企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

ブレードサーバ の 企業情報

株式会社インターコム
インターコム、FAXサーバ上位版を誤送信防止の承認フローに対応 インターコムは4月27日、FAXサーバソフトの最上位版「まいと〜く Center」に、FAX送信時の管理者承認フローを追加する「誤送信防止オプション」を発売した。本ソフトは、大規模なFAX運用に対応できるよう、最大72回線までの拡張や、仮想化/IaaS環境での運用が可能な他、サーバ障害時の復旧を自動化する冗長化機…
株式会社サードウェーブ
サードウェーブ、常時給電でも安全で長寿命なタブレットPCを提供 サードウェーブは4月20日、法人向けに、常時給電でも安全で長寿命に利用できる、バッテリー非搭載のタブレット型Windows PC「Diginnos DG-BTL10IW」の受注を開始した。価格は6万8000円(税別)。本製品では、タブレットを常時給電で使うことでバッテリーの劣化が加速し、バッテリー膨張などの不具合が発生して製…
デル株式会社
デル、ベゼル幅7ミリの15.6型画面を備えた2-in-1モバイルWSを発売 デルは9月21日、ノートPCとタブレットの両方に使える“2-in-1”のモバイルワークステーション「Precision 5530 2-in-1」を発売した。価格は31万9980円(税別、配送料込み)から。本製品は、ベゼル幅が7ミリの15.6型4K画面を搭載。Adobe RGBカバー率100%の高色域、コントラスト比は1500:1で、非光沢スクリーンと…
沖電気工業株式会社
OKI、生産現場の作業ミスの削減をプロジェクター映像やカメラで支援 OKIは8月28日、生産現場での組立作業ミスの削減を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム」を発売した。提供開始は10月だ(オープン価格)。本システムでは、プロジェクターを用いて映像による作業誘導を行う(下図参照)。また、カメラを用いて作業者の動作を検知。作業結果をデジタルデータ化し、作業…
日商エレクトロニクス株式会社
日商エレ、企業インフラに潜む脅威の調査・可視化・診断を提供 日商エレクトロニクスは8月14日、企業のICTインフラ内に潜伏した脅威を、ユーザーに代わって調査、診断する「潜伏脅威診断サービス」の提供を開始した。本サービスでは、LAN内のトラフィックを一定期間モニタリングし、隠れたサイバー攻撃などを可視化。LAN内に存在するホストやそのOSの種類に関わらず、潜伏した…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、メモリやCPUを柔軟に拡張できるPOWER9搭載サーバを出荷 日本IBMは、エンタープライズサーバ「IBM Power Systems」の新製品で、POWER9プロセッサを搭載した「E980」「E950」の出荷を順次開始する。今回の新製品は、製品出荷時に予備で搭載済みのCPUやメモリを有効化できる「キャパシティー・オン・デマンド機能」を装備。導入時には最大容量のCPUやメモリを搭載しながら…
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本ヒューレット・パッカード、Webアプリへ生体認証を実装可能に 日本ヒューレット・パッカードは9月25日、多要素認証シングルサインオン製品「IceWall MFA」で、さまざまなWebアプリケーションやクラウドサービスへ、パスワード不要の生体認証でアクセスできる新機能を発売した。今回の新機能では、Windows 10/iOS/Androidの端末で使われる標準的な生体認証(「Windows Hello…
日本電気株式会社
NEC、ワークフローの新製品で顔認証ログインやRPA連携などに対応 NECは10月11日、承認ワークフローシステムの新製品「EXPLANNER/FL II」を発売した。本製品は、日本企業特有の複雑な承認ルートに対応し、プログラムなしで周辺システムと連携できるWeb型ワークフローシステム「EXPLANNER/FL」の後継製品だ。主な特長は3つ。1つ目は、顔認証との連携によりセキュリティが強化された…
株式会社日立製作所
日立、サイバー攻撃検出時のアラート評価をAIで自動判定可能に 日立製作所は10月12日、「セキュリティ監視業務効率化AIソリューション」の提供を開始した。サイバー攻撃が検出された時に通知されるアラートのインシデント評価を、AI(人工知能)が自動で判定する。価格は個別見積もり。本ソリューションでは、セキュリティ技術者の知見や過去のアラートのインシデント評価結果を…
富士通株式会社
富士通、公共工事費の積算誤りの可能性をAIで検知可能に 富士通は10月11日、自治体向けに、公共工事の設計と積算を支援するソフトウェア「ESTIMA」に、工事費の設計積算(見積もり)データの誤りの可能性がある箇所を検知して通知する機能を追加した。本ソフトウェアでは、公共工事に必要となる材料や機材、およびその数量を算出し、工事費総額の積算や設計書の作成支援を…
株式会社ネットワールド
ネットワールド、未知のマルウェアも見つけるCb Defenseの運用を支援 ネットワールドは、Carbon Blackが提供するエンドポイントセキュリティ製品「Cb Defense」の運用支援サービスの提供を開始した。本製品は、未知のマルウェアやファイルレス攻撃も検出できる。エンドポイントのセンサーから送られてくる大量のログデータをクラウド基盤上で解析。ビッグデータの解析技術の1つである…
株式会社アイティフォー
ITFOR、ECサイト構築パッケージで楽天IDを用いた会員登録に対応 アイティフォーは、ECサイト構築パッケージ「ITFOReC 3.0」で、楽天の会員IDの情報を用いて容易に会員登録を行える「楽天ID Connectオプション」との標準連携を開始する。楽天ID Connectオプションは、楽天IDを活用したオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」のオプション機能だ。客が新規会員登録…
パンドウイットコーポレーション日本支社
パンドウイット、工場などの監視センサーを無線で容易に配置可能に パンドウイットコーポレーション日本支社は、工場や倉庫、店舗内のデータの収集や視覚化を低コストで導入できる「SynapSense 920MHz ワイヤレス監視システム」を発売する。温度や湿度、振動などのセンサーによって構成される本システムは、無線接続により場所を問わず配置できる。また、取得したデータは、グラフや…
イージェネラ株式会社
イージェネラ、インフラ統合管理ソフトウェアの新版を発売 イージェネラ株式会社は、インフラ統合管理ソフトウェア「PAN Manager 8.0」を発売した。「PAN Manager」は、仮想化によりデータセンターを簡素化する統合ソリュ−ションで、同社の「BladeFrame」に加え、富士通・HP・NEC・IBMのブレードサーバで利用できるようにプラットフォームの拡張を図ってきた。異機種間の…
マクニカネットワークス株式会社
マクニカネットワークス、製造業に特化したデータ分析基盤を提供 マクニカネットワークスは9月4日、製造業向けのデータ分析プラットフォーム「EMV License」「EMA License」の提供を開始した。Sight Machineが提供する本プラットフォームでは、製造現場のさまざまなデータをひも付けて、一元的に管理、可視化、分析できる。マシンサイクル、プロセス挙動、部品特性などといった、…
日本SGI株式会社
日本SGI、Xeon v3を搭載した共有メモリ型サーバー4機種を出荷 日本SGI株式会社は、新しいXeon v3プロセッサを搭載した共有メモリ型サーバーのハイエンド新製品「SGI UV 3000」の出荷を9月(予定)に開始するほか、エントリー新製品「SGI UV 30」の出荷を開始した。また、既存のミッドレンジ製品「SGI UV 300」「SGI UV 30EX」に同プロセッサを搭載して性能強化した新モデルの出…
レノボ・ジャパン株式会社
レノボ、Android 8.1と8コアCPUの小型軽量10.1型タブレットを発売 レノボ・ジャパンは9月26日、10.1型タブレット「Lenovo Tab P10」を発売した。価格は、Wi-Fiモデルが3万4800円(税別)、LTEモデルが3万7800円(税別)から。本製品は、外形寸法が約242×167×7ミリ、重さが約440グラムと小型軽量だ。OSはAndroid 8.1、CPUは8コアの「Qualcomm SD450」を搭載している。また、バッ…
株式会社日本ネットワークストレージラボラトリ
提携:JNSLなど、2uで最大512コア搭載できるサーバの受注を開始 株式会社日本ネットワークストレージラボラトリ(JNSL)とタイレラ・ジャパンは協業し、台湾クアンタコンピュータ社が製造する、メニーコアサーバ「QSSC-X5-2Q」の受注を開始する。「QSSC-X5-2Q」は、米国TILERA社のTilePro64 CPUを最大8基まで搭載でき、2u(1u=44.45mm)で512コアを搭載できる。主に、データセン…
株式会社クォーレスト
クォーレスト、第7世代Core/Xeon搭載のRAIDタワーサーバを発売 クォーレストは、SOHO/ワークグループ向けの8ドライブRAIDタワーサーバ「Omni-1221E」シリーズを6月に発売する。「LGA1151」ソケットの第7世代「Core-i3」または「Xeon E3-1200v6ファミリー」CPUを搭載できる。本製品は、工具不要でドライブを交換できる8台の6Gbps 3.5インチ・ホットスワップ対応トレーレス・リ…
スケーラブルシステムズ株式会社
SSTC、Intel最新CPUを搭載したオーバークロックサーバやWSを発売 スケーラブルシステムズ(SSTC)は、Intelの最新プロセッサを搭載したサーバとワークステーション(WS)を発売する。今回発売されるのは、サーバ「ORION HF(High Frequency)」「ORION RS(Rack Server)」「ORION SS(Scalable Server)」とワークステーション「KRONOS」。搭載されるCPUは、Xeonスケーラブルプ…

ページトップへ