人手不足の転職市場でエンジニアはどう動くべきか?裏ワザ編

IT・IT製品TOP > Key Conductors > 長瀬 賢剛(株式会社リクルートキャリア) > 人手不足の転職市場でエンジニアはどう動くべきか?裏ワザ編
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

人手不足の転職市場でエンジニアはどう動くべきか?裏ワザ編

2015/03/25

 前回の概況編では、エンジニアにとって、今は絶好の転職チャンスであることを解説しました。また転職市場の情報を知ることで、将来のキャリアを描く際の参考にできることもお伝えしたつもりです。

  転職市場を知るためには、いろいろな方法があります。転職サイトで情報を集めるのは、最も身近な手段でしょう。ただ、やや手前味噌にはなりますが(笑)、私はキャリアアドバイザーという立場から、やはり転職エージェントサービスをおすすめしたいと思います。

 転職エージェントの長所としてまず挙げておきたいのは、豊富な求人情報を抱えている点です。登録すれば、求人媒体などには出ていない「非公開求人」も含め、たくさんの情報を得ることができるでしょう。それらを見れば、職種ごとの「相場観」もつかめますし、どんな業界・職種のニーズが伸びているのかという全体感を把握することが可能です。

 これらは、エンジニアとしてどうやってキャリアを積み重ねていくか考える際に、指針となってくれるでしょう。自分にはどのような選択肢があるのか、大枠のキャリアの方向性・選択肢を掴めるのは非常に有益であると思います。意外と自分自身で情報収集をしていると全体感は掴めないもの。また自分自身の選択肢もわからないもの。是非プロに聞いていただければと思っています。

面接・履歴書の指導などのサービスが受けられる

 また履歴書の書き方指導など、転職活動のノウハウが得られるのも長所でしょう。私の場合は、面接対策に特に力を入れていますね。

 エンジニアの方の中には、面接で自分を表現するのが苦手な人もいます。エンジニアの方はITや業務のプロではありますが、転職や面接のプロでは当然ないと思います。そのような点は是非プロに任せていただきたいと思っています。
例えば転職理由を聞かれたとき、「今の会社は下請けの仕事ばかりでイヤなんです…」と否定的な表現を含んで答えるのと、「今の会社はいい会社ですが、会社の立ち位置上、どうしても2次請案件が多くなっています。自分を高めるため、お客さまと直接やりとりできるプライム案件の機会を増やしたいんです」と答えるのでは、後者の方が好印象ですよね。伝えたい事の主旨は一緒であるかもしれないのに、印象の良くない受け答えで評価が下がるとすれば実にもったいないこと。そうした部分は、キャリアアドバイザーの助けを受けることで大きく改善できるはずです。

 自分の想像をはるかに超えたたくさんの情報や選択肢が手に入り、自分の魅力を引き出せるような転職活動のノウハウも得られる。転職を考えている人にとっては、この2つが大いに役立つはずです。

転職経験者からの助言が得られるのも、大きな長所

 転職は、人生における一大イベント。それによって、将来がガラリと変わる可能性だってあります。

 当然、悩みはつきものです。「年収を上げるにはどうしたらいいか?」「キャリアアップするには、どんな道を進めばいいか?」など、いろいろな課題があることでしょう。「上司との人間関係に悩んでいる」「勤め先の企業文化と、どうしても合わない」などと悩んでいる人もいるでしょう。

 ところが、こうした悩みを周囲に相談するのは、意外と難しいものです。同僚や上司には、当然打ち明けにくいでしょう。家族に相談すると、いらぬ心配をかける恐れもあります。そこでかなりの人は、自分ひとりで転職への悩みを抱えてしまいがち。そんなとき、頼れる存在となりうるのがキャリアアドバイザーです。

 これは弊社の特徴なのですが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、私も含めて中途入社者が多数を占めています。転職を考えているエンジニアが何を考え、どんな不安を感じているか、自分の経験としても分かっているのです。そうした私達に悩みを打ち明けて頂ければ、気持ちはグッと軽くなるでしょう。個人的な悩みを相談されることが私達の仕事なので、遠慮や躊躇は要りません(笑)。私が担当した中には、アドバイスを気に入って下さったことがきっかけで親戚の方の転職もお手伝いさせていただき、今では家族ぐるみのお付き合いに発展した方もいるくらいです。

 また、面談を通じて将来のキャリア像を一緒に描くこともできます。例えば、若いうちはキャリアアップ・スキルアップばかりに目が向きがちですが、年齢を重ねて家庭ができたりすると、労働時間の削減などが重要な問題として浮かび上がってきます。そこで私達は、5年後、10年後のキャリア・暮らしぶりなども考えながら、転職へのアドバイスをしています。こうした、転職志望者にとって盲点となりやすい部分を指摘できるのも、キャリアアドバイザーの存在意義ではないでしょうか。

「エンジニアとしての価値」を確かめるためにも使える

 読者の中には、「私には転職する予定がないから、転職エージェントなんて必要ない」と考えている方もいるでしょう。でも、転職するつもりがなくても、転職エージェントは利用価値のあるものです。

 最近増えているのは、30歳、35歳という節目に、「アセスメント(評価)」のつもりで転職エージェントを訪れるケースです。転職の予定はないけれど、エンジニアとしての客観的な評価を確かめるため、転職エージェントの門を叩くというわけです。プロ野球選手がFA宣言をして、自らの市場価値を確認するのと同じですね。

 前回の概況編も触れましたが、「転職活動」と「転職」は違います。たとえ転職活動を行っても、必ずしも転職する必要はないのです。私は、転職に際して無理強いはしません。もし、転職するより現在の職場で働き続ける方が良いと判断すれば、そのようにアドバイスします。私にとっては、「転職志望者が納得できるキャリアを築くこと」が最優先。一緒に働く同僚達の多くも、同じように考えています。

 もしかすると、「転職する気がないのに、転職エージェントに登録して手数をかけさせるのは申し訳ない」などと考えている方もいらっしゃるかもしれません。でもそんなことは一切気にせず、転職エージェントやキャリアアドバイザーを使い倒してくれればいいんです。

 たくさんの求人情報に触れて、IT業界がどんな風に動いているかつかむ。そして、自分の客観的な人材価値を確かめて、将来のキャリア構築のヒントにする。そのために、転職エージェントは実に使えるサービスだと思います。料金などは特にかからないので、まずは気軽に登録することをお勧めしたいと思います。

 行動すると必ず何か得るものがあります。この“いい時”“いい機会”を逃して後悔をしないで下さい。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30007827


IT・IT製品TOP > Key Conductors > 長瀬 賢剛(株式会社リクルートキャリア) > 人手不足の転職市場でエンジニアはどう動くべきか?裏ワザ編

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
新卒にて外資系ITベンダと日系シンクタンクの合弁会社に入社、営業職として勤務。その後、日本オラクルの営業職を経て大手人材サービス企業に転職。主にハイキャリア層の転職支援業務に従事した。2013年リクルートキャリアに入社。キャリアアドバイザーとして転職を検討しているエンジニアを始めとしたIT系キャリアの方の支援を担当。

ページトップへ