ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP

ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP

ファイル暗号化、デバイス制御に注力した情報漏洩対策

「ファイル暗号化」「デバイス制御」「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。
<おすすめユーザー> 情報漏洩対策を一元管理で実施したい企業。
業務効率を落とすことなく、データを安全に活用したいと考えている企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

日常業務に潜む情報漏洩の危険と解決策/InterSafe ILP総合案内(4.24MB)
情報漏洩対策に関する企業の悩みを解消するファイル暗号化ソフト「InterSafe IRM」を含む情報漏洩対策シリーズをご紹介します。
課題に合わせて3種類の製品を組合せ!InterSafe ILPセット製品(1.08MB)
製品の組み合わせごとのメリットをご紹介。
生徒の大切な情報が守られている安心感-学校法人導入事例(1.49MB)
デバイス制御とセキュアUSBを併用することで情報漏洩対策と不正プログラムの持ち込み対策を実現した、80ユーザーの学校での導入事例です。
生産効率に影響なくセキュリティ対策に成功!食品製造業導入事例(378KB)
700ライセンスを導入している企業の事例。

ファイル暗号化、デバイス制御に注力した情報漏洩対策

InterSafe ILPは、「ファイルの自動暗号化」「デバイスやネットワークの制御」「セキュリティUSBメモリの作成」「データ持ち出し/持ち込み時の申請・承認管理」の4つの機能で構成された情報漏洩対策シリーズだ。
法人における機密情報管理、情報漏洩対策で考慮すべき多様なリスクに対応する。
企業の需要が特に高い情報漏洩対策機能を凝縮し、必要な機能を組み合わせて簡単に導入することができる。

●ファイル自動暗号化:InterSafe IRM
ファイル保存時に、データを自動で暗号化する。
暗号化忘れなどのヒューマンエラーを防止し、万が一ファイルが流出しても暗号化により情報を保護することができる。自動バックアップ機能でランサムウェア対策としても有効だ。

●デバイス制御:InterSafe DeviceControl
スマートフォンやタブレットなどのポータブルデバイスや外部メディアへのデータ書込みを制御し、プリンタやネットワーク、イメージスキャナーなどの利用管理により機密情報の持出しを防ぐ。さらに、FireEye「NXシリーズ」と連携することで、マルウェア感染端末を検知して即時隔離する標的型攻撃対策機能も搭載。

●セキュリティUSBメモリ作成:InterSafe SecureDevice Ultimate
汎用のUSBメモリをコピーガード対応のセキュアなUSBメモリに変換するソフトウェア。
USBメモリの利用制限を利用者個人やユーザーグループとひも付けて管理し、許可された以外の部署や社外のPCではさまざまな制限が加わる。ファイルの作業ログの取得も可能。

●持ち出し/持ち込み申請・承認:InterSafe WorkFlow
InterSafe DeviceControlで制御されているデバイスやファイルの書き出しをWeb上で申請・承認でき、有効期限設定も可能。外部デバイスへの書き出し時にデータを自動で暗号化することもできる。

面倒な書類手続きなしで迅速かつ安全なファイル管理を実現する。

各製品は、必要な製品のライセンスを購入することで使用できる。

ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー アルプス システム インテグレーション
クライアント側OS クライアント導入PC
Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate / SP1、Windows 8.1 / Pro / Enterprise
Windows10 / Pro / Enterprise
※32/64bit対応
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応
クライアント側対応プロセッサ Intel Core i3 2.0GHz 以上
クライアント側必要メモリ容量 2GB 以上(4GB以上推奨)
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ・仮想環境
VMware Horizon View, Citrix XenDesktop

・対応ブラウザ
Internet Explorer 11
※InterSafe Manager(管理ツール)、InterSafe WorkFlowの動作環境
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2008 Standard / Enterprise SP2 
Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise SP1
Windows Server 2012 Standard / R2 Standard
Windows Server 2016 Standard Edition
サーバ側対応プロセッサ Intel Xeon 2.1GHz(4Core)以上
(Intel Xeon 2.5GHz(6Core)以上推奨)
サーバ側必要メモリ容量 2GB 以上(4GB 以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

InterSafe IRM:1万5000円〜
InterSafe SD基本セット:1万1700円〜
 *税別、詳細は補足説明を参照

掲載企業

アルプス システム インテグレーション株式会社
URL:http://www.alsi.co.jp

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

日常業務に潜む情報漏洩の危険と解決策/InterSafe ILP総合案内(4.24MB)
情報漏洩対策に関する企業の悩みを解消するファイル暗号化ソフト「InterSafe IRM」を含む情報漏洩対策シリーズをご紹介します。
課題に合わせて3種類の製品を組合せ!InterSafe ILPセット製品(1.08MB)
製品の組み合わせごとのメリットをご紹介。
生徒の大切な情報が守られている安心感-学校法人導入事例(1.49MB)
デバイス制御とセキュアUSBを併用することで情報漏洩対策と不正プログラムの持ち込み対策を実現した、80ユーザーの学校での導入事例です。
生産効率に影響なくセキュリティ対策に成功!食品製造業導入事例(378KB)
700ライセンスを導入している企業の事例。