IT・IT製品TOP > Key Conductors

IT現場の道先案内人 Key Conductors

注目の記事

 第1回ではシステムテストの基本的な考え方について、第2回ではシステムテストのプロセスについてお伝えしました。しかし、テストプロセスの中で、テストケースを設計するための具体的な方法…

最新記事

 第1回ではシステムテストの基本的な考え方について、第2回ではシステムテストのプロセスについてお伝えしました。しかし、テストプロセスの中で、テストケースを設計するための具体的な方法論についてご存じないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、本稿では、具体的な「テストの設計技法」についてお伝えいたします。
 IPAが2018年1月、情報セキュリティ10大脅威2018を発表し、3月にそれぞれの脅威に対する解説ページをオープンしました。先月の記事でも、組織における新たな脅威として、「脆弱性対策情報の公開に伴う悪用増加」が2017年のランク外から4位に急浮上したことをご紹介しました。
 第1回では、システムテストの重要性や、テストの実行に役立つ7原則についてお伝えいたしました。しかし、実はシステムテストにおける本来の作業工程については、意外と知られていないケースが多く、開発現場によっては、その中の一部の作業をテスト工程全体として捉えてしまっていることも少なくありません。 そこで、第2回の本稿では、基本的なテストプロセスにおいて、それぞれのフェーズについてご説明したいと思います。
 昨今、システム障害によるサービスの一時停止や、システムの不具合を利用したサイバー攻撃による個人情報の流出など、システムの欠陥に起因するさまざまなトラブルを耳にする機会が多くなりました。日々、ITシステムの管理や導入をされている読者の皆さまにとっても、これらのニュースは決してひとごとではないと思います。 このようなシステムの不具合によるトラブルは、システムのリリース前、ないしは機能改修時において、…
 2016年6月に発覚した大手旅行代理店の不正アクセスによる個人情報流出、「約680万件の個人情報が流出」したというニュースを覚えていますか? この不正アクセスにより、氏名、性別、生年月日、メールアドレス、住所のみならず、約4300件ものパスポート番号まで流出した可能性があると発表され、非常にインパクトのあるニュースでした。
 バラクーダネットワークスでは、2018年2月より「Barracuda Security Insight」の提供を開始し、高度かつ攻撃性のある脅威トレンドをリアルタイムで提供する無料のアドバイザリプラットフォームの提供を開始しました。Barracuda Security Insightの情報提供により、システム管理者の皆さまには、グローバルレベルで発生している脅威の状況を簡単に把握することができま…
 IPAは2018年1月、情報セキュリティ10大脅威2018を発表し、2017年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティ事案から、10大脅威を以下のように選出しました。
 これまでビジネスモデルキャンバス(BMC)をメインにお話し、さらに前回はバリュープロポジションキャンバス(VPC)について軽く説明させていただきました。 これらのツールを使うメリットには、ビジネスモデルを1枚の紙で俯瞰して見ることができるだけでなく、ある要素を変えると、それに応じて関連する要素も柔軟に変化し、さらには、顧客や価値提案を深堀りすることで、新たなビジネスモデルに昇華できることが挙げら…
 2017年に掲載した記事で、会員の皆さまによく読まれた記事を紹介します。多くの方が注目した記事、今知っておくべき最新動向の記事、見落としていた記事など、この機会にぜひご一読ください。
 前回までの13本を通して、ビジネスモデルキャンバス(以下、BMC)を用いたビジネスモデルの作成と、その活用などについて学んできたわけですが、今回は、BMCと一緒に抑えておきたいツールをご紹介します。

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

ページトップへ