製品資料

F5ネットワークスジャパン合同会社

F5ネットワークスジャパン合同会社

GDPR順守の第一歩、情報漏えいを防ぐ「アプリケーションセキュリティ」の実現法

GDPRの施行により、欧州だけでなく国内の企業にもこれまで以上のコンプライ アンス対応とセキュリティ対策が求められている。情報漏えいの主な原因である アプリケーションを狙った攻撃を防ぐには、多層的な防御戦略が必要だ。

要約

GDPR順守の第一歩、情報漏えいを防ぐ「アプリケーションセキュリティ」の実現法

 増加の一途をたどる情報漏えい事件。その主要な原因の1つが、多くの個人データを処理・保存するアプリケーションを狙ったサイバー犯罪の増加だ。もちろん組織はこれまでもアプリケーションおよびそのユーザーの個人データを保護することに取り組んできたが、今後は新たなアプリケーション保護戦略の設計が必要になる。

 その理由は、2018年5月に施行されたEU一般データ保護規則(GDPR)の存在だ。違反に対して厳しい制裁金が課せられるGDPRの影響は、欧州圏だけでなく取引のある全ての組織に及ぶため、国内でも準拠対応は欠かせない。そのためには、特に狙われやすいアプリケーションを脅威から守ることが重要というわけだ。

 本コンテンツでは、GDPRの概要とともに、その準拠に欠かせないアプリケーション保護のポイントを紹介する。Webアプリケーションファイアウォール(WAF)を用いた情報漏えい対策など、今後の多層防御戦略の鍵となる技術をぜひ確認してほしい。

アンケート