ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」

ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」

ID棚卸を自動化!

これまで手作業で行ってきたID棚卸の自動化を実現。
<おすすめユーザー> ID棚卸の手間を軽減したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

アカンサス 紹介資料(2MB)
ID棚卸が必要とされる背景から、機能、構成、動作環境や活用事例まで、アカンサスを分かりやすく図解した製品資料。
カブドットコム証券 ID棚卸作業を1カ月から1週間へ短縮!(1.1MB)
業務システムのオンプレ・クラウドの混在利用が進むなか、全IDの棚卸自動化を実現。

ID棚卸を自動化!

昨今、業務システムのIDに関わるセキュリティ基準はますます厳格化されている。
ID管理は「業務に必要なアプリ/サービスを、適切な人にだけ利用を許可すること」が基本となるが、企業が利用するシステムはオンプレ/クラウドと多岐にわたり、手作業での管理は限界がある。

このため、入社時のID運用ルールは徹底できても、異動時や退社時のID無効化/削除までは統制が及ばず、結果として不要IDの放置が発生している企業は少なくない。
このような不要IDは、セキュリティ上のリスクとなるだけでなく、不要なライセンス費の消費といった課題を生んでいる。

アカンサスは、膨大に存在するIDの棚卸を自動化し効率的かつ正確なID統制を支える。

●特長1 どんなフォーマットのデータでも取り込み可能
「人」の情報は、人事システムで全ての人が管理されていることは少なく、各部署がさまざまな書式で独自管理しているケースも多い。
また、「ID」情報は業務システムごとにデータ構造がバラバラである。
アカンサスは、このような状態であっても正規化する必要なくどのようなデータ構造でも取り込めるため、組織ごとに存在するITリテラシーの格差や、システムの形態に依存せず管理できる。

●特長2 既存業務システムや運用に対する変更は不要
一般的に、既に運用が定着した業務システムは、簡単に変更することは難しい。
アカンサスは、既存システムやその運用はそのままに、ID棚卸が可能。

●特長3 既存のさまざまなID管理システムと連携できる
すでに運用しているID管理システムがある場合も、アカンサスと連携することができる。
従来のID管理製品では、非正社員の管理やクラウドサービスの業務システムを管理対象外としている企業も多かったが、こうした領域もアカンサスでカバーすることが可能。

ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー NTTテクノクロス
クライアント側OS Windows 7(32bit , 64bit)
Windows 10(32bit , 64bit)
クライアント側対応プロセッサ 2.0GHz以上のプロセッサデュアルコア以上
クライアント側必要メモリ容量 4GB以上
クライアント側必要ディスク容量 40GB 以上の空き容量
その他特記事項 -
クライアント側その他動作環境 管理画面の利用には以下のブラウザが必要です。
Internet Explorer 11
※本システムはJava(32bit)を同梱しています。
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

1ライセンス:150万円(税別)〜
※詳細はお問い合わせください。

掲載企業

NTTテクノクロス株式会社
URL:https://www.ntt-tx.co.jp/products/accsol/Acanthus/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

アカンサス 紹介資料(2MB)
ID棚卸が必要とされる背景から、機能、構成、動作環境や活用事例まで、アカンサスを分かりやすく図解した製品資料。
カブドットコム証券 ID棚卸作業を1カ月から1週間へ短縮!(1.1MB)
業務システムのオンプレ・クラウドの混在利用が進むなか、全IDの棚卸自動化を実現。