ユーザの生の声!遠隔地バックアップに踏み切る理由 最終回

IT・IT製品TOP > Key Conductors > 寺下 理恵(バラクーダネットワークスジャパン株式会社) > ユーザの生の声!遠隔地バックアップに踏み切る理由 最終回
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

ユーザの生の声!遠隔地バックアップに踏み切る理由 最終回

バックアップ 2015/08/20

 遠隔地バックアップを実現したBarracuda Backupの導入事例のお客様から、導入に至る背景としてテープ・外付けディスクの手作業による遠隔地の手間を削減するための手法(第1回)、オンプレミスとクラウドのバックアップを両立する手法(第2回)を紹介しました。

 3回シリーズの最終回となる今回は、遠隔地バックアップを選択した結果、バックアップのコストを削減できたというお客様のケースを紹介します。

ソフトウェアバージョンアップのたびに、バックアップサーバを買い直し

 バラクーダネットワークスのお客様事例の中で、サーバを新規購入するたびにバックアップソフトウェアのバージョンアップが行われ、1つのバックアップサーバで異なるソフトウェアバージョンのバックアップクライアントを管理できないというケースがありました。

 結果、バックアップのバージョンにあわせて新規でバックアップサーバも追加購入し、それによりコストがかさみ、バックアップへ多大なコストをかけていらっしゃったお客様がいました。

サーバの台数にあわせてエージェントライセンスがかかること

 バックアップ製品には、一般的にエージェントライセンスがつきもの。バックアップ対象のサーバの台数と同じエージェントライセンスを購入する必要があるため、サーバが増えるにつれ、おのずとエージェントライセンスが掛っていくことになります。

 当然ながら、毎年更新のたびにエージェントライセンス費用は必要となります。また、サーバの購入時期にあわせてライセンスの有効期限を管理するのも、システム管理者の頭を悩ませる部分ではないでしょうか。

エージェントライセンスが不要でオプションも極めてシンプル

 Barracuda Backupの導入事例では、遠隔地バックアップに踏み切った大きな理由として、「Barracuda Backupはエージェントライセンスが不要だから」という声が一番多いです。バックアップの重複排除により、バックアップデータによるディスク使用量が想定よりも少なく、エージェントライセンスが不要なので、新たにバックアップ対象サーバを追加するお客様も少なくありません。

Barracuda Backupと競合他社との比較

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

Barracuda Backupと競合他社との比較

 またBarracuda Backupの場合は、オプションも最小限に限定され、お客様の選択肢としてはクラウドストレージを利用するかしないかを選択していただくだけです。中央管理機能やアプリケーションのバックアップ、仮想環境のバックアップなど、他社製品ではオプション扱いになりやすい機能も、Barracuda Backupはオプションなしでご利用いただけるため、結果としてコスト削減につながります。

エージェントライセンス不要
追加オプションなし

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

エージェントライセンス不要追加オプションなし

フリークラウドサービスが遠隔地バックアップのキッカケに

 またバラクーダ・フリークラウドサービスを利用することによって、最大5年間、クラウドストレージサービスの1TBを無料で利用できます。これにより、別のクラウドサービスを利用されていたお客様がBarracuda Backupに切り替えることによって、課題として抱えていたバックアップシステムの遠隔化のキッカケになったというケースもあります。

 バラクーダ・フリークラウドサービスを利用することで、他のバックアップの遠隔化システムからリプレースされ、結果としてコストを1/2近くまで削減できたというお声もいただいています。

バラクーダ・フリークラウドサービス

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

バラクーダ・フリークラウドサービス

 Barracuda Backupの導入事例のお客様の声から、3回にわたって「遠隔地バックアップに踏み切る理由」を紹介しました。バックアップシステムの遠隔化を検討されているシステム管理者様だけでなく、既存のバックアップシステムの見直しの際に、参考になると幸いです。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30008151


IT・IT製品TOP > Key Conductors > 寺下 理恵(バラクーダネットワークスジャパン株式会社) > ユーザの生の声!遠隔地バックアップに踏み切る理由 最終回

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
2008年バラクーダネットワークスジャパン株式会社に入社。シニアプリセールスエンジニアとして、企業・自治体を中心にネットワークセキュリティ・アプリケーションデリバリ・データ保護ソリューションを提案。2013年よりプロダクトマーケティングマネージャーに着任し、ソーシャルメディアマーケティングを担当。

ページトップへ