「データセンター運用」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

データセンター運用

データセンタ運用には、ファシリティ/ハードウェアの管理をはじめ、ネットワークの最適化、負荷分散、セキュリティ管理などが必要であり、各々の目的を果たすハードウェアを適材適所に活用していく必要がある。その作業負荷軽減や人員コスト削除を目的に、データセンタ事業者に預けた機材、あるいは企業データセンタ全体の運用管理を代行してくれるマネージドサービスなどを活用することが可能だ。

データセンター運用の新着カタログ

データセンター運用の新着記事

データセンター運用の新着ホワイトペーパー

データセンター運用の基本機能とは?

データセンタ事業者では、施設内に専門技術者が常駐し、24時間365日の運用管理を行っている。常駐技術者は監視ツールからのアラートや機器のLED表示などを目視し、障害が発見されたら即座にユーザに通報し、場合によっては機器の再起動なども実行する。どこまで監視や障害対応をしてもらえるかはデータセンタによって異なるが、手厚い事業者などでは事前に運用手順書を作成しておくことで、機器ベンダへの連絡や機器交換、設定、再起動などといった一連の一次対応を行ってくれる。マネージドサービスでは、障害原因追及や再発防止、予防対策といった領域(二次対応以降)、更にミドルウェア、アプリケーションといったレイヤーの監視・運用までカバーするものもある。

データセンター運用の導入メリットとは?

データセンタ運用にマネージドサービスを導入する際のメリットは以下のとおり。
●運用管理に必要な業務の一部、もしくはすべてをアウトソーシングできるため、社内の専任運用管理者の人数を最小化でき、人件費の削減に有効。
●常に最新情報を収集したり、パッチやアップデートを適用する手間から解放されるとともに、セキュリティの強化が可能。