「特定業種向けシステム」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

特定業種向けシステム

特定業種向けシステムとは、例えば製造業や流通業など、特定の業種に特化した業務ソフトウェアのこと。一般的な基幹系業務システムとしては、財務/会計、人事/給与、販売管理、生産管理などの各システムが挙げられるが、特定業種向けシステムは、自動車部品業向け生産管理システムや、木材/建材業向け販売管理システムというように、“特定業種向けの個別業務システム”という位置付けになる。

特定業種向けシステムの新着カタログ

特定業種向けシステムの市場シェア情報

特定業種向けシステムの新着記事

特定業種向けシステムの基本機能とは?

ここでは特定業種向けシステムとして、自動車部品製造業向け生産管理システムを採り上げる。同システムの提供する機能は、以下のような機能が挙げられる。
●受注管理機能
内示の時点あるいは確定時の受注データを取り込み、受注票を作成/管理する機能。受注内容に変更があった場合も、この機能を利用して容易にメンテナンスを行うことができる。また受注一覧表を作成することも可能。

●出荷/売上管理機能
出荷指示や出荷伝票の出力、出荷実績の登録、売上実績を登録/管理する機能。

●生産計画機能
生産計画を立案し、計画一覧票を作成する機能。

●資材所要計画
製品製造に必要な資材の所要量を計算する機能。資材が不足する場合には、管理担当者にアラームを上げる。

●購買管理機能
製品製造に必要な資材を購入するための機能。資材の発注計画や購入予定表の作成、注文書の発行などを支援する。

●原価管理機能
標準原価の計算と計算書の作成などを支援する機能。

特定業種向けシステムの導入メリットとは?

特定業種向けシステムとして、自動車部品製造業向け生産管理システムの導入メリットとしては、主に次の3つが挙げられる。
●柔軟な製品製造の実現
各取引先からの内示/確定受注情報を一元的に管理し、リアルタイムに生産計画に連携することで、柔軟な製品製造を実現することができる。また詳細レベルでの出荷指示や出荷照合による誤品防止なども可能になる。

●サプライチェーンの最適化
複数拠点にまたがる生産情報を一元的に管理することで、サプライチェーン全体の最適化を図ることができる。

●在庫の見える化によるコスト削減
時間単位での生産管理を実現することで、より正確な在庫の見える化を実現することができ、それによって無駄な在庫の削減と適正化を図ることが可能となる。その結果、コスト削減も達成することができる。