勤怠管理システムに関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

勤怠管理システム

勤怠管理システムに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 勤怠管理システム

基礎解説勤怠管理システムとは?

勤怠管理システムとは、就業管理システムや就労管理システムとも呼ばれ、タイムカードやICカード、Web画面などを用いて出退勤時刻を記録することで、社員やアルバイトの勤怠状況を的確に管理できるシステムのこと。出勤簿やタイムカードなど紙によってのみ管理されていた労働時間をデータ化し、給与の基礎データをスムーズに作成することが可能となる。さらに勤怠管理システムには、休暇の残日管理や過重労働のケアなど労務管理の面でも役立つ機能が備わっている。

NEW! 人気のクラウド・SaaS版の専用比較ページをご覧いただけます。 クラウド・SaaS版勤怠管理システムの比較

勤怠管理システムの製品一覧・比較へ

勤怠管理システムの最新特集

勤怠管理システムの市場シェア情報

2015/10/20

勤怠管理システム

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2015年版(上巻)」
「勤怠管理ソフト」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年度は55億円の市場規模だった勤怠管理ソフト。多くの従業員を抱える大企業を中心に導入が進む中、占有率43%獲得ベ…

2014/11/25

勤怠管理システム

出典
株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2014年版」
「勤怠管理ソフト(パッケージ)」シェア【シェア情報アーカイブ】
51億円規模と見込まれる2014年の勤怠管理ソフト(パッケージ)市場。幅広い製品ラインアップと顧客基盤を持つ1位のベンダ…

2012/12/04

勤怠管理システム

出典
株式会社ノークリサーチ「2012年版中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」
「SMBの勤怠・就業管理」シェア【シェア情報アーカイブ】
他システムとの連携などのニーズが重視される同市場。スマートデバイス活用にも注目が集まる中、シェアを伸ばす上位のベンダは?

2012/01/31

勤怠管理システム

出典
株式会社ノークリサーチ「2011年中堅・中小企業における「勤怠・就業管理」の利用実態とユーザ評価に関する調査報告」
「SMBの勤怠・就業管理」シェア【シェア情報アーカイブ】
2011年のSMB(年商500億円未満の国内中堅・中小企業)の「勤怠・就業管理」シェアをお届けします。導入シェアで1位の…

2010/04/06

勤怠管理システム

出典
株式会社アイ・ティ・アール「ITR Market View:就業管理市場2010」
「就業管理(ASP/SaaS)」シェア【シェア情報アーカイブ】
パッケージ製品に比べ、2008年度出荷金額が急速に拡大したASP/SaaS型国内就業管理市場。同製品の市場占有率をお届け…

勤怠管理システムの最新ニュース

勤怠管理システムの導入事例

基本機能勤怠管理システムの基本機能とは?
勤怠管理システムの提供する機能は、主に以下の4つが挙げられる。
●出退勤データ収集/集計機能
各種ターミナルから打刻された時刻を従業員ごとに収集、集計する機能。入力された出退勤時刻を収集し、時間外を含めて勤務時間を自動計算してくれる。

●労働時間管理機能
集計した時間をもとに勤怠管理に必要な項目を抽出できる機能。管理者による承認状況一覧を始め、所属ごとの時間外労働時間の平均データ、残業者対象リストなど、管理項目として必要な資料が帳票として出力できるようになっている。

●休暇申請・管理機能
年次有給休暇、産前産後休暇、生理休暇など労働基準法に基づく休暇を始め、育児や介護、結婚、忌引、傷病など各種休暇の申請や事前登録を行うなど休暇を管理する機能。

●シフト管理機能
工場で働く従業員などの勤務シフトやパート・アルバイトのシフトを事前に作成できる機能。
導入メリット勤怠管理システムの導入メリットとは?
勤怠管理システムの導入メリットとしては、主に次の3つが挙げられる。
●勤怠管理業務の負担軽減
IT利用による人事・総務担当者の管理負担の軽減だけでなく、全社的なシステムと連携して、エンドユーザの負担を軽減することも可能となる。

●コンプライアンスへの対応
勤怠管理システムを利用することで、労働基準法といった法律にきちんと準拠しているかを社内外に示すことができる。

●ダイバーシティへの対応
働く側の価値感が変わり、企業側での雇用形態が多様化すると、勤怠管理や給与支払い面での“例外措置”が増えてくるが、勤怠管理システムを活用することでキメ細かく対応することが可能となる。
キーマンズネットとは

ページトップへ