介護事業所支援システム 「Care-wing(介護の翼)」

介護事業所支援システム 「Care-wing(介護の翼)」

スマートフォンとICタグで訪問介護看護事業所の日常業務を支援!

スマートフォンとICタグを利用した介護事業所支援システム。ヘルパーが利用者のICタグにスマートフォンをかざすだけで勤務状況を正確に記録でき、ヘルパー賃金計算も自動。
<おすすめユーザー> ヘルパーの正確な勤務状況の把握ができず、賃金計算にも多大な労力がかかっている訪問介護看護事業所。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

介護事業所支援システム「Care-wing(介護の翼)」 紹介資料(333KB)
サービスの概要、特長などが分かりやすく表記された資料。導入後3カ月は無料で利用できる中小事業者向けトライアルパックの案内も記載。

スマートフォンとICタグで訪問介護看護事業所の日常業務を支援!

「Care-wing(介護の翼)」はスマートフォンとICタグを利用した介護事業所支援システム。ヘルパーが利用者のICタグにスマートフォンをかざすだけで、介護業務の開始時刻、終了時刻などを記録でき、管理者がヘルパーの勤務状況を正確に把握することが可能。また毎月、手間と時間がかかるヘルパー賃金計算も、介護サービス別に、役職手当、時間外、休日、移動費などの集計が全て自動で処理できる。さらに、Care-wing 基本システムプランでは、介護・看護記録などの情報共有もでき、より質の高いサービスの提供を可能にする。日本医師会が推進するORCA PROJECT 介護保険請求ソフト「給管鳥」とシームレスな連携も可能で、訪問ヘルパーのサービス状況の確認から、介護保険請求まで、介護事業所の業務を幅広く支援する。

ヘルパーは「ピッ!」とかざすだけの簡単操作
自宅からの直行直帰が多いヘルパーの介護業務の状況は、管理者も正確に管理ができないもの。「Care-wing」では、スマートフォンとICタグを使用して、これまで把握しにくかったヘルパーの勤務状況を正確に記録。操作は、スマートフォンをICタグに「ピッ!」とかざすだけと簡単。年配ヘルパーでも簡単に使え、導入しやすいシステムだ。

介護業務の見える化でミスを未然に防止
管理者は、ヘルパーの介護業務の開始時刻、終了時刻、申し送り事項などをリアルタイムで把握できる。ヘルパーが利用者宅へ行くのを忘れるなどといったミスも、未然に防ぐことができる。

煩雑なヘルパーの賃金計算も自動集計
利用者によって提供する介護サービスが異なるため、ヘルパーの賃金計算は、毎月時間も手間もかかり、経理担当者の負担も増大。「Care-wing Lite」では、入力された勤務データに基づき、サービス別、役職手当、時間外、休日など全て自動計算。移動費の計算にも対応しており、処遇改善対策にも対応できる。

介護事業所支援システム 「Care-wing(介護の翼)」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソリューション・その他
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

サービス提供会社 ロジック
サービスメニュー(提供可能な製品群) 介護支援システム
動作環境 ■端末
画面解像度:800×480ドット(ワイドVGA)以上
OS:Android 2.3以降 NFC内蔵(Reader/Writer機能付き)
通信方式:3G方式、Wi-Fiなどネットワークに接続できること
Bluetooth:EDR+Ver2.1互換(モバイルプリンタ使用時)
オプションサービス -
その他特記事項 ※動作環境続き

■Web管理システム
推奨ブラウザ:
Windows:Internet Explorer 9以降、Google Chrome バージョン25.0以降、Firefox 19.0以降
Mac:Google Chrome バージョン25.0以降、Firefox 19.0以降、Safari バージョン6.0以降

※iOSやNFC非対応端末の場合、NFCリーダー(レンタル)での対応。
※担当者用ICカード(タグ)、利用者用ICタグは、随時注文受付可。
※最新の動作環境についてはお問い合わせください。

価格情報

■Care-wing Lite プラン
月額費用:500円 /ユーザー
※1事業所あたり、5ユーザーからの利用
※税別

掲載企業

ソフトバンク コマース&サービス株式会社
URL:http://smabiz.jp/index.html

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

介護事業所支援システム「Care-wing(介護の翼)」 紹介資料(333KB)
サービスの概要、特長などが分かりやすく表記された資料。導入後3カ月は無料で利用できる中小事業者向けトライアルパックの案内も記載。