ワークフローに関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

ワークフロー

ワークフローに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 ワークフロー

基礎解説ワークフローとは?

ワークフローツールとは、上長や他部門に対して行われる稟議申請といった業務上の手続きを、事前に定義したフローに沿ってシステム化することが可能なツールのこと。主な用途としては稟議申請や経費精算などで、例えば稟議申請は企業ごとに大きくその運用が異なるが、基本的にはこれまで紙で行ってきた運用を電子化することが前提となるため、稟議内容によっては複雑なルートを辿ることもある。また経費精算の場合は、会計システムとの連動が行われることが多いが、事前に設定するフローはシンプルで、複雑なルートを辿ることは少ない。

ワークフローの製品一覧・比較へ

ワークフローの最新特集

ワークフローの市場シェア情報

2017/01/24

ワークフロー

出典
富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2016年版(上巻)」2016年07月07日発刊
「ワークフロー」シェア【シェア情報アーカイブ】
2016年度の市場規模は85億2000万円と見込まれるワークフロー。パッケージを主体とする市場で、28.2%のシェアを持…

2015/10/27

ワークフロー

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2015年版(上巻)」
「ワークフロー」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年度は、70億円の市場規模だったワークフロー。ERPとの連携を図り占有率25.7%を獲得した首位ベンダとは?

2014/11/11

ワークフロー

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2014年版」
「ワークフロー(パッケージ)」シェア【シェア情報アーカイブ】
69億円規模と見込まれる2014年度のワークフロー市場。金融業を中心に実績を伸ばし、シェア23.2%で1位を獲得したベン…

2014/02/04

ワークフロー

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2013年版」
「ワークフロー」シェア【シェア情報アーカイブ】
2013年度、60億円と見込まれる国内ワークフロー市場。ERPなどの基幹業務パッケージとの連携需要などが高まる中、1位の…

2013/11/26

ワークフロー

出典
株式会社ノークリサーチ「2013年中堅・中小企業における「ワークフロー」の利用実態とユーザ評価」
「中堅中小企業向けワークフロー」シェア【シェア情報アーカイブ】
利用端末としてスマホが増加した同市場。パッケージの費用面での優位性を強化しつつ、個別要件への対応も求められる中、1位は?

2013/03/26

ワークフロー

出典
株式会社ノークリサーチ「2012年中堅・中小企業における「ワークフロー」の利用実態とユーザ評価に関する調査報告」
「中堅・中小企業向けワークフロー」シェア【シェア情報アーカイブ】
利用端末としてタブレット型端末が増加した同市場。他システムからの申請フォームの呼び出しなどが重要になる中、シェアは?

ワークフローの最新セミナー情報

ワークフローに関するセミナーをご紹介しています。

  • 参加費:無料

    クラウド、ハイブリッドクラウドで業務を効率化!

    昨今、働き方改革の1つのテーマとして、ITツールを活用し生産性向上や業務効率化のレベルアップを目指している企業が多いのではないでしょうか。本セミナーでは、Off…

  • 参加費:無料

    「電子印鑑で始める働き方改革」

    シヤチハタは、来る10月27日(金)、働き方改革セミナー『電子印鑑で始める働き方改革』を開催いたします。テレワーク、在宅勤務、ダイバーシティ、ワークライフバラン…

ワークフローの最新ニュース

ワークフローの導入事例

基本機能ワークフローの基本機能とは?
ワークフローツールの提供する機能は、主に以下の3つが挙げられる。
●フロー定義機能
実際の業務フローを定義する機能で、一括承認や代理承認、差戻しなどをルールエンジンで定義した上で、アイコン化された申請者と承認者を配置し、それぞれ矢印でフローの流れを決めていくことができる。

●フォーム作成機能
申請のための入力フォームを作成するための機能で、画面上に自由にコンポーネントを配置し、申請に必要な内容を入力するためのフィールドを簡単に作ることができる。また、外部システムからデータを呼び出してフォーム画面に表示することも可能。

●組織管理機能
業務フローを定義する際に必要な、申請者や承認者などの組織情報を管理する機能で、基本的には人事情報はCSVなどでワークフロー内に取り込むことになるが、詳細な情報についてはワークフロー内で新たに設定することになる。人事マスタにない情報を含めてワークフロー内で管理できるようになっている。
導入メリットワークフローの導入メリットとは?
ワークフローツールの導入メリットとしては、主に次の2つが挙げられる。
●業務の効率化/迅速化
これまで紙文書でやり取りしていた稟議申請や経費精算を電子化し、ネットワーク経由で行うことで業務処理を効率化し、より迅速な承認フローを回すことができる。
●内部統制の強化
ワークフローツールの利用によって業務プロセスを標準化/可視化し、さらには強制することが可能となる。こうした観点からは、内部統制の強化するツールとしても有効である。
キーマンズネットとは

ページトップへ