企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

NAS の 企業情報

株式会社大塚商会
大塚商会、PCの設定変更やログ管理をリモートで代行、月次レポートも 大塚商会は10月11日、IT資産の安全な運用管理を代行するサービス「たよれーる らくらくSKYSEA」を開始した。本サービスでは、Skyが提供するクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」を使用。専門知識が求められる操作の代行を同社の専任技術者がリモートで行う他、ユーザーの環境をレポートにまとめ…
株式会社エム・ティ・フィールドサービス
MTF、容易/的確/迅速に検索できるメールアーカイブ製品を発売 株式会社エム・ティ・フィールドサービス(MTF)は、メール検索を容易/的確/迅速に行なえるメールアーカイブ(記録・保管)製品「inetSNAPs for Mail」を、発売した。「inetSNAPs for Mail」は、パケットキャプチャ型のメールアーカイブ製品。マニュアル不要で操作できる使い勝手に優れたインターフェースと、10…
ラトックシステム株式会社
RATOC、酒造向けもろみ品温監視システムに帳票印刷機能などを追加 ラトックシステムは、酒蔵向けのシステム「もろみ日誌」の機能を拡充し、提供を8月下旬から順次開始する。本システムは、もろみの品温の記録を自動化できる。品温センサーで1時間ごとに自動で計測して、無線(Sub-GHz通信)を通じてPCに保存し、グラフで表示できる他、設定範囲を超えた際にスマートフォンに通知で…
株式会社ネットワールド
ネットワールド、未知のマルウェアも見つけるCb Defenseの運用を支援 ネットワールドは、Carbon Blackが提供するエンドポイントセキュリティ製品「Cb Defense」の運用支援サービスの提供を開始した。本製品は、未知のマルウェアやファイルレス攻撃も検出できる。エンドポイントのセンサーから送られてくる大量のログデータをクラウド基盤上で解析。ビッグデータの解析技術の1つである…
ベル・データ株式会社
提携:ベル・データ等、ゲートウェイでのセキュリティ対策を発売 ベル・データ株式会社は、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)と提携し、「ベル・データ エントランス セキュリティサービス」(BESS)を発売した。「BESS」は、主に中堅規模企業/組織を対象に、ウォッチガードのUTM(統合脅威管理)/NGFW(次世代ファイアウォール)を活用したネ…
ぷらっとホーム株式会社
ぷらっとホーム、IoT向けのSoftBank LTE対応マイクロサーバ出荷 ぷらっとホーム株式会社は、ソフトバンク株式会社のLTE回線に対応した小型サイズのIoT(Internet of Things)マイクロサーバ「OpenBlocks IoT BX3L」の出荷を9月(予定)に開始する。価格はオープン価格。「OpenBlocks IoT BX3L」は、ソフトバンクの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」への対応により広域…
テクノグラフィー株式会社
TGI、クラスタの新版で最大サポートノード数を2000に拡張 テクノグラフィー株式会社(TGI)は、GateStor社製のクラスタ「EpochPOWERCluster」をバージョンアップする。今回のバージョンアップでは、クラスタあたりの最大サポートノード数が2000に拡張され、クラスタ全体では120万(1ノードあたり600ドライブで、2000ノード)のディスクドライブ構成が可能になった。高速ス…
シーティーシー・エスピー株式会社
提携:CTCSPなど、高セキュリティのモバイル通信サービスを提供 シーティーシー・エスピーは、フリービットが提供する法人向け高セキュリティモバイルデータ通信サービス「フリービットクラウド セキュリティSIM」の提供を6月1日に開始する。1回線の価格は月額1000円(1GBまで)〜。本サービスでは、通信先を制御するファイアウォール機能や、VPN通信を可能にするゲートウェイ機…
ネットアップ株式会社
ネットアップなど、拡張性などに優れたDC向け統合インフラを提供 ネットアップとシスコシステムズは、次世代データセンター(DC)向けの統合インフラ ソリューション「FlexPod SF」の提供を7月10日に開始した。本ソリューションは、大量のデータを処理するスケールアウト ワークロードに適したインフラを提供する。スケールアウト型のクラウド接続オールフラッシュ ストレージ「N…
株式会社クララオンライン
クララオンライン、Nutanixの製品をクラウド型で利用可能に クララオンラインは、ハイパーコンバージドインフラを提供するNutanixの製品をクラウド型で利用できる「エンタープライズクラウドシリーズ Powered by Nutanix」の提供を3月に開始する予定だ。今回の第1弾のリリースでは、Nutanix製品を導入する際に「購入して自社資産とし、自らセットアップして利用する」以外の…
相栄電器株式会社
相栄電器、“第24回 Vectorプロレジ大賞”でグランプリを受賞 相栄電器株式会社は、SSD&HDD全自動最適化ツール「Diskeeper 15J」がベクターPCショップ主宰の“第24回 Vectorプロレジ大賞”でグランプリを受賞したと発表した。プロレジ大賞とは、“ベクターPCショップ”で、半期に1度、ユーザ投票などにより人気のあるダウンロードソフトの中から大賞/各部門賞を選出し表彰…
エムアイシー・アソシエーツ株式会社
MIC、設定/運用が容易なSANファイル共有を構築できる製品群発売 エムアイシー・アソシエーツ株式会社(MIC)は、共有ボリュームへの同時高速アクセスを可能にする、ブルガリアTiger Technology社製のSANファイル共有製品群「Tiger Series」を発売する。「Tiger Series」には、ソフトウェア「Tiger Store」/アプライアンス「Tiger Box」/コントローラ「Tiger Serve」が含まれ…
コンピュータ ダイナミックス株式会社
CD、最大4.8TB/75万IOPSのフラッシュ・アクセラレータを発売 コンピュータダイナミックス株式会社(CD)は、DBやアプリケーションを高速化するMEMBlaze社製フラッシュ・アクセラレータ「PBlaze3」シリーズを発売した。「PBlaze3」シリーズは、フラッシュメモリを搭載した、PCI Express 2.1 8レーンのインターフェースのカード型フラッシュ・アクセラレータ。HDDやSSDに比べ低…
ネットギアジャパン株式会社
NETGEAR、SIerなどが複数顧客のネットワークを単一基盤で管理可能に ネットギアジャパンは10月11日、システムインテグレーターや管理サービスを提供する企業向けに、中小規模ネットワークのリモート管理システムの新ライセンス「Insight プロ」を発売した。複数の顧客の拠点を単一のクラウド基盤上で容易に管理できる。本システムでは、スイッチングハブや無線LANアクセスポイント、N…
株式会社バイオス
バイオスなど、NASとAzureによる複合的なバックアップ製品を発売 バイオスとソルティスターは11月8日、統合バックアップ製品「BIOS Backup Gateway with Azure」を発売する。本製品は、バイオスのNASとマイクロソフトのクラウド基盤「Microsoft Azure」を利用して、遠隔地へのバックアップまでを効率的に行えるアプライアンス製品だ。オンプレミスのNASとクラウドへのデータ保管…
株式会社サイバーテック
サイバーテック、CMSの新版でExcelデータ挿入やHandbook連携に対応 サイバーテックは6月18日、Webと紙を連携するCMS(コンテンツマネジメントシステム)「Publish MakerX」の新版(Version4.4)の出荷を開始した。本システムでは、Webブラウザからブログのように入稿や編集を行え、制作業務の内製化や効率化、迅速化が図れる。コンテンツの流用や版管理、素材管理機能を搭載し、多…
株式会社ニューテック
ニューテック、容易に容量を拡張でき冗長性も備えたNASを出荷 ニューテックは、スケールアウト型の大容量NAS「Cloudy NAS/GLS」の出荷を4月1日に開始する。スケールアウト型ストレージでは、クラスタ化したノードを追加することで容量を拡張できる。各ノードにストレージコントローラーを搭載するため、容量が増加しても読み書き性能が劣化しない。データは分散ファイルシステ…
ミラポイントジャパン株式会社
採用:BT、クリティカルパスのクラウドメールを採用 ミラポイントジャパン株式会社(ミラポイント)は、英国の通信事業者であるBT社が、ブロードバンドサービスを契約するコンシューマーユーザ向けのソリューションとして、ミラポイントの米本社であるCritical Path,Inc.(クリティカルパス)のクラウド型メールソリューションを採用したことを発表した。BTは、デス…
ログイット株式会社
ログイットなど、音声認識の精度を高める姓名/住所辞書を提供 ログイット株式会社とニュアンス コミュニケーションズ ジャパン株式会社は、音声認識ソフトウェア「Nuance Recognizer V9」(NR9)向けの姓名辞書パッケージと住所辞書パッケージの提供を開始した。価格は、それぞれ60万円から/40万円から(いずれもサーバライセンス含む)。今回提供開始された姓名辞書は、氏名…
東京エレクトロン デバイス株式会社
TED、生産設備の予知保全向け異常判別プログラム自動生成を強化 東京エレクトロン デバイス(TED)は8月7日、生産設備の予知保全に向けた分析の自動化を可能にする異常判別プログラム自動生成マシンの新版「CX-M ver2.1」の提供を開始した。複数の時系列データを分析して判別モデルを生成できる。本製品では、時系列データを入力すると、データのクレンジングから特徴の抽出、機…

ページトップへ