SCMのITセミナーを探す

SCM(Supply Chain Management)とは、製品の原材料を調達し、製品を作り、販売する場所まで運んで販売し、品物を顧客のもとに届けるというサプライチェーンの全行程を効率的に管理するための考え方、あるいはそれを実現するためのシステムのこと。サプライチェーンのどこかに非効率な部分があれば、コストが上昇し利益が低下する。またサプライチェーンが滞れば、顧客に迷惑をかけるばかりでなく、大きな損失を生むかもしれない。そのリスクを避け、ビジネスの効率を高めるのがSCMである。