企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

FAQシステム の 企業情報

テクマトリックス株式会社
テクマトリックス、APIテストシナリオをAIで自動生成する製品を発売 テクマトリックスは、APIテスト自動化ツールの上位製品「SOAtest with Smart API Test Generator」を9月1日に発売する。出荷開始は10月1日の予定だ。Parasoftが開発した本製品は、Webアプリケーションの操作を分析してAPIテストシナリオを自動で生成する機能を搭載。Webアプリケーションの操作やテストの実行中にW…
株式会社ユニリタ
ユニリタ、スケールできるコミュニケーション特化型PaaSを提供 ユニリタは、企業内・企業間のコミュニケーション変革に特化したPaaS「Smart Communication Platform」(SCP)の提供を開始する。SCPは、企業のデジタル変革や、クラウドインテグレーターによるクラウドサービス開発に利用できるプラットフォームだ。素早く構築して展開できることが特長で、小さく始めて大きくスケ…
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフト、タブレットにもなるノートPCに15型版を追加 日本マイクロソフトは、タブレットにもなるノートPC「Surface Book 2」に15型モデルを追加し、4月6日に発売する。予約受付は2月22日に開始された。本モデルは、演算性能が強化されたグラフィックスプロセッサ「NVIDIA GeForce GTX 1060 w/6GB GDDR5」を搭載している。また、高解像度の15型ディスプレイを備え、繊…
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CTC、CAE解析をクラウド型で提供、第1弾は超音波シミュレーター 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、製造業や重工業など向けに、同社のCAE解析ソリューションをクラウド化し、SaaSとしての提供を開始する。第1弾は超音波シミュレーター「ComWAVE」だ。建築・建設や医療などにおける超音波検査の結果を基に、10億要素規模のメッシュを駆使して、固体の状態を高精度にシミュ…
SCSK株式会社
SCSK、認証専用機器を最大30万件の端末アカウント管理に対応 SCSKは9月4日、RADIUS認証・DHCPアプライアンスサーバ「RADIUS GUARD S」の新版を発売した。本製品は、ネットワーク認証の5機能(RADIUSサーバ、認証局(CA)、LDAPサーバ、DHCPサーバ、ワークフロー)を、1Uハーフサイズの小型筐体に搭載している。IDとパスワードによる個人認証に加え、証明書による端末認証にも…
株式会社ジィーサス
ジィーサス、ナレッジ・メール・システムの廉価版を発売 株式会社ジィーサスは、ヘルプデスク業務を効率化できる、ナレッジ・メール・システム「z-response」の廉価版「z-response-Light」を発売した。「z-response-Light」は、質問者と回答者のQ&Aを自動的にDB化でき、Q&Aの再利用率の向上を図れる。これにより、質問者の自己解決率を向上でき、ヘルプデスク部門の負荷…
株式会社東芝
東芝、仮想試着アプリにアプリ連係機能を追加 東芝は、スマートフォンなどのモバイル端末上で仮想試着を体験できるアプリ「Coordinate Plus」(iOS版/Android版)に、別のアプリとの連係機能を追加した。本機能を用いたアプリ試着サービスでは、利用者が仮想試着を行う際、オンラインショッピングサイトの商品紹介画面から、自動的にCoordinate Plusを起動す…
TIS株式会社
TIS、「SAP ERP 6.0」から次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援 TISは、SAPが提供してきたERP「SAP ERP 6.0」から、次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援する「SAP S/4HANAのりかえサービス」の提供を開始する。本サービスでは、TISのSAP ERP導入ノウハウなどを活用し、ベストプラクティスを基に、「Check」「Assess」「Go」の3つのステップで移行を支援する。第1ステップの…
株式会社内田洋行
内田洋行、製造業の生産・原価管理業務のシステム化支援製品発売 株式会社内田洋行は、ERP/基幹業務システム「スーパーカクテル」シリーズで、製造業向けの「スーパーカクテルデュオ生産」「スーパーカクテルデュオ原価」を発売した。「スーパーカクテルデュオ生産」「スーパーカクテルデュオ原価」は、製造業の業態に適応した生産管理・原価管理のシステム化を支援するために開…
日本オラクル株式会社
日本オラクル、IaaSでGPU「NVIDIA Tesla V100」などを利用可能に 日本オラクルは、クラウドインフラ「Oracle Cloud Infrastructure」で、GPU「NVIDIA Tesla V100」(メモリ16GB)を実行するベアメタルコンピューティングインスタンスの提供を開始する。価格は、1GPU・1時間当たり270円(税別)から。本インスタンスでは、HPC(高性能コンピューティング)やAI(人工知能)、ディ…
日本電気株式会社
NEC、倉庫内作業の要員管理をAIで最適化、荷物量の予測などが可能 NECは2019年1月、倉庫内作業における要員管理をAIで最適化する「物流リソースマネジメントサービス」の提供を開始する。荷物量の予測に基づく要員計画の策定や、要員の適性に合わせた業務の割り当て、作業の負荷状況に合わせた動的な要員の配置が可能で、倉庫内の作業品質や生産性の向上を支援する。本サービスの主…
NECネッツエスアイ株式会社
NESICなど、Cylanceのウイルス対策を監視・運用代行とともに提供 NECネッツエスアイ(NESIC)とNECソリューションイノベータは7月3日、Cylanceのウイルス対策製品「CylancePROTECT」にセキュリティ監視・運用サービスを組み合わせた「エンドポイント脅威対策サービス with CylancePROTECT」の提供を開始した。CylancePROTECTは、AIや機械学習を活用し、モデルを用いた予測防御によ…
株式会社日立製作所
日立、上下水道の運用・保全業務の効率化やノウハウ継承などを支援 日立製作所は10月1日、上下水道事業向けのクラウドサービス「O&M(運用・保全)支援デジタルソリューション」の提供を開始する。本サービスでは、上下水道事業の運営に関わる設備情報や運転情報、作業記録、故障や修理の情報などのさまざまなデータを、IoT(モノのインターネット)を活用してクラウド上に収集し…
富士通株式会社
富士通、法人向けPC/WSの新機種を提供、Windowsの最新版などを搭載 富士通は、法人向けのPCとワークステーション(WS)、計6シリーズ10機種の提供を8月下旬から順次開始する。13.3型の軽量モバイルPC「LIFEBOOK U938/T」は、最新版OS「Windows 10 April 2018 Update」や無線LANを搭載している。また、データを秘密分散技術により復元できないデータに変換して分散保存することで、…
株式会社野村総合研究所
NRI、自治体向けにマイナンバー関連サービスをLGWAN経由で提供 野村総合研究所(NRI)は、地方公共団体向けに、マイナンバーを保管・管理するサービス「e-BANGO」と、紙の重要書類を安全に管理するサービス「e-BANGO /image α」を、行政専用のネットワーク「LGWAN(総合行政ネットワーク)」上で提供開始した。価格は月額10万円から(初期設定費などの諸経費は除く)。e-BAN…
株式会社アシスト
アシスト、さまざまな環境の特権IDを容易かつ強固に保護可能に アシストは8月31日、システム管理の全ての権限を持つ「特権ID」の保護や管理に向けた「特権アクセス管理ソリューション」の提供を開始した。価格は最小構成で690万円(税別)から。本ソリューションでは、管理対象をクラウドや仮想環境(「AWS」や「vCenter」など)にも広げている。また、導入や構築が容易になる…
トッパン・フォームズ株式会社
トッパンフォームズ、医薬品輸送時の温度追跡と個体管理を可能に トッパンフォームズは、医薬品などを輸送する際に、保冷箱の内外の温度トレースと、ICタグを活用した個体管理を同時に行える「温度トレース機能付医薬品用保冷パッケージ“Xシリーズ”」を発売する。本製品は、保冷箱とメカクール保冷剤、温度ロガー「オントレイシス タグ」をパッケージ化。定温ポケットに保冷剤…
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
NTT-ATとdit、CSIRT運用者を支援する会員制コミュニティーを提供 NTTアドバンステクノロジは8月1日、ディアイティと合同で、CSIRT(企業などでセキュリティインシデントに対応するための組織)の運用者を支援する会員制コミュニティーサービス「CS@T倶楽部(シーサートくらぶ)」の提供を開始した。本サービスでは、サイバー攻撃に対し、各企業などのCSIRT運用者で構成される会…
トランス・コスモス株式会社
トランスコスモス、コンタクトセンター向け音声認識で品質向上を支援 トランスコスモスは8月、コンタクトセンター運用サービスで、音声認識ソリューション「transpeech」の提供を開始した。本ソリューションでは、音声認識環境の導入から運用までを一元的に提供し、コンタクトセンターの品質向上と業務効率化を促進する。ユーザー企業の要望や運用視点に基づいて抽出した課題への対応…
エス・アンド・アイ株式会社
S&IとFA、コンタクトセンターの通話内容の自動書き起こしを提供 エス・アンド・アイ(S&I)とフィナンシャル・エージェンシー(FA)は10月、コンタクトセンター向けに、通話内容の書き起こしを自動化できるサービス「AI Speech Transcription Service(仮)」の提供を開始する。本サービスでは、応対内容の書き起こしとチェック作業を効率化できるよう、音声データを自動でテキ…

ページトップへ