企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

SDN の 企業情報

日本オラクル株式会社
日本オラクル、IaaSでGPU「NVIDIA Tesla V100」などを利用可能に 日本オラクルは、クラウドインフラ「Oracle Cloud Infrastructure」で、GPU「NVIDIA Tesla V100」(メモリ16GB)を実行するベアメタルコンピューティングインスタンスの提供を開始する。価格は、1GPU・1時間当たり270円(税別)から。本インスタンスでは、HPC(高性能コンピューティング)やAI(人工知能)、ディ…
日本ヒューレット・パッカード株式会社
HPE、CPU1基で2基並みの性能を備えたAMD EPYC搭載サーバを発売 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は7月19日、デュアルCPUクラスの性能を備える経済性に優れたシングルCPUサーバ「HPE ProLiant DL325 Gen10」を発売した。本サーバは、CPUにAMD製の「EPYC」を搭載。デュアルCPUのサーバを導入することなく、エンタープライズクラスのCPU、メモリ、入出力性能、セキュリティ…
日本電気株式会社
NEC、倉庫内作業の要員管理をAIで最適化、荷物量の予測などが可能 NECは2019年1月、倉庫内作業における要員管理をAIで最適化する「物流リソースマネジメントサービス」の提供を開始する。荷物量の予測に基づく要員計画の策定や、要員の適性に合わせた業務の割り当て、作業の負荷状況に合わせた動的な要員の配置が可能で、倉庫内の作業品質や生産性の向上を支援する。本サービスの主…
NECネッツエスアイ株式会社
NESICなど、Cylanceのウイルス対策を監視・運用代行とともに提供 NECネッツエスアイ(NESIC)とNECソリューションイノベータは7月3日、Cylanceのウイルス対策製品「CylancePROTECT」にセキュリティ監視・運用サービスを組み合わせた「エンドポイント脅威対策サービス with CylancePROTECT」の提供を開始した。CylancePROTECTは、AIや機械学習を活用し、モデルを用いた予測防御によ…
株式会社日立製作所
日立、上下水道の運用・保全業務の効率化やノウハウ継承などを支援 日立製作所は10月1日、上下水道事業向けのクラウドサービス「O&M(運用・保全)支援デジタルソリューション」の提供を開始する。本サービスでは、上下水道事業の運営に関わる設備情報や運転情報、作業記録、故障や修理の情報などのさまざまなデータを、IoT(モノのインターネット)を活用してクラウド上に収集し…
富士通株式会社
富士通、法人向けPC/WSの新機種を提供、Windowsの最新版などを搭載 富士通は、法人向けのPCとワークステーション(WS)、計6シリーズ10機種の提供を8月下旬から順次開始する。13.3型の軽量モバイルPC「LIFEBOOK U938/T」は、最新版OS「Windows 10 April 2018 Update」や無線LANを搭載している。また、データを秘密分散技術により復元できないデータに変換して分散保存することで、…
日本事務器株式会社
NJC、診療所やクリニック向けの健診クラウドサービスを提供 日本事務器(NJC)は10月、診療所やクリニック向けの「CARNAS健診クラウドサービス」の提供を開始する。受診者への健康支援や、企業・健保担当者の作業効率向上など、健康診断に関わる全ての人を支援する。本サービスでは、医師や職員が、毎日のタスクやスケジュール、当日の受診予定者の情報を把握できる。ホーム…
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク、SDN/NFVを活用したモバイルアクセスサービスを提供 ソフトバンクは9月5日、同社のモバイルネットワークを経由して企業ネットワークへ安全にアクセスできるサービス「セキュアモバイルアクセス」(SMA)の提供を開始した。在宅勤務などで社外からアクセスできる環境の構築や、多数のIoT端末を活用するケースなど、さまざまなニーズに対応する。本サービスでは、SDN…
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
NTT-ATとdit、CSIRT運用者を支援する会員制コミュニティーを提供 NTTアドバンステクノロジは8月1日、ディアイティと合同で、CSIRT(企業などでセキュリティインシデントに対応するための組織)の運用者を支援する会員制コミュニティーサービス「CS@T倶楽部(シーサートくらぶ)」の提供を開始した。本サービスでは、サイバー攻撃に対し、各企業などのCSIRT運用者で構成される会…
三井情報株式会社
MKI、流通小売業向けに時系列データ分析予測をクラウド上で提供 三井情報(MKI)は7月、流通小売業向けに、時系列データを基に需要や市況などの汎用分析予測を行えるクラウドアプリケーション「MKI分析予測ソリューション on Azure」の提供を開始した。本ソリューションでは、統計の専門知識がなくても、Excelベースの時系列データをアップロードすることで、各種アルゴリズムを…
株式会社ネットワールド
ネットワールド、未知のマルウェアも見つけるCb Defenseの運用を支援 ネットワールドは、Carbon Blackが提供するエンドポイントセキュリティ製品「Cb Defense」の運用支援サービスの提供を開始した。本製品は、未知のマルウェアやファイルレス攻撃も検出できる。エンドポイントのセンサーから送られてくる大量のログデータをクラウド基盤上で解析。ビッグデータの解析技術の1つである…
クロス・ヘッド株式会社
クロス・ヘッドなど、GDPR対策の包括的なセキュリティサービスを提供 クロス・ヘッドは、エフセキュアと連携し、GDPR(欧州での新しい個人情報保護規則)対策に向けた包括的なセキュリティサービスの提供を5月31日に開始する。本サービスでは、GDPR対策のコンサルティングや運用体制の構築支援、早期侵入検出サービスなどを提供する。コンサルティングでは、まず、現状のアセスメント…
エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
NTTデータ先端技術、既存メール環境で業務ナレッジをFAQ化可能に NTTデータ先端技術は5月23日、問い合わせ対応業務へのAI(人工知能)の導入において、ナレッジの蓄積と活用を支援するサービス「Quick Reply」の提供を開始した。本サービスは、既存のメール環境にアドインすることで利用できる。「Outlook」対応アドインが提供される他、順次「Gmail」「Office 365」にも対応する…
F5ネットワークスジャパン合同会社
F5、マルチクラウドへのアプリケーション展開に特化したADCを発売 F5ネットワークスジャパンは7月11日、仮想化されたソフトウェアベースのADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)「BIG-IP Cloud Edition」を発売した。マルチクラウド環境におけるアプリケーションの可用性や安全性の確保を、迅速かつ確実に行える。本製品の主な特長は3つ。1つ目は、単一アプリケーション…
ネットギアジャパン株式会社
NETGEAR、全ポートが10ギガに対応したスイッチなどを値下げ ネットギアジャパンは、スイッチ5機種を値下げする。今回値下げする機種を順に紹介すると、まず「M4300-48X」は、48個の10GBASE-T(100/1000/10G)ポートと、4個のSFP+スロット(10GBASE-Tと排他利用)を搭載。48個の10ギガポートを同時に使用できる。「M4300」シリーズ同士であれば、異なるモデル間の混合スタ…
ジュニパーネットワークス株式会社
ジュニパーネットワークス、10/40/100GbEエッジルーターを発表 ジュニパーネットワークスは、クラウドシステムに適したコンパクトなエッジルーター「MX10003」を発表した。本製品は、プログラマブルな「Trio」チップセットと「Junos」OSを搭載する。省スペース性と省電力性に優れ、3ラックユニット(3U)のスペースで4.8Tbpsのスループットに対応する。統合された高度なタイミ…
東京エレクトロン デバイス株式会社
TED、生産設備の予知保全向け異常判別プログラム自動生成を強化 東京エレクトロン デバイス(TED)は8月7日、生産設備の予知保全に向けた分析の自動化を可能にする異常判別プログラム自動生成マシンの新版「CX-M ver2.1」の提供を開始した。複数の時系列データを分析して判別モデルを生成できる。本製品では、時系列データを入力すると、データのクレンジングから特徴の抽出、機…
日本ストラタステクノロジー株式会社
ストラタス、無停止型サーバシステムのLinux対応新モデルを発売 日本ストラタステクノロジー株式会社(ストラタス)は、新版無停止型サーバシステム「ftServer」のRed Hat Enterprise Linux(RHEL)対応モデルを発売する。RHEL Server 7を搭載した新モデル「ftServer 2800/4800/6800」は、Xeon E5-2600 v3プロセッサを採用し、旧モデル製品に比べ75%を超えるパフォーマンス向…
有限会社先端技術研究所
先端技術研究所、Webフィルタリングでセーフサーチを強制可能に 先端技術研究所は、Pearl Softwareのインターネット監視・Webフィルタリング製品「Pearl Echo」で、「セーフサーチ」を強制する機能を発表した。Pearl Echoは、クライアント(エージェント)-サーバ型のソフトウェアだ。自動化され構成可能なURLカテゴリーリストや、カスタム・ホワイト/ブラックリストなどを合…
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
TOKAICOM、一元管理された多拠点ネットワークを容易に導入可能に TOKAIコミュニケーションズは、回線に依存しない可視化、一元管理された多拠点ネットワークを導入できるクラウド型ネットワークサービス「CVR」の提供を9月3日に開始する予定だ。SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)技術を活用している。本サービスの主な特長は5つ。1つ目は、自動設定により容易に導入…

ページトップへ