みんな抱えている!キーマンズネット会員のストレス要因(前編)

IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > みんな抱えている!キーマンズネット会員のストレス要因(前編)
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

みんな抱えている!キーマンズネット会員のストレス要因(前編)

基幹系システム 2015/09/30

 2015年12月1日から施行される改正労働安全衛生法で、従業員数50人以上の事業所を持つ企業では年に1回以上、従業員に対するストレスチェックを実施することが義務化されました。この背景には、ストレスを抱えたまま働く人が多い環境が当たり前のように存在していることが挙げられます。

 先日、キーマンズネットでも会員の皆さんを対象とした「ストレスチェック義務化への対応状況(2015年)」調査を実施しました。その中で、「仕事でストレスを感じていますか」という質問をしたところ、「感じている」という回答が実に8割を超える状況でした。また、多くの皆さんからフリーコメントも寄せられました。紙面の都合により全てのコメントを紹介できませんでしたので、こちらで残りのコメントも拾ってみたいと思います。

ストレス要因「仕事の量」について

 仕事量そのものが多いというケースと、仕事の割り振りが適切でなく偏るというケースが散見されました。また、1人情シスや専門スキルを持つ人材不足といった理由から、特定の個人に仕事が集中するケースもあるようです。

・「関連性のない業務が並行して過大にある」(その他業種、ストレスチェック実施済み)
・「量的には少ないが、故障などの申し出が複数社で重なって発生する。整理が苦痛」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「仕事は増える一方だが、リソース配分がタイムリーにできない」(IT製品関連業、ストレスチェック実施済み)
・「上司が仕事を『できる人』に割り振るため、特定人物の残業時間が異常なほど多くなり、社内でも問題となった。しかし、クレームを避けたいという理由で改善されなかった」(IT製品関連業、ストレスチェック実施済み)
・「人手が足りないのに、削減傾向は続いている」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「兼任の一人情シス。トラブルが発生すれば他の業務が滞り、それで批判される。対応のため私生活を犠牲にすることも多い」(その他業種、ストレスチェック実施予定なし)
・「自分以外に社内データベースを扱える人物がいない。各方面からの要望がそれぞれ『最優先』と指定されているため恒常的にパンク状態」(流通・サービス業全般、ストレスチェック実施予定なし)
・「ワーカーとマネジメントのタスクを両方振られて困る」(その他業種、ストレスチェック実施済み)
・「時と場合によっては、あきらかにオーバーワーク。『何とかしろ!』と言われても無理です」(IT関連外の製造業、ストレスチェック実施予定なし)

ストレス要因「仕事の失敗」について

 失敗の要因に仕事量の多さを挙げる人が多いようです。また、求められるアウトプットが出せないという責任感からストレスを感じる人もたくさんいました。

・「仕事量が多く、作業漏れや考慮漏れによる作業ミスが発生する」(IT製品関連業、ストレスチェック実施済み)
・「主に受託開発をしているが、顧客の要望が変わりやすく納品後に理不尽とも思える変更要望がある」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「顧客からのクレームで製造担当部署と顧客との板挟み」(IT関連外の製造業、ストレスチェック実施予定なし)
・「納得のいかない顧客の逆ギレ」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「専門知識のない分野のデータ処理トラブル(経理の不整合など)」(IT関連外の製造業、ストレスチェック実施済み)
・「新規業務で理解不足により有識者に負担をかけていること」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「技量が不足しており、顧客が満足するレベルの仕事に達していない。要求に応える技量を習得するためには費用が生じるが、出費してもらえない」(その他業種、ストレスチェック実施予定なし)
・「転職や中途入社だと即戦力としての活躍が求められるが、なかなか成果を上げられない状況がある」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定あり)
・「納期を守れない」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)

ストレス要因「責任の発生」について

 このテーマで多かったのは、部下をどのように指導すべきかというコメント。自分がやったほうが早いとはいえ、部下の成長も自分のタスクという板挟みの声も多く寄せられました。このほか、自分がかかわる前から責任の所在が不明瞭になっていることでストレスを感じるケースが多いようです。

・「当然ながら部下の失敗は自分の責任。長年にわたり教育、指導しているが成長がなく、客先に出せない。自分が行動するしかない」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「中堅社員がいないため、新人を一から指導する必要がある。スムーズに進んでないのに納期に対する危機感がなく、指導に苦労する」(IT関連外の製造業、ストレスチェック実施済み)
・「自分が対応したほうがスムーズに進行できるプロジェクトも部下に任せなければならない」(その他業種、ストレスチェック実施済み)
・「部下の言動について注意を受けることがしばしばあり、どのように指導すればいいか考え込んでしまう」(その他業種、ストレスチェック実施予定)
・「誰も責任を取りたがらない。『手を挙げたヤツが負け』という状態」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「責任の所在が不明な業務に関与し、問題が発生した時のやるせなさ」(IT製品関連業、ストレスチェック実施済み)
・「プロジェクトの途中からPMを任されて、上位PMの理不尽な対応の後始末をやることが多い」(IT製品関連業、ストレスチェック実施済み)
・「機器の老朽化など事前にアナウンスしているが、壊れるまで使い続ける。その結果、責任転嫁される」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定)

ストレス要因「地位・役割の変化」について

 この分野では、さまざまな種類のコメントが寄せられました。異動によって立場が危うくなったり、定年後のビジョンが描けなかったりという理由が多いようです。

・「昇進しても給料が上がらないのに、役員の給料は高騰している」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「自社だけでなく、クライアント会社の役員も兼ねるため、自社と他社との線引きに苦慮する」(IT製品関連業、ストレスチェック実施予定なし)
・「経験や知見を無視した配置転換が多い。若い時なら対応できるが、いつまでもそのような異動をされては困る」(IT関連外の製造業、ストレスチェック実施済み)
・「年長の部下」(流通・サービス業全般、ストレスチェック実施予定なし)
・「過去4年で2回、人事制度が変更になった。そのたびに役職などの地位の位置付けが下がったり、給与テーブルが改悪されたりしている」(流通・サービス業全般、ストレスチェック実施予定なし)
・「合理的理由のない人事異動」(その他業種、ストレスチェック実施予定なし)
・「不当な人事評価」(IT以外の製造業、ストレスチェック実施済み)
・「指導や引き継ぎのないままの管理職任命」(IT以外の製造業、ストレスチェック実施予定なし)
・「入社したころの課長は、もっと暇そうだった。特に仕事をすることもなく、新聞を読み、部下と世間話をしているだけに見えた。自分が課長になると、昔よりも忙しく、責任だけを負わされている気がする」(流通・サービス業全般、ストレスチェック実施予定なし)
・「定年が近づいている」(IT関連外の製造業、ストレスチェック実施済み)
・「役職定年の意義は理解するが、年齢が規定に達したからという理由だけで役職を外されるのはモチベーションが下がる」(IT関連外の製造業、ストレスチェック実施済み)

 後編では、ストレス要因「勤務時間に見合わない賃金」「長時間勤務」「職場の人間関係」「ハラスメント」について、寄せられたコメントを紹介します。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30008218


IT・IT製品TOP > Key Conductors > キーマンズネット 編集部(アイティメディア株式会社) > みんな抱えている!キーマンズネット会員のストレス要因(前編)

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
キーマンズネット編集部スタッフです。よろしくお願いいたします。キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。IT初心者から上級者まで、みなさまのさまざまなニーズにお応えします。

ページトップへ