchangeサーバからOffice 365への移行にあわせて、過去のメールをバッサリと保存・管理をあきらめてしまうのも潔いかもしれませんが、やはり長期の保存が必要なメールは必ず潜んでいます。以前、「関税法改正とメールアーカイブの必要性」でご紹介したとおり、輸出入に関連するメールについては、5年間の保存が義務付けられました。バックアップさえ取得しておけば…という意見も聞かれますが、関税法では「取引状況に応じて容易に検索できるように準備」することも義務付けられています。

 そこでExchangeサーバ配下で管理されていた過去のメールを、クライアントの手を煩わせることなく、メールアーカイブとして確実に長期保存ができる手法のひとつとして、今回はBarracuda PST EnterpriseによるPSTファイルの自動検知機能をご紹介したいと思います。

潜在するPSTファイルの自動収集

 Barracuda PST Enterpriseは、WindowsログオンしているクライアントPC上から、PSTファイルを自動的に検知することが可能なソリューションです。クライアント上には収集用のエージェントのインストール不要で、クライアントによるオペレーションは一切生じません。Barracuda PST Enterpriseで検知されたPSTファイルは、必要に応じて、クライアントPCからBarracuda Message Archiverへダイレクトにインポートすることが可能なので、インポートすればメール検索・復元など、必要に応じて、過去メールを参照することが可能です。

Barracuda PST Enterprise 構成イメージ

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Barracuda PST Enterprise 構成イメージ
Barracuda PST Enterprise 管理画面

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Barracuda PST Enterprise 管理画面

 Barracuda PST Enterpriseで検知したPSTファイルは、必要に応じて、Office 365上へインポートすることも可能ですが、Office 365ではPSTファイルのサイズが10GBを超える場合は、ファイル容量を小さくすることを推奨しています。Barracuda Message ArchiverはPSTファイルの容量制限なくインポートすることが可能なため、一度取り込んでから、Barraucda Message Archiverの保存ポリシーにより、不要なメールを自動削除(例:5年以上経過したメールを削除)することも可能です。

 Office 365への移行にあたり、過去メールのインポートを断念せざるを得ないと考えていた皆様、PSTインポートツールを検討してみてはいかがでしょうか。

※Barracuda Message Archiver 製品ページ:http://www.barracuda.co.jp/products/archiver
※Barracuda PST Enterpriseに関する詳細は、バラクーダネットワークスまで直接ご連絡ください。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30008470


IT・IT製品TOP > Key Conductors > 寺下 理恵(バラクーダネットワークスジャパン株式会社) > ExchangeからOffice 365へ〜潜在するPSTファイルを保存するには〜

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
2008年バラクーダネットワークスジャパン株式会社に入社。シニアプリセールスエンジニアとして、企業・自治体を中心にネットワークセキュリティ・アプリケーションデリバリ・データ保護ソリューションを提案。2013年よりプロダクトマーケティングマネージャーに着任し、ソーシャルメディアマーケティングを担当。

ページトップへ