IT・IT製品TOP > Key Conductors

IT現場の道先案内人 Key Conductors

注目の記事

最新記事

 「第12回:保管と廃棄」から約1年が経過してしまいました。既にマイナンバーの収集を完了し、利用を開始している企業も少なくないと思います。 この間、マイナンバーの利用が義務付けられている範囲はやや縮小し、実務に即したものになってきました。例えば1年前には、年末調整に用いる扶養控除等申告書にマイナンバーを記載することが義務付けられていました。しかし現在では、一定の条件を満たせばその義務は免除されてい…
 第1回「メインフレームとOSSの相性がいい理由」で紹介した通り、IBMでは、オープンソースソフトウェア(OSS)が持つエコシステムを活用しながら、なおかつメインフレームの性能も使える環境として「メインフレームLinux」である「LinuxONE」を発表しました。  第2回となる本稿では、PC Linuxとは異なる「メインフレームらしさ」と「Linuxらしさ」を体感できる無償の環境「LinuxON…
 今回のコラムは、最近話題になっているスマートカーセキュリティに関するものだ。 「情報セキュリティ企業なのに、なぜスマートカー?」と思うかもしれないが、この問題は自動車業界でも、セキュリティ業界からも話題になっていたものである。スマートカーセキュリティに関する認識が変化してほしいという気持ちで、コラムを書いた。 2015年7月、米Wiredは、スマートカーに潜んでいる脆弱性に関する記事を出した(参…
 米Salesforce.comは、2016年9月19日(米国時間)、自社で提供する各種クラウドサービスに自然言語処理や深層学習(ディープラーニング)などの機能を組み込んだ「Salesforce Einstein(Einstein/アインシュタイン)」を発表した。併せて、AIに特化した研究開発部門「Salesforce Research」も組織する。  Einsteinは、過去に米Salesfor…
 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がますます高まってきています。 OSSは今や、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックに代表されるようなWebサーバ、データベースサーバなどの主要ミドルウェアだけのものではありません。例えば、ソフトウェア開発フレームワーク、Apahe HadoopやSparkに代表されるようなデ…
酷暑が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。8月中旬に夏休みを頂き、和歌山県にある私の実家に帰省いたしました。すっかり心身ともにリフレッシュすることができました。和歌山は、海・山・川の自然に大変恵まれており、食べ物も大変おいしいところです!ぜひ、何かの折に和歌山を堪能してみてください。さて、今回で最終話となります。今までのお話を振り返りつつ、テレワークの実現に必要な3つのポイントと題…
 Centrify(セントリファイ)の佐藤と申します。 みなさまはCentrifyという会社をご存じでしょうか?米国 カリフォルニア州 サンタクララの本社を置くID セキュリティ専門の会社です。特権IDソリューション、IDaaSソリューション(シングルサインオン)、 MacやiPhoneなどのデバイス管理ソリューションなど、IDに関するソリューションをご提供しており、2016年度のForreste…
 日本においてIFRSの任意適用がスタートして久しい。当初は多くの企業が様子見の状態であったが、最近IFRSの任意適用企業数が急増している。そして、その適用目的として「グローバル経営管理」がキーワードとなっている。 本稿では、来たるIFRS時代における「グローバル経営管理」のため、情報システム部門が果たすべく役割について考察したい。
 連日と言っていいほどサイバー犯罪のニュースを耳にするようになったと思うが、この増加傾向は何を表しているんだろうか。 そのベースにあるのは、まさに「脆弱(ぜいじゃく)なWeb」が多いことである。今の時代、悪意のある人間はいとも簡単にWebページにアクセスでき、脆弱な部分を見抜いてしまう。このような行為を手助けするかのように自動化されたツールが出回っているのも事実である。つまり、サイバーテロを試みる…

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

Key Conductors Award 2016 上半期受賞者 発表

ページトップへ