IT・IT製品TOP > IT用語集 > > ケーブルセレクト
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IT単語帳

ケーブルセレクト(シーエス,Cable Select)


カテゴリ :
ストレージ > 外付けHDD > ケーブルセレクト

パソコンにIDEのインターフェースで接続されたデバイスを、ケーブルのコネクタ位置で判断し、マスタデバイスにするかスレーブデバイスにするか自動的に設定できる機能のこと。
たとえば、内蔵ハードディスクや内蔵CD-ROMドライブなどのIDE機器を付けるときに、制御の優先順や主従関係を設定する必要がある。通常は、ジャンパースイッチで設定されるが、デバイス側のジャンパースイッチを「CS(ケーブルセレクト)」としておくと、接続されたケーブルの状態を見て自動的にマスター(主)とスレーブ(従)を設定する。


IT情報満載のキーマンズネット!2500本以上の特集を掲載中 キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報料・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

会員登録(無料)・ログイン


ケーブルセレクト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ケーブルセレクト」関連情報をランダムに表示しています。

ケーブルセレクト」関連の製品

McAfee Network Security Platform シリーズ 【マクニカネットワークス】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】
IPS メールセキュリティ 暗号化
複数の高精度な検知手法で様々な攻撃を防御。クラウドレピュテーション連携、ボットネット検知、最大80Gbpsへのパフォーマンス拡張などを実現する次世代型IPS製品 受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。
さくいん検索
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9      
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z

IT・IT製品TOP > > ケーブルセレクト

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ