企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

Windows の 企業情報

エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
NTTデータ先端技術、既存メール環境で業務ナレッジをFAQ化可能に NTTデータ先端技術は5月23日、問い合わせ対応業務へのAI(人工知能)の導入において、ナレッジの蓄積と活用を支援するサービス「Quick Reply」の提供を開始した。本サービスは、既存のメール環境にアドインすることで利用できる。「Outlook」対応アドインが提供される他、順次「Gmail」「Office 365」にも対応する…
株式会社エージーテック
AG-TECH、IoT向けDBを発売、複数のCPUとOSに対応、管理者が不要 エージーテックは7月12日、省電力で低リソースの、IoT(モノのインターネット)向けデータベース「Actian Zen Edge」を発売した。Actianが開発した本製品は、Intelに加えARMのCPUにも対応。OSは「Raspbian」や「Windows IoT Core」に対応する。NoSQLとSQLの2つのアクセスメソッドに対応している。また、データベ…
エクセルソフト株式会社
エクセルソフト、インテルCPU向けソフトの開発ツール群の新版を発売 エクセルソフトは9月13日、ソフトウェア開発ツールスイートの新版「インテル ParallelStudio XE 2019」を発売した。最新または将来のインテル製CPUの性能を最大限に引き出すコードを、高速かつ容易に開発できる。インテルが提供する本製品は、C、C++、Fortran、Pythonアプリケーションの高速化や最適化を支援する…
相栄電器株式会社
相栄電器、“第24回 Vectorプロレジ大賞”でグランプリを受賞 相栄電器株式会社は、SSD&HDD全自動最適化ツール「Diskeeper 15J」がベクターPCショップ主宰の“第24回 Vectorプロレジ大賞”でグランプリを受賞したと発表した。プロレジ大賞とは、“ベクターPCショップ”で、半期に1度、ユーザ投票などにより人気のあるダウンロードソフトの中から大賞/各部門賞を選出し表彰…
株式会社HDE
HDE、クラウドに安全に接続できるWindows/Mac対応ブラウザ発表 株式会社HDEは、クラウドセキュリティサービス「HDE One」の機能を強化し、Windows/Macからセキュアにクラウドサービスへのアクセスを可能にする「HDE Secure Browser」をリリースした。「HDE One」は、Office 365/Google Apps for Work/Salesforceなどのクラウドサービスと連携して、情報漏洩対策/デバイス紛…
株式会社ラネクシー
ラネクシー、PC操作ログ管理ソフトに業務分析レポートなどを追加 ラネクシーは、クライアント操作ログ管理ソフトウェアの新版「MylogStar 4 Release1」の受注を7月25日に開始し、出荷を7月31日に開始する予定だ。本ソフトウェアは、企業内の全てのPC操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化できる。管理対象となるクライアントPCのログオン/ログオフ、…
日本ストラタステクノロジー株式会社
ストラタス、無停止型サーバシステムのLinux対応新モデルを発売 日本ストラタステクノロジー株式会社(ストラタス)は、新版無停止型サーバシステム「ftServer」のRed Hat Enterprise Linux(RHEL)対応モデルを発売する。RHEL Server 7を搭載した新モデル「ftServer 2800/4800/6800」は、Xeon E5-2600 v3プロセッサを採用し、旧モデル製品に比べ75%を超えるパフォーマンス向…
デル・ソフトウェア株式会社
デル・ソフトウェア、迅速にリカバリできるデータ保護ソフト提供 デル・ソフトウェア株式会社は、迅速なデータ保護とリカバリによるダウンタイムの削減支援にIP(知的財産)を統合したデータ保護ソフトウェア「Rapid Recovery」の提供を開始した。価格はオープン価格。「Rapid Recovery」を活用することで、ユーザは物理環境及び仮想化環境全体のシステム/アプリケーション/デー…
レッドハット株式会社
レッドハット、DevOpsによるアジャイル開発支援コンサルなど提供 レッドハットは、同社のコンテナ技術と関連製品ポートフォリオに基づく、「DevOpsディスカバリーワークショップ」と「DevOpsコンサルティングサービス」の提供を開始する。“DevOps”は、開発(Dev)・運用(Ops)担当者が横断的に協調し、ITシステムの価値を継続的に提供、向上するための手法。今回提供されるDevO…
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
NRIセキュア、B2C事業者向け認証基盤を指紋認証や顔認証に対応 NRIセキュアテクノロジーズは10月9日、消費者向けサービスの事業者に提供しているID統合管理・認証連携基盤「Uni-ID Libra」に、「生体認証オプション」を追加した。本基盤は、顧客ID管理、認証連携、不正アクセス検知、多要素認証の4つの機能を装備。顧客IDの統合や認証強化に利用でき、認証基盤の機能を一元的に…
ソフォス株式会社
ソフォス、フィッシング攻撃のシミュレーターとトレーニングを提供 ソフォスは、フィッシング攻撃シミュレーターおよびトレーニングのソリューション「Sophos Phish Threat」を、アジアを含む市場で提供する。本ソリューションでは、多言語に対応したインタラクティブなセキュリティトレーニングを行える。既知の技法、巧妙ななりすまし、最新の例を使って不審なメールを作ることで…
三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社
MIND、ログ分析で検知精度を向上させた標的型攻撃対策を提供 三菱電機インフォメーションネットワーク(MIND)は、攻撃シナリオを活用したログ分析により検知精度を向上させた「標的型攻撃対策サービス」の提供を8月7日に開始する。本サービスでは、ユーザーの環境にある各種機器のログを収集し、セキュリティ情報やログ情報の管理・分析システム(SIEM:Security Information…
中央システム株式会社
中央システム、連携先の業務システムを選ばないログ集積製品を提供 中央システムは、ログ集積プラットフォーム「アットハブ」の提供を開始した。本製品は、各種センサーやビーコン、ICカード、バーコード、RFID、電話、スマートフォンアプリなど、さまざまなハードウェアやソフトウェアからログデータを集積し、データを業務システムに連携できるようにするハブシステム。最大の特徴…
日本セキュアジェネレーション株式会社
日本セキュア、多要素認証を共有PC環境やリモートデバイスに対応 日本セキュアジェネレーション株式会社(日本セキュア)は、多要素認証プラットフォーム「SecuMAP」を、共有アカウント環境や、リモートデバイスに対応させて、発売した。「SecuMAP」は、IDやパスワードによるWindowsログオン、Webアプリケーション利用前の本人認証を、ICカード(FeliCa)や生体認証(指紋、静脈…
株式会社電算システム
DSK、G Suite向けにDBアプリ開発基盤と利用状況可視化ツールを提供 電算システム(DSK)は4月、Googleのクラウドサービス「G Suite」のユーザー向けに、クラウドストレージ「Google ドライブ」上で利用できるデータベースアプリケーション開発プラットフォーム「DriveBase」と、G Suiteの利用ログから社員の利用状況を可視化できるツール「LogSuiter」の提供を開始した。DriveBase…
株式会社ハイパーセキュア
マークエニー、Windowsサーバー共有フォルダの暗号化製品を発売株式会社マークエニー・ジャパンは、電子データの暗号化による情報漏洩対策ソリューション「Folder SAFER」を、発売した。同製品は、Windowsサーバーでの共有フォルダ毎に電子データの暗号化が可能な情報漏洩対策ソリューション。Windowsサーバーによるファイル共有の運用に大きな変更を加えずに
エー・エス・アイ株式会社
アスキーソリューションズ、PC画面操作の録画/編集ソフトを発売 株式会社アスキーソリューションズは、米TechSmith Corporationが開発したWindows用スクリーン動画キャプチャソフトウェア「CAMTASIA STUDIO 5」を、4月4日より発売する。価格は、1ユーザ4万9350円(税込)で、マルチユーザライセンスや教育機関向けのアカデミック版も用意されている。「CAMTASIA STUDIO 5」は、…
株式会社ライフボート
ライフボート、Windows Server用バックアップソフトの新版を発売 ライフボートは8月24日、Windows Server/Windows Storage Server向けのバックアップソフトの新版「Paragon イメージバックアップ12 Server」を発売した。Paragon Software Groupが開発した本ソフトは、OS、データ、アプリケーション、設定を含め、サーバ全体を丸ごとバックアップできる。OSが起動できない場合に…
アセンテック株式会社
アセンテック、USBシンクライアントの新版で専用端末化などに対応 アセンテックは、既存PCにUSBデバイスを挿すことで安全に仮想環境へ接続できるUSBシンクライアント「Resalio Lynx 300/500」の新版(4.0)を発表した。新版の強化点や変更点は主に5つ。1つ目は、専用端末化が可能なキオスクモードを利用できることだ。Webアプリケーションを利用する組織がこの機能を利用するこ…
株式会社セキュアヴェイル
セキュアヴェイル、仮想化基盤上のUTMの運用サービスを提供 セキュアヴェイルは1月、仮想化基盤で稼働するUTM(統合脅威管理)の運用サービス「NetStare for Cloud(NS4C)」の提供を開始する。NS4Cは、UTMベンダーが提供する仮想アプライアンスを導入した後の監視やバージョンアップ、チューニング(適切な設定)といった運用保守作業を、サービスとしてメニュー化して提供…

ページトップへ