Create!Webフロー

Create!Webフロー

紙の申請・決裁業務をそのまま電子化する

紙の申請・決裁業務をそのまま電子化できるワークフローシステム。
構築・運用も簡単で、複雑な承認フローにも対応。各種システムと連携して業務全体を効率化する。
<おすすめユーザー> 申請・決裁業務を電子化して、「業務プロセスの可視化・効率化」や「意思決定のスピードアップ」を実現したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Create!Webフロー製品カタログ(2.53MB)
Create!webフローの機能、特徴が一目で分かる製品カタログです。
Create!Webフロー資料『紙の運用に課題を感じていませんか?』(2.94MB)
Create!Webフローの導入効果を1枚のリーフレットにしました。
Create!Webフローシステム連携ワークフローソリューション(1.31MB)
業務システム連携やパッケージ連携を図で分かりやすく説明した資料。
北里研究所:決裁日数が半分に。効果はコンプライアンス強化にも(730KB)
電子決裁の導入効果は、事務作業の効率化や決裁期間の短縮だけに止まりません。現場力の向上やコンプライアンスの強化にも波及しています。
アサヒ飲料:4,000時間分のコスト削減(1.45MB)
これまで紙ベースで行っていた稟議書回覧をWebベースの「電子稟議システム」に移行し、意思決定のスピードを7日間短縮するなど大きな成果を上げています。
藤久:460以上ある店舗のパート従業員でも簡単に使える(1.58MB)
運用がシンプルで、情シス担当に負荷がかからないか。試用版で実際に検証して、Create!Webフローの採用をきめました。

紙の申請・決裁業務をそのまま電子化する

Create!Webフローは「紙」と「デジタル」のメリットを併せ持つワークフローシステム。
申請者・承認者・システム管理者の誰にとっても使いやすいシステム設計で、「業務プロセスの可視化・効率化」や「意思決定のスピードアップ」を無理なく実現する。

■人間中心設計のUI/UX
 ・初めてでも必要な操作がすぐに分かる。
 ・iPhone/iPad/Android端末のスマホやタブレットに対応。

■直感的に入力できる、紙イメージの申請フォーム
 ・独自のフォーマットを自由にデザインできる。既存の申請書があれば簡単インポート。
 ・ページの追加/削除や画像の貼り付け、過去の申請案件との関連付けも可能。

■承認ルートと処理状況が一目で分かる
 ・申請書ごとの承認ルートをいつでも確認できる。
 ・処理状況がアニメーションアイコンで一目で分かる。

■組織階層・役割権限に基づく柔軟な承認フロー
 ・所属や役割、申請者との関係で承認者を指定。
 ・条件分岐やグループ承認(AND/OR)などの複雑なフローにも対応。

■構築・メンテナンス機能も簡単操作
 ・組織の変更、人事異動はドラッグ&ドロップで設定完了。
 ・ルートの設定も申請者、承認者、決裁者をラインでつなぐだけ。

■各種システムとつないで業務全体を効率化
 ・シングルサインオンやポートレット表示で、他システムからシームレスにアクセス。
 ・他システムからデータを引き継いだり、決裁情報を他システムに連携できる。

Create!Webフロー
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー インフォテック
クライアント側OS Windows 7、8.1、10
Mac OS X
iOS 9 - 11
Android 6 - 8
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 開発環境(フォーム設計専用ツール: フォームマネージャーの動作環境)
▼OS
Windows 7、8.1、10
Windows Server 2008 R2、2012、2012 R2、2016
▼実行環境
.NET Framework 4.5.2
▼画面解像度
1024×768以上

最新の動作環境は製品サイトをご確認ください。
▼Create!Webフロー 動作環境
https://www.createwebflow.jp/requirement/
クライアント側その他動作環境 ▼ブラウザ
Internet Explorer 11(32bit)
Edge
Google Chrome
Mozilla Firefox
Safari
▼PDF Viewer
Adobe Acrobat Reader DC
Adobe Acrobat Reader
サーバ側OS Windows Server 2008 R2、2012、2012 R2、2016
Red Hat Enterprise Linux 6、7
Amazon Linux
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 インストール時に必要なHDD容量(一時領域を含む):330MB
運用時に必要なHDD容量:100[申請/月]の場合、年間3GB以上。

※実際にご利用される帳票数、申請頻度などによって変わるため、別途ご相談ください。
サーバ側その他動作環境 ▼Webアプリケーションサーバ
Tomcat 8.0
▼DB
PostgreSQL 9.6
Oracle 11g R2、12c、12c R2
SQL Server 2014、2016、2017
▼JDK
JDK 1.8.0

価格情報

※参考
50ユーザー(1サーバ)標準価格60万円(税別)

掲載企業

インフォテック株式会社
URL:https://www.createwebflow.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Create!Webフロー製品カタログ(2.53MB)
Create!webフローの機能、特徴が一目で分かる製品カタログです。
Create!Webフロー資料『紙の運用に課題を感じていませんか?』(2.94MB)
Create!Webフローの導入効果を1枚のリーフレットにしました。
Create!Webフローシステム連携ワークフローソリューション(1.31MB)
業務システム連携やパッケージ連携を図で分かりやすく説明した資料。
北里研究所:決裁日数が半分に。効果はコンプライアンス強化にも(730KB)
電子決裁の導入効果は、事務作業の効率化や決裁期間の短縮だけに止まりません。現場力の向上やコンプライアンスの強化にも波及しています。
アサヒ飲料:4,000時間分のコスト削減(1.45MB)
これまで紙ベースで行っていた稟議書回覧をWebベースの「電子稟議システム」に移行し、意思決定のスピードを7日間短縮するなど大きな成果を上げています。
藤久:460以上ある店舗のパート従業員でも簡単に使える(1.58MB)
運用がシンプルで、情シス担当に負荷がかからないか。試用版で実際に検証して、Create!Webフローの採用をきめました。