電子帳票システムに関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

電子帳票システム

電子帳票システムに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 電子帳票システム

基礎解説電子帳票システムとは?

始めに「電子帳票」とは、請求書や明細票、申込書や申請書といった企業内の各種帳票の電子化を図り、ユーザがPC上で参照したり、ネットワーク経由で必要な部門に伝達/配布したりできるようにしたもので、この電子帳票を実現するためのITツールが電子帳票システムである。各種帳票を電子化して業務の効率化を推進していくためには、利便性に優れた電子帳票システムの構築が不可欠となる。

電子帳票システムの製品一覧・比較へ

電子帳票システムの最新特集

電子帳票システムの市場シェア情報

2011/09/13

電子帳票システム

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2011年版」
「電子帳票関連ツール」シェア【シェア情報アーカイブ】
運用・保存システム1570本、パッケージ型設計・出力ツール4万9300本の数量であった「電子帳票関連ツール」シェアはこち…

2010/10/26

電子帳票システム

出典
株式会社富士キメラ総研「2010 SaaS関連市場総調査」
「電子帳票(SaaS)」シェア【シェア情報アーカイブ】
今後多様なアプリケーションと連携することで市場が拡大していくと見込まれている「電子帳票(SaaS)」市場のシェアはこちら…

2009/03/10

電子帳票システム

出典
株式会社ノークリサーチ「2008年版 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」
「中堅・中小企業の帳票アプリ利用」シェア【シェア情報アーカイブ】
コンパクトなモジュール型製品と、高機能製品が今後も並存していくと予想される「中堅・中小企業の帳票アプリ利用」シェアを紹介

2008/05/27

電子帳票システム

出典
株式会社ミック経済研究所「UNIX・Windows対応ミドルウェアパッケージソフトの市場展望【開発・運用編】2007年度版」
「帳票設計パッケージ」シェア【シェア情報アーカイブ】
2006年度出荷金額は前年比7%増の24.6億円、2007年度は5.7%増の26億円と、成長が見込まれる帳票設計パッケー…

2008/04/30

電子帳票システム

出典
株式会社ミック経済研究所「UNIX・Windows対応ミドルウェアパッケージソフトの市場展望【開発・運用編】2007年度版」
「帳票運用パッケージ」シェア【シェア情報アーカイブ】
2006年度出荷金額は前年比8%増の59.1億円、2007年度は前年比10.5%増と予測される帳票運用パッケージのシェア…

2008/02/12

電子帳票システム

出典
株式会社ミック経済研究所「UNIX・Windows対応ミドルウェアパッケージソフトの市場展望【次世代コミュニケーション編】2007年度版」
「電子帳票パッケージ」シェア【シェア情報アーカイブ】
ミック経済研究所の調べによると、2007年度の出荷金額は5.4%増になると見込まれている電子帳票パッケージシェアをご紹介…

電子帳票システムの最新ニュース

電子帳票システムの導入事例

基本機能電子帳票システムの基本機能とは?
電子帳票システムの提供する機能は、主に以下の4つが挙げられる。
●変換/登録機能
基幹系システム上の業務アプリケーションなどから出力される印刷データ/帳票データ/オーバーレイ・データを、電子帳票システムで利用できるように変換し、帳票データベースなどに取り込んで一元管理する機能が提供されている。

●表示機能
電子帳票システムに取り込まれた帳票をクライアントPCの画面上に、紙で出力されている帳票と同じような見栄えで表示することができる。

●検索機能
複数の条件を組み合せた検索、ワイルドカード検索、串刺し検索(複数帳票の同時検索)などの機能が提供されている。

●配信機能
帳票内の印字データをベースに、宛先や帳票の種類ごとに分割して自動配信することができる。例えば配信方法として自動印刷、メール送信、FAX送信などが可能。
導入メリット電子帳票システムの導入メリットとは?
電子帳票システムの導入メリットとしては、主に次の2つが挙げられる。
●業務の効率化/IT統制の強化
Webブラウザからの高度な検索とデータ変換により、迅速な情報共有と情報活用を実現することができる。具体的には、ペーパーレス化の促進による環境保護と業務改善、帳票データの利活用、利用状況の把握による不要帳票の廃止、個人情報漏洩の抑制(外部委託の廃止、利用状況の正確な管理)などが挙げられる。

●運用コストの削減
帳票を電子化してWebブラウザで参照し、必要な帳票のみを印刷する運用にすることで、紙が大幅に削減され、配送の人件費が不要となり保管スペースも大幅に減らすことができる。具体的な効果としては、用紙コストの削減、印刷コスト(トナーなど)の削減、資料検索/対応時間の短縮(業務の効率化)、保管場所/仕分け/配送コストの削減などが挙げられる。
キーマンズネットとは

ページトップへ