会計システムに関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

会計システム

会計システムに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 会計システム

基礎解説会計システムとは?

財務会計システムは、会計担当者の事務処理を軽減し、決算の早期化と財務管理の品質向上に有効なソフトウェアのこと。一般的に企業会計といえばこの財務会計を指し、対社外に向けた数字(財務諸表)を作成するものとなる。これに対し、事業戦略を立案するなど意思決定のために使われる社内用の数字を作成するものは管理会計と呼ばれる。

会計システムの製品一覧・比較へ

会計システムの最新特集

会計システムの市場シェア情報

2016/09/27

会計システム

出典
株式会社デジタルインファクト「第四回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査を実施しました」2016年8月4日
「クラウド型会計ソフト」シェア【シェア情報アーカイブ】
2016年7月時点で全体利用率は34%、うちクラウドサービスは13%だった会計ソフト市場。40.9%占有率を獲得した1位…

2016/06/07

会計システム

出典
株式会社シード・プランニング「第三回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査を実施しました」2016年2月3日
「クラウド型会計ソフト」シェア【シェア情報アーカイブ】
昨年末に行った調査では、確定申告でのクラウドサービス利用率は全体の11.1%だった同市場。圧倒的占有率を誇る1位ベンダは…

2015/11/17

会計システム

出典
株式会社シード・プランニング「第二回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査を実施」
「クラウド型会計ソフト」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年5月時点での利用率は、パッケージ型/クラウド型の合計で約31%の同市場。37%の占有率を獲得したベンダとは?

2015/01/13

会計システム

出典
株式会社シード・プランニング「クラウド型会計ソフトの利用動向調査」2014年12月10日
「クラウド型会計ソフト」シェア【シェア情報アーカイブ】
簡単さや、動作の速さ・安定性が重要視される同ソフト。2位以下に大きな差を付け、占有率41.3%で1位となったサービスとは…

2013/11/12

会計システム

出典
株式会社ノークリサーチ「2013年中堅・中小企業における「会計管理」の利用実態とユーザ評価」
「中堅中小企業向け会計管理」シェア【シェア情報アーカイブ】
システム活用における重視事項として「管理会計の強化による経費の削減」が最も多くあげられた同市場でシェア1位のベンダは?

2013/04/23

会計システム

出典
株式会社ノークリサーチ「2012年中堅・中小企業における「会計管理」の利用実態とユーザ評価に関する調査報告」
「中堅・中小企業向け会計管理」シェア【シェア情報アーカイブ】
システム活用の目的として「管理会計の強化による経費の節減」などが重視される同市場。シェア23.9%で首位を堅持したベンダ…

会計システムの最新ニュース

会計システムの導入事例

基本機能会計システムの基本機能とは?
財務会計システムの提供する機能は、主に以下の3つが挙げられる。
●伝票入力機能
例えば、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、仕入帳、売上帳などを帳簿イメージで入力できる製品では、仕訳に不慣れな担当者でも簡単に入力することが可能。また日付順に入力する必要がなく、自動的に日付順や伝票番号順に並べ替えてくれる機能や自動仕訳機能なども搭載されている。

●決算機能
損益計算書、 貸借対照表、株主資本等変動計算書、個別注記表、キャッシュ・フロー計算書、消費税申告書、消費税計算書などの自動作成を行うことができる。

●帳票出力機能
伝票/帳簿から財務諸表、経営分析までの各種資料を、普通紙や専用用紙に印刷したり画面表示したりすることができるようになっている。具体的には、振替伝票、元帳、現金出納帳、日計表などを月単位・日付単位で任意の範囲を集計・印刷することが可能。
導入メリット会計システムの導入メリットとは?
財務会計システムの導入メリットとしては、主に次の3つが挙げられる。
●迅速な業績把握の実現
システムの活用によって、損益計算書/貸借対照表や株主資本等変動計算書などを自動作成することが可能となり、迅速な業績の把握と共に意思決定スピードも大幅に向上させることが可能となる。

●会計処理の効率化/正確化
直感的な伝票入力機能により、会計処理における事務作業の効率化を図ることができると共に、誤入力防止機能などの支援によって、数字そのものの信頼性を高めることも可能となる。

●他システムとの連携による業務効率のさらなるアップ
例えば販売管理システムとの連携を図ることで、受注データや入金データ、あるいは売掛金/買掛金のデータを自動で取り込むことが可能となり、二重入力の排除と正確性の向上、業務スピートのアップを実現することができる。
キーマンズネットとは

ページトップへ