ストレスに悩まない人達が実践する3つのセルフケア 〜3〜

IT・IT製品TOP > Key Conductors > 武神 健之(一般社団法人日本ストレスチェック協会) > ストレスに悩まない人達が実践する3つのセルフケア 〜3〜
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

ストレスに悩まない人達が実践する3つのセルフケア 〜3〜

2015/11/18

 前回前々回と、メンタル不調にならない人達が実践する3つのセルフケアのうち、2つをご紹介しました。1つ目は「長時間労働による負の連鎖を断ち切る」こと、2つ目は「睡眠するための時間である“床上時間”を確保する」ことです。

 今回は最後の3つ目をご紹介いたします。

相談する相手をもつこと

 セルフケアの3つ目は「相談する相手をもつ」ということです。新しく始まるストレスチェックテストでも周囲にサポートしてくれる人がいるか、どれくらいサポートしてもらえるかに関する一群の質問項目があります。

 厚生労働省のデータでは、働く人達への「あなたは強い不安、悩み、ストレスはありますか?」という質問に対して「ある」と答えたのはおよそ52%でした。半数以上の労働者が強いストレスを感じているわけです。

 また、そういった人達に「強い不安、悩み、ストレスを相談できる人はいますか?」と質問すると、90.8%、9割以上の人が「いる」と回答しています。一方でそのような時に「実際に相談しましたか?」と聞くと、「した」という人は、75.8%、およそ4分の3に減ってしまうのです。

 続いて、実際に相談した人に「相談して解消されましたか?解消しないまでも気が楽になりましたか?」という質問をしてみると、「解消した」という回答が33.1%、「気が楽になった」という回答は56.2%に上ります。つまり約9割の人が“相談すること“により不安が解消したか、少なくとも気が楽になるという効果を感じているということが分かります。

 念のために申しておきますが、この場合の「相談」というのは専門家への相談ではなくて、家族や同僚、友人に話をする、それだけのことです。人は不安や悩み、ストレスを抱えているときにそれを誰かに話すだけで、気持ちに整理がついたり発散したりできますから、相談することの効果はすごく大きいのです。

 先ほどの設問で、相談相手のいなかった1割弱の人達や相手がいても実際に相談しなかった4人に1人の人達は、やはり問題でしょう。相談すれば約9割の人が何らかの効果があったと感じているのですから、ともかく相談する相手をもつ、ということがセルフケアとしては重要だと覚えておいていただきたいのです。

 話すことによって、自分の頭の中だけで考えているだけよりも、より整理ができます。上手なカウンセラーは、頭の中のこんがらがった紐を解くように、話を聞いてくれます。特にアドバイスを受けていないのに、なぜかカウンセリングの後に頭の中がスッキリしていたり、解決の方向性が見えたりするのはこのためです。話すことによって頭の中が整理されたのです。

 話すことは大切です。だから、話すべき人を決めておきましょう。話を聞いてもらう相手としては、へたにアドバイスなどをされるよりは、ただ「うん、うん」と話を聞いてくれる人を見つけるべきでしょう。産業医やカウンセラーはもちろん、友達でもいいので「うん、うん」と聞いてくれる人を、元気なうちに身近なサポーターとして見つけておいて下さい。精神療法(メンタルヘルス治療法)の中では以前から、話をすること自体がストレスの緩和に非常に効果的だと考えられています。

 最後にこの記事を読んでくださった方々にお願いです。これらの話は「私には関係ないこと」だと捉えないで下さい。そして元気なうちに相談相手をちゃんとつかまえておいて下さい。いざとなったら誰に話をすれば聞いてくれるのかな、と考えて、親でもいいし、他の家族でもいいし、恋人、会社の同僚、もしくは他の会社の友人かもしれないですが、話を聞いてくれる人を見つけておいて下さい。

 元気がなくなってしまったら、相談相手を見つける元気すら出ないのですから、実はそこがすごく重要なポイントとなるのです。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30008292


IT・IT製品TOP > Key Conductors > 武神 健之(一般社団法人日本ストレスチェック協会) > ストレスに悩まない人達が実践する3つのセルフケア 〜3〜

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
医師、医学博士、産業医。これまで20以上の企業を担当。年間千件・通算1万件以上の健康相談やメンタルヘルス相談を通じ、働く人の健康管理をお手伝い。著書に「産業医・労働安全衛生管理者のためのストレスチェック制度対策まるわかり(中外医学社)」「不安やストレスに悩まされない人が身につけている7つの習慣(産学社)」がある。

ページトップへ