IT・IT製品TOP > Key Conductors

IT現場の道先案内人 Key Conductors

注目の記事

昨今、様々なニュースや新聞などで「ワークスタイル変革」「ワークライフバランス」「テレワーク」などのキーワードを目にする機会が増えていると思いませんか? ワークスタイル変革の本質が分…

最新記事

前回は「なぜ、ワークスタイル変革が必要か?」と題し、現在の日本が抱えている課題からワークスタイル変革の必要性についてお話いたしました。今回は、労働力人口が減る中で“日本人”の働き方に対する問題点についてお話したいと思います。
昨今、様々なニュースや新聞などで「ワークスタイル変革」「ワークライフバランス」「テレワーク」などのキーワードを目にする機会が増えていると思いませんか? ワークスタイル変革の本質が分からない、やる理由や必要が分からない。そもそも、なんでワークスタイル変革が必要やねん!といった声が多いのではないかと思います。今回はこれらのことを踏まえ、なぜワークスタイル変革が必要かということを説明したいと思います。
 「ハッカー」は、何のためにWebサイトをハッキングしているのでしょうか。 その昔、インターネットが普及していなかった頃のハッカーは、自己顕示欲が強く自分の能力を見せつけるためにWebサイトをハッキングしていたものでした。しかし、社会がWebでつながっていると言っても過言ではない現代のハッキングは、より巧妙に行われ、その被害も膨大になってきています。 技術の進歩により我々の日常生活は便利かつ多様な…
 キヤノンITソリューションズは不審な「マルウェア」を解析しリポートする有償サービス「マルウェア解析サービス」を2016年7月1日より提供することを発表した。 マルウェアによる情報漏洩が発生した場合、「マルウェア」の詳細な挙動を社外への「報告書」に記載しなければならない。キヤノンITソリューションズがそのような「基本解析」そして「報告書作成」を行うサービスを提供する理由はどこにあるのだろうか。
 ここ数年、ソフトウェア定義型ストレージ(Software Defined Storage:SDS)が注目を集めている。SDSの利点は、ストレージをハードウェアとしてではなく「ソフトウェア」として扱える点にある――といわれても、すぐにはピンとこないのではないだろうか。ユーザーの視点からすると、既存の「何か」との違いが分かりにくい。
 前回はIT部門をあるべき姿に変革させるためには、優秀な人材の確保や育成が必要不可欠であり、IT市場の拡大と人材不足という時代においては優秀なフリーランスITエンジニア(IT個人事業主)の活用も有効であるというお話をしました。 一方で、エンジニア売り手市場と言われながらも、改正派遣法などの影響でITエンジニアにとっても自身のキャリアプランやライフプランが描きにくいという状況が生まれています。 最終…
 第1回から第4回まで、実際の事例を通じてIT機器処分の課題を考察しました。最終回は、日本と欧米のIT機器処分状況の違いをご紹介したいと思います。
 企業の事務ワークフローの中にはExcel帳票で集計業務を行うことが多い。会計などの仕組みがシステム化される一方、細かな事務処理作業はシステム化から取り残されていたり、現場が「運用でカバー」しているケースも少なくないだろう。 例えば、経費精算などで「所定のExcel帳票を記入して担当者にメール添付で申請する」といった運用をしてはいないだろうか? こうしたケースでは、定型の帳票を使っていながら、担当…
 これから大型連休を迎え、国内外に旅行する人が増えると思いますが、無料Wi-Fiの利用方法について、最新の情報窃取の不正手口とその対策を混じえて紹介します。 現在、日本人の観光地での公衆無線LAN(無料Wi-Fi)の利用は約8割で、その3割がSNSやECサイトへ接続しています(図1参照)。 結論的には、空港や観光地の無料Wi-Fiは必ずVPN接続で利用する、ホテルのセキュリティ設定されているWi-…
 「タダより高いものはない」──誰しも一度は聞いたことがある言葉だが、英語にも似たものがある。「無料のランチなどあるはずがない」。由来をたどると19世紀のアメリカ、とあるバーが宣伝で「夜飲みに来てくれた客にはランチを無料にします」とうたったが、実は、ランチのコストは夜の飲食代に含まれていた、という逸話。このように一昔前まで、「タダ」の信用度は低かった。ところが、現在ネットの世界に目を向けると、非常…

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

ページトップへ