説明できますか?バックアップの重複排除技術

IT・IT製品TOP > Key Conductors > 寺下 理恵(バラクーダネットワークスジャパン株式会社) > 説明できますか?バックアップの重複排除技術
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT現場の道先案内人 Key Conductors

説明できますか?バックアップの重複排除技術

バックアップ 2013/10/02

 バラクーダネットワークスが提供するBarracuda Backupの導入事例としてご協力いただいているお客様の中で、「Barracuda Backupにリプレースしてから、日々のバックアップに要する時間がとても短くなった。」というお声を多数いただきます。日次のバックアップが短時間に終わる仕組みとして、Barracuda Backupでは、重複排除技術を採用していますが、この技術、皆さんは御存知でしょうか?
今回はバックアップの“重複排除の仕組み”について、おさらい程度にご紹介していきたいと思います。

変更点バックアップ

 重複排除技術では、同一データの重複するデータを排除して変更点があったブロックのみをバックアップする技術を採用しています。これにより、従来のバックアップに対するストレージ容量を最大50倍まで削減が可能です。

 以下の例で、従来の差分バックアップと重複排除技術の例を見てみましょう。

 ファイルサーバ上にあった、「A社見積書」というExcelファイルを編集します。赤文字の部分(社名・日次・数量・合計金額)だけ変更し、「B社見積書」として別名保存します。ファイルの内容はほとんど代わりのない2つのファイルですが、差分バックアップの場合、別名保存されたファイルは「新規ファイル」としてみなされ、バックアップとして費やされるデータ容量は「A社見積書」の10MBと、「B社見積書」の10MBで、合計20MBのデータがバックアップとして要される容量となります。
 これに対し、重複排除技術を使うと、赤文字の変更データブロックだけを抽出してバックアップするため、バックアップとして費やされる容量は、元の「A社見積書」の10MBとそこから変更があった数バイトとなるため、バックアップの容量と所要時間を大幅に短縮することができます。

重複排除により変更ブロックのみをバックアップ

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

重複排除により変更ブロックのみをバックアップ

多段で重複排除

 この重複排除技術はバックアップ元のサーバだけではなく、多段で実施することも可能です。以下の例の場合、ファイルサーバが複数あり、ファイルサーバAとファイルサーバBに同じPDFファイルが保存されているとします。この場合、重複排除はまずバックアップエージェントで行われ、バックアップデータとして保存されるバックアップサーバ側で更に重複排除が行われるため、異なるサーバにあったファイルについても、バックアップサーバ側では重複排除の結果、容量が削減されます。

エージェントとバックアップサーバの多段で重複排除

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

エージェントとバックアップサーバの多段で重複排除

重複排除による実際の効果

 重複排除を利用して、バックアップをリプレースしたお客様の声を取り上げてみましょう。

● ヤマダコーポーレーション様の導入事例

リプレース前のバックアップシステムでは、日次のバックアップが一晩で終わらず、一部のシステムは1週間に1回しかバックアップを実行できていなかったが、重複排除により、現在はすべてのシステムのバックアップが一晩でとれている。

● 古河電池様の導入事例

リプレース前に利用していたバックアップシステムでは、日次のバックアップ取得時間に6時間以上かかっていたが、重複排除により、毎日3時間程度でバックアップが終了している。

● ネットブレインズ様の道入事例

日次の重複排除バックアップは、平均して40分程度でバックアップが終了しているため、業務への支障も及ぼさない。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この寄稿記事に掲載している情報は、掲載日時点での情報となります。内容は変更となる場合がございますのでご了承下さい。また、「Key Conductors」の寄稿記事及び当該記事に寄せられたコメントについては、執筆者及びコメント投稿者の責任のもと掲載されているものであり、当社が、内容の最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等を保証するものではありません。


30006760


IT・IT製品TOP > Key Conductors > 寺下 理恵(バラクーダネットワークスジャパン株式会社) > 説明できますか?バックアップの重複排除技術

このページの先頭へ

キーマンズネットとは
2008年バラクーダネットワークスジャパン株式会社に入社。シニアプリセールスエンジニアとして、企業・自治体を中心にネットワークセキュリティ・アプリケーションデリバリ・データ保護ソリューションを提案。2013年よりプロダクトマーケティングマネージャーに着任し、ソーシャルメディアマーケティングを担当。

ページトップへ