勤怠管理システムのニュース一覧

「勤怠管理システム」の新製品、ソリューション情報、製品の採用や、事例など最新ニュースをお届け

ニュース

さらにカテゴリを絞り込む

27 記事

で表示

2017/07/20勤怠管理システム

デネット、PCとFeliCaで勤怠管理を行えるソフトの新版を発売
 デネットは、PCソフト「パソコンでタイムカード管理2」を7月14日に発売した。本製品では、ICカード「FeliCa」を専用カードリーダー(別途必要)にかざすことで、出勤、退勤、休憩の時刻を打刻して記録できる。…

2017/07/10勤怠管理システム

NEC、テレワークでも勤務状況データの収集と可視化を可能に
 NECは、自宅や外出先で行うテレワークやオフィスでの勤務状況のデータ収集と可視化を行える「働き方見える化サービス」の提供を7月5日に開始した。本サービスは、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」…

2017/07/10勤怠管理システム

NTTレゾナント、グループウェアASPと一体化した勤怠管理を提供
 NTTレゾナントは、企業向けSaaS(ASP)型グループウェア「ビジネスgoo」において、勤怠管理プラン「勤怠管理(高機能版)」の提供を7月5日に開始した。シンプルな操作性を備え、労働関連法改正にも対応する。…

2017/07/05勤怠管理システム

ウフルなど、チャットやIoTからの出退勤打刻や工数登録を可能に
 ウフルとチームスピリットは、チャットサービスやIoTデバイスからの出退勤打刻や工数登録を可能にする連携サービス「enebular for TeamSpirit」の提供を6月30日に開始した。本サービスでは、例…

2017/06/16勤怠管理システム

H&T、クラウド勤怠管理を勤務間インターバルや工数の管理に対応
 ヒューマンテクノロジーズ(H&T)は、クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」に、「工数管理機能」と「勤務間インターバル管理機能」を追加した。本システムでは、PCとインターネットがあれば勤怠管理を…

2017/06/09勤怠管理システム

アマノ、クラウド/ソフト両対応のタイムレコーダーを発売
 アマノは、中小企業や、小規模事業所を複数持つ企業向けに、勤怠管理ソフト付きタイムレコーダーの新モデル「TimeP@CK-iC IV CL」を6月7日に発売した。価格は12万円(税別)。勤怠管理の方法をクラウド…

2017/06/06勤怠管理システム

クロスキャット、クラウド勤怠管理に残業時間アラートなどを追加
 クロスキャットは、36協定遵守を支援するアラート機能を搭載した、クラウド型勤怠管理システム「CC-BizMate」の新バージョンを7月18日に発売する。今回の新バージョンは、残業削減ニーズの強いIT企業を中心…

2017/06/05勤怠管理システム

RBP、シンプルなデザインと操作性のクラウド型勤怠管理を提供
 リスモン・ビジネス・ポータル(RBP)は、クラウド型勤怠管理サービス「J-MOTTO Web勤怠」の提供を6月1日に開始した。シンプルなデザインと操作性で、マニュアルなしでも容易に管理できる。本サービスは、W…

2017/05/18勤怠管理システム

オープントーン、勤怠管理SaaSに36協定違反への警告機能を追加
 オープントーンは、クラウド型勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」で、36協定(時間外・休日労働に関する協定届)の延長時間を超える時間外労働に警告を表示する機能を5月に追加する。本システムでは、ICカードの…

2017/05/17勤怠管理システム

オープントーン、勤怠管理SaaSの新版で締め処理の変更権限を強化
 オープントーンは、クラウド型勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」の新バージョンを5月にリリースする。価格は月額150円/1人(税別)。本システムでは、ICカードの他、Webブラウザやスマートフォン・携帯電…

2017/05/12勤怠管理システム

エルテスなど、勤務実態や残業要因をAIで分析・可視化可能に
 エルテスは、チームスピリットと共同で、勤務実態や残業要因を人工知能(AI)で分析・可視化できるサービス「AI Access Analytics」の提供を開始した。価格は1人5000円〜(税別)。本サービスでは…

2017/04/28勤怠管理システム

ネオレックス、勤怠管理SaaSで勤務間インターバル管理機能を提供
 ネオレックスは、クラウド勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」で、前日の勤務終了時刻から翌日の勤務開始時刻までの休息時間を一定時間以上確保する「勤務間インターバル制度」に対応する機能の提供を開始する。本シ…

2017/04/28勤怠管理システム

オープントーン、勤怠管理SaaSに過大な残業時間の警告機能を追加
 オープントーンは、クラウド型勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」で、月別で規定の残業時間を超えた場合に警告を表示する機能を5月に追加する。本システムでは、ICカードの他、Webブラウザやスマートフォン・携…

2017/04/24勤怠管理システム

オープントーン、クラウド勤怠管理でICカード打刻専用端末を発売
 オープントーンは、クラウド型勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」で、ICカードをかざすことで出退勤打刻を行える専用端末を発売した。スマート・ソリューション・テクノロジー製の本端末「ピットタッチ・プロ2」は…

2017/04/19勤怠管理システム

JRシステム、シフト作成ソフトの新版で希望をスマホで登録可能に
 鉄道情報システム(JRシステム)は、勤務シフト自動作成ソフト「勤務シフト作成お助けマン」の新バージョンの提供を開始する。本ソフトは、スタッフの希望や各種勤務条件を反映したシフト表を短時間で自動作成でき、シフト…

2017/04/07勤怠管理システム

中央システム、容易に導入・使用できるクラウド型勤怠管理を提供
 中央システムは、シンプルで使いやすく、スムーズに導入できるクラウド型勤怠管理システム「レコル(RecoRu)」の提供を開始した。価格は、初期費用が無料、月額利用料金が30人までで3000円、31人以上で100…

2017/03/28勤怠管理システム

提携:大成など、屋内ドローンの夜間定期巡回で残業抑制を可能に
 大成、ブルーイノベーション、NTT東日本(千葉事業部)は提携し、屋内ドローンによる夜間定期巡回を通じて残業抑制を図るサービス「T-FREND」の提供を10月(予定)に開始する。本サービスでは、利用企業自らがド…

2017/03/07勤怠管理システム

STS、勤務シフト管理製品でシフト作成方法を拡充、LINEとも連係
 システムサポート(STS)は、クラウド型勤務シフト管理システム「SHIFTEE」に新機能を追加した。管理者がシフトを作成する方法を拡充した他、「LINE」と連係できるようにした。本システムは、多数のスタッフの…

2017/03/03勤怠管理システム

NEC、顔認証で出退勤時刻を記録する勤怠管理をクラウド型で提供
 NECは、顔認証技術を活用して出退勤時刻を記録するクラウド勤怠管理システムの提供を6月に開始する。価格は、基本料金が月額300円/1ID、顔認証打刻ライセンス費用が4万円〜/1台(いずれも税別)。本システムで…

2017/03/02勤怠管理システム

チームスピリット、社員の勤務間インターバルが分かる機能を提供
 チームスピリットは、勤怠管理や経費精算などを一体化したクラウドサービス「TeamSpirit」で、社員の勤務間インターバル(前日の退社時間から当日の出社時間までの休息時間)を可視化する機能の提供を開始した。本…

27 記事

で表示

ページトップへ