IT・IT製品TOP > IT用語集 > > ケーブルセレクト
この記事をtweetする Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加


IT単語帳

ケーブルセレクト(シーエス,Cable Select)


カテゴリ :
ストレージ > 外付けHDD > ケーブルセレクト

パソコンにIDEのインターフェースで接続されたデバイスを、ケーブルのコネクタ位置で判断し、マスタデバイスにするかスレーブデバイスにするか自動的に設定できる機能のこと。
たとえば、内蔵ハードディスクや内蔵CD-ROMドライブなどのIDE機器を付けるときに、制御の優先順や主従関係を設定する必要がある。通常は、ジャンパースイッチで設定されるが、デバイス側のジャンパースイッチを「CS(ケーブルセレクト)」としておくと、接続されたケーブルの状態を見て自動的にマスター(主)とスレーブ(従)を設定する。


IT情報満載のキーマンズネット!2500本以上の特集を掲載中 キーマンズネットは、(株)リクルートホールディングスが運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報料・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

会員登録(無料)・ログイン


ケーブルセレクト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ケーブルセレクト」関連情報をランダムに表示しています。

ケーブルセレクト」関連の製品

業務コンポーネント型ERP EnterpriseVision 【JBCC】 InfoCabina Cloud BI 【NTTソフトウェア】 SECUREMATRIX 【シー・エス・イー】
ERP BI ワンタイムパスワード
販売・会計・給与・生産の各業務機能を「業務コンポーネント」と定義し、単体での稼働及び連携を可能にしたERPパッケージ製品。IBM System i サーバで稼働。SaaS版も提供。 クラウドサービスのため、BIをより素早く導入、手軽に使うことができる。これにより安価で手軽に、経営情報の見える化・分析が可能になる。 いま求められる認証方式とは?コストとセキュリティレベルに注目
さくいん検索
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9      
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z

IT・IT製品TOP > > ケーブルセレクト

この記事をtweetする Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ

ページトップへ