IT・IT製品TOP > Key Conductors

IT現場の道先案内人 Key Conductors

注目の記事

最新記事

情報共有システム・コミュニケーションツール 2016/06/28 吉田 幸平 株式会社ソフトクリエイト 企業サイトへ
愛息が5歳になり色々な事を一緒に出来る喜びを噛み締め、テレワークを活用しながら、日々子育てに奮闘しております。さて、前回(第3話:働き方の問題点と改革王者までの道のり)では、企業のワークスタイル変革の軌跡を当社がワークスタイル変革を行なった背景とテレワークを導入した経緯についてお話させていただきました。今回は、「もう少し具体的な内容を教えてほしい」、「結局どうやってワークスタイル変革を行なったのか…
 マネーフォワード(東京都港区、社長CEO 辻 庸介氏)は6月20日、中小企業・個人事業主向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」の戦略発表会を開き、3方針を打ち出した。1.会計・確定申告、請求書、給与、経費、マイナンバーの5業務処理をまとめ、月額3900円で提供する「バリューパック」を発売2.地方自治体や商工会議所と提携した「MFクラウド地方創生プロジェクト」開始3.病院、飲食、理美容、不動…
  IT業界はもちろん、それ以外の業界からも注目されているIoT(Internet of Things=モノのインターネット)。商用サービスとして徐々に動き出す中、IoTサービスを実現する上で必要なITアーキテクチャのあるべき姿や、IoTサービスに必要な技術要素を、「Interop Tokyo」の基調講演で解説した。
 以前寄稿した「アジャイルに!5年間で社内・社外賞を10件受賞できた3つの秘訣」では、「常に関係者に感謝し、強いチームをつくる」「超高速なPDCAサイクルを回し継続的にカイゼンする」「継続的に学び続け、社内や社外に貢献する」ことが3つの要点であることをご紹介しました。 今回は、異業種連携を成功させるたった1つのポイントをご紹介します。
 人工知能は人間の仕事を奪い、いずれは人間の存在そのものをも駆逐する。機械が登場した頃から語られてきた終末論が現実になるかどうかは別として、少なくとも人間の学習能力をコンピュータで再現する技術の1つ、機械学習やディープラーニングはGoogleやIBMを始めとする大手企業によって、ここ数年で劇的に進化を遂げた。単純作業を肩代わりし、より生産的な業務を支援する域には十分到達している。IoTの普及と併せ…
 モバイルアプリやクラウド技術、検索、音声認識など、様々な研究開発を行うGoogle。アプリを取り巻く環境が進化する中、今後のサービス・コンテンツ提供に役立つ最新技術トレンドについて、「Interop Tokyo」の基調講演で語った。
 豊橋技術科学大学、日本マイクロソフト、ブロードバンドタワーは3者共同で、それぞれの技術を持ち寄り、AIならびに機械学習による多言語コミュニケーションの実現に向けて協業を開始すると発表した。 日本マイクロソフトはAzureベースのデータ分析環境を提供する。ブロードバンドタワーはIoT基盤サービスのほか、事業構築に向けて、新会社エーアイスクエアを設立する(連結子会社)。  具体的には、自然言語処理を…
 昨今、世界的に急速に成長を遂げているIoT(Internet of Things)は、人々の暮らしや企業のビジネスだけでなく、公共サービスにも新たなイノベーションを生み出すポテンシャルを秘めている。しかし、その実態はあまり知られておらず、結局IoTを遠いもののように感じている方も少なくないのではないだろうか。 そこで本連載では、実際の活用例を具体的に紹介していくことで、IoTの活用イメージはもち…
 シスコシステムズは、2015年6月に新戦略「Security Everywhere」を発表した。モバイルやIoTデバイス、エンドポイント、ネットワーク、データセンター、クラウドなど、インターネットにつながるありとあらゆるものに対して包括的なセキュリティ保護を提供する。
 キーマンズネット読者の皆様。今回から寄稿させていただきます、株式会社フロムスクラッチ取締役の佐藤と申します。 弊社はマーケティングオートメーション『B→Dash』の開発・販売・導入/運用フォローを行っている企業です。これだけ見ると、読者の皆様の中には「マーケティングオートメーション(MA)って何だ?」「うちの部とは関係ないんじゃないか?」と、思われる方もいらっしゃると思います。しかし、もはや無関…

会員限定で「読者からのコメント」が読み書きできます! 「読者からのコメント」は会員限定の機能。会員登録を行い、ログインすると読者からのコメントが読み書きできるようになります。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

ページトップへ