企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

その他ストレージ関連 の 企業情報

三菱電機株式会社
三菱電機、生産現場の予防保全や品質向上、効率化を図るソフトを発売 三菱電機は5月8日、産業用PCで動作するソフトウェア製品群「iQ Edgecross」を発売した。今回発売されたのは、生産現場の予防保全や品質向上を支援するデータ分析・診断ソフトウェア「リアルタイムデータアナライザ」と、生産現場のデータを高速かつ容易に収集できる「データコレクタ」4機種だ。いずれも、FAとITを…
SCSK株式会社
提携:SCSKなど、AWS上のシステム向けの柔軟な運用サービスを提供 SCSKとスカイアーチネットワークスは協業し、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上に構築されたシステム向けの監視運用サービスの提供を5月22日に開始した。本サービスの主な特長は3つ。1つ目は柔軟な監視運用が可能なことだ。ユーザーごとに、AWS上に専用の監視サーバを設置し、監視運用を行う。仮想サーバ「Amazo…
パナソニック株式会社
パナソニック、4コアCPU・光学ドライブ搭載で1.25キロの14型PCを発売 パナソニックは6月15日、モバイルPC「レッツノート」の「LV7」シリーズ(法人向け・個人店頭向け)を発売する(オープン価格)。本シリーズは、クアッドコア(4コア)の第8世代Coreプロセッサを搭載。14.0型の画面を備え、光学式ドライブを内蔵しながら、重さが約1.25キロに抑えられている(一部モデル)。また、76…
パナソニック システムネットワークス株式会社
PSN、MCU内蔵で最大24地点接続が可能なビデオ会議システムを発売 パナソニック システムネットワークス(PSN)は、ビデオ会議システム「HD映像コミュニケーションシステム」の新モデル「KX-VC2000J」を12月2日に発売する。オープン価格。本製品は、多地点接続システムMCU(マルチコネクションユニット)を標準で内蔵する。16地点接続機能を標準搭載し、オプションで24地点まで拡…
西日本電信電話株式会社
NTT西日本、ICT環境のセキュリティ対策から運用まで一元的に支援 NTT西日本は、さまざまな規模や業種の企業ニーズに対応するセキュリティサービスの提供を9月1日から順次開始する。ICT環境の高度なセキュリティ対策から運用までを一元的に支援する。今回の新サービスは2つ。1つ目の「Bizひかりクラウド セキュリティ」では、セキュリティ多層防御や24時間365日の運用監視といっ…
都築電気株式会社
都築電気、ワークフロー製品を機能強化、クラウド型でも提供 都築電気は、ワークフローパッケージ「IntrameriT(イントラメリット)ワークフロー」を刷新する。さまざまな新機能を搭載し、クラウドサービスにも対応する。本製品では、日本企業独特の組織階層や役職などの細かな権限設定、柔軟な経路設定、さまざまな承認種別に対応できる。グループ会社などにも対応する。導入…
東京エレクトロン株式会社
東京エレクトロン、ログ長期保存/分析ツール日本語対応版を出荷東京エレクトロン株式会社は、米SenSage,Incのログ長期保存/分析ツール「SenSage Enterprise Security Analytics」の日本語対応版「3.5J」を、出荷した。今回のバージョンでは、漢字ベースでのシステム稼動メッセージ収集/保管/相関チェックをサポートしている。クエリ開発/レポーティングや
東日本電信電話株式会社
提携:NTT東日本など、小売店舗向け万引き防止AIサービスを提供 NTT東日本とアースアイズは提携し、小売店舗向けの万引き防止サービス「AIガードマン」の提供を6月下旬に開始する予定だ。本サービスでは、不審行動を検知できるAI(人工知能)を搭載したカメラが、自律的に映像を解析し、来店客の「うろうろ」「きょろきょろ」などの不審行動を検知。AI搭載のクラウドを経由して…
TIS株式会社
TIS、世界的グループ経営管理の会計統治を強化するクラウドを提供 TISは、グローバルにおけるグループ経営管理の会計ガバナンスを強化するクラウドサービス「ACTIONARISE Governance」の提供を開始する。価格は1社当たり月額10万円(税別)からで、最短1カ月で導入できる。本サービスでは、APIを用いて子会社の取引明細データを自動で収集し、必要な時に、必要な会社から、必要な…
株式会社東陽テクニカ
東陽テクニカ、産業用PLCの異常を検知するセキュリティ製品を発売 東陽テクニカは5月1日、産業用制御システム向けセキュリティ製品「Indegy SP 制御システム資産管理 X 侵入検知ツール」を発売した。制御システムの総合的な可視化により、ハッカーや人的ミスによる障害から工場やインフラを守る。Indegyが提供する本製品は、産業インフラや工場内で利用される制御コントローラー(…
日商エレクトロニクス株式会社
日商エレ、閉域網と組み合わせた安全なクラウド型VDIを提供 日商エレクトロニクスは5月14日、個人情報などを扱う金融機関など向けに、クラウド型のVDI(仮想デスクトップ)と閉域網を組み合わせた「セキュアクラウドVDIソリューション」の提供を開始した。クラウド、VDI、ネットワーク、デバイス、インテグレーションサービスを一元的に提供する。本ソリューションの第1弾…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、銀行・証券業向け「軽量店舗化ソリューション」を拡充 日本IBM、銀行や証券業界向けに、営業店を起点とした業務改革を支援する「軽量店舗化ソリューション」を拡充し、7月1日に提供を開始する。一日の営業店で発生する業務の大半を人の判断なく自動化し、取引や手続きの時間短縮やオペレーションミスの削減を支援する。本ソリューションでは、顧客ごとのパーソナライズ…
日本オラクル株式会社
日本オラクル、経理・財務向けAIで業務効率向上や迅速な判断を支援 日本オラクルは、人工知能(AI)を搭載した経理・財務向けアプリケーション「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」を発表した。本アプリケーションは、財務や調達、業績管理、発注管理、生産管理など、同社のERPクラウドに含まれる既存アプリケーションの機能を強化するためのものだ。AIや分析を経…
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本ヒューレット・パッカード、仮想化HA自動化パックなどを提供 日本ヒューレット・パッカードは4月16日、中堅・中小企業向けに、Windows OSのファイルサーバを容易にバックアップできる「データ安心パック」と、仮想化基盤の構築を容易かつ短時間で行える「仮想化HA(High Availability)自動化パック」の提供を、パートナーと共同で開始した。データ安心パックは、Windows OS…
日本ユニシス株式会社
日本ユニシス、短期間で高品質なクラウドを構築するサービス提供 日本ユニシスは、構築テンプレートを活用して、短期間で高品質なクラウド基盤の構築を図れる「クラウド導入サービス(仮称)」の提供を10月1日に開始する。クラウド導入サービスでは、企業がMicrosoft AzureやAmazon Web Services(AWS)のクラウドサービス上にクラウド基盤を構築する際に求められる、提案・要件…
日本電気株式会社
NEC、リストバンド端末の心拍変動データから感情を可視化可能に NECは2018年度下期、心拍変動データ(脈拍数などを連続的に測定した時系列変化)などから感情を可視化する「NEC 感情分析ソリューション」を発売する。企業が従業員などの隠れた感情疲労や心理的負荷を把握でき、必要に応じて業務支援や注意喚起を行えるようになる。本システムでは、TDK製のリストバンド型ウェア…
NECネクサソリューションズ株式会社
NECネクサス、印刷業向け組版・コンテンツ管理をクラウドで提供 NECネクサソリューションズは、印刷業向けの組版・コンテンツ管理クラウドサービス「SUPER DIGITORIAL for クラウド」を発売した。本サービスは、電子編集システム「SUPER DIGITORIAL/EX」とコンテンツ管理システム「SUPER DIGITORIAL/CMS」に自動組版(マッピング)ツールを加えたもので、月額料金で提供する。S…
NECソリューションイノベータ株式会社
NECソリューションイノベータ、営農指導支援システムの新版を提供 NECソリューションイノベータは6月、農業産地の品質向上に取り組む生産者や指導員を支援する「NEC 営農指導支援システム」の新版(Ver2.0)の提供を開始する。新版の主な特長は2つ。1つ目は、農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)に取り組む農業産地を支援するために、「NEC GAP認証支援サービス」…
株式会社日立社会情報サービス
日立GP、自治体向けに360度パノラマ画像の編集機能を提供 日立公共システム(日立GP)は、自治体Webサイトの構築・運営を支援する「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」のラインアップに、360度のパノラマ画像を容易に編集できるバーチャルビュー編集機能「スマートパノラマ」を追加し、発売した。観光情報や施設案内を分かりやすく提供できる。本機能では、自…
株式会社日立製作所
事例:鳥獣害対策システムを五島市が導入、イノシシ捕獲が5倍増 日立製作所とNTT西日本は、鳥獣害対策システムを長崎県五島市に導入したと発表した。五島市では、近年イノシシが海を渡って急速に生息域を拡大しており、2015年から水稲被害が発生し始めている。猟師の人数も少なく、効率的な対策の実施が急務となっていた。今回導入したシステムでは、調査・捕獲区域に設置した出…

ページトップへ