企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

タブレット の 企業情報

KDDI株式会社
KDDI、IoT向けに省電力・広域・安価なLTEモバイル通信を提供 KDDIは2018年1月、携帯電話網を活用したIoT向け通信サービス「KDDI IoTコネクト LPWA(LTE-M)」の提供を開始する。価格(税別)は、契約が500万回線を超える場合で1回線あたり月額40円から(1回線の場合は月額100円から)。本サービスは、既存の4G LTEネットワークで利用できるため、広いエリアで安定的な通信が…
NTTテクノクロス株式会社
NTTテクノクロス、特権ID管理の新版でAWS対応や海外拠点管理を強化 NTTテクノクロスは2018年1月19日、特権ID管理ツールの新バージョン「iDoperation Version 2.0」を発売する。今回の新バージョンの主な強化点は4つ。1つ目は、クラウド基盤「AWS(アマゾン ウェブ サービス)」への対応の強化だ。AWS上のLinuxサーバに対してもID管理やアクセス制御を行えるよう、AWS上のLinuxで標…
株式会社NTTドコモ
ドコモ、IoT向けに月額400円からのモバイルデータ通信を提供 NTTドコモは10月2日、モバイルデータ通信サービスで、IoT向け新料金プランの提供を開始する。今回の新プランは、低速利用向けの「IoTプラン」と高速利用向けの「IoTプランHS」の2種類。前者は、センサーを使った温度の計測結果を一定間隔で取得するなどの小容量データ利用を想定しており、通信速度は送受信とも最…
SAPジャパン株式会社
SAPジャパン、SAP BW/4HANAを基盤に事業計画や連結を統合可能に SAPジャパンは、ビジュアル化を組み込んだ、事業計画と連結の単一統合アプリケーション「SAP Business Planning and Consolidation(SAP BPC)11.0,version for SAP BW/4HANA」の一般提供を6月26日に開始した。本アプリケーションは、事業計画や予算編成、予測、財務連結とレポートなど、ミッションクリティカル…
アドビ システムズ 株式会社
アドビ、2016年第3四半期の決算を発表 アドビは、2016年度第3四半期(6月4日から9月2日)の決算を発表した。アドビの収益は、過去最高となる14億6000ドルで前年同期比20%増だったとしている。GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は0.54ドルで、Non-GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は0.75ドルだった。デジタルメディア分野の収益は、過去…
アルプス システム インテグレーション株式会社
ALSI、Webフィルタリングの新版で未知の脅威への対応などを強化 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は11月30日、Webフィルタリングソフトの新版「InterSafe WebFilter Ver. 9.0」を発売する。今回の新版の主な特長は2つ。1つ目は、2つのエンジンを用いた判定により、未知の脅威への対応を強化したことだ。従来のフィルタリング用URLデータベースに加え、第2のエンジ…
インフォテリア株式会社
インフォテリア、EAIソフトでNetSuiteとの連携アダプターを提供 インフォテリアは、EAI/ESB(企業データ連携)ソフト「ASTERIA WARP」と、ネットスイートのクラウド型統合業務アプリケーション「NetSuite」とを連携する「NetSuiteアダプター」の提供を8月17日に開始した。価格は月額2万円から(税別)。本アダプターでは、RDB連携と同等のSQLを利用してNetSuiteと連携できる。ま…
ウチダエスコ株式会社
エプソンダイレクト株式会社
エプソンダイレクト、液晶解像度を選べる15.6型ノートPCを発売 エプソンダイレクトは11月7日、15.6型液晶を搭載したビジネスノートPC「Endeavor NJ4100E」の受注を開始した。本製品では、用途や予算に合わせたシステム構成を選べるBTO(Built To Order)メニューが用意されている。液晶画面の解像度は、文字などが見やすいHD(1366×768ピクセル)または作業領域が広いフルHD…
エプソン販売株式会社
エプソン、建設業の会計業務を効率化するクラウドサービスを発売 エプソンは、建設業向けクラウドサービス「Weplat財務応援R4工事台帳」を7月11日に発売する。利用料は年額5万円(税別)。本サービスでは、日々の仕訳入力から工事台帳の作成までを容易に行え、会計業務の効率化や省力化が図れる。仕訳入力画面は、現金出納帳・売掛帳などの帳簿や入出金伝票などの伝票類のレイアウ…
エムオーテックス株式会社
MOTEX、外部脅威・内部不正対策や残業抑制が可能な管理製品を提供 エムオーテックスは12月13日、統合型エンドポイント管理ツールの最新バージョン「LanScope Cat Ver.9.0」をリリースする。本製品は、IT資産管理や内部不正対策、外部脅威対策などの機能を搭載している。今回の新バージョンでは、ログ運用を強化し、ログ運用を中心とする統合管理を可能にした。主な強化点は3つ。1つ…
サイバネットシステム株式会社
サイバネット、光デバイス・光通信システム設計環境の新版を発売 サイバネットシステムは10月18日、光デバイス・光通信システム設計環境「RSoft」の新バージョン(2017.09)を発売した。Synopsysが開発する本製品は、光デバイス設計解析ソフトウェア群「RSoft Photonic Component Design Suite」と光システム設計解析ソフトウェア群「RSoft Photonic System Design Suite」で構成…
シャープ株式会社
シャープ、狭額縁70V型と高輝度70V/60V型のディスプレイを発売 シャープは、インフォメーションディスプレイ2機種3モデルを3月下旬から順次発売する。オープン価格。今回発売するのは、複数のディスプレイを組み合わせて大画面を構成するマルチディスプレイ用の70V型「PN-V701」と、ワイヤー吊り下げや水平設置など柔軟に設置できる高輝度の70V型/60V型「PN-R706/PN-R606」。…
ソニーマーケティング株式会社
ソニー、タブレットとしても使える11.6型ワイドノートPCなど発売 ソニーは、PC「VAIO」の法人向け新機種を2月22日(予定)から順次発売する。今回の新機種では、液晶を裏返すことでタブレットとしても使用できる11.6インチワイド液晶ディスプレイ搭載ノートPC「VAIO Fit 11A」が追加される。操作性の高いキーボードやマルチフリップヒンジが採用され、コンパクトで気軽に持ち運べ…
株式会社ソリトンシステムズ
ソリトン、標的型攻撃に対するCSIRT/SOCでの脅威ハンティングを支援 ソリトンシステムズは、EDR(エンドポイント検知・対策)製品「InfoTrace Mark II for Cyber」のログ分析エンジンとして、「InfoTrace Mark II Analyzer」の出荷を11月下旬以降に開始する予定だ。価格は中規模モデルで398万円(税別)。本製品は、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)やSOC(Securi…
デル株式会社
デル、第7世代クアッドコアCPUを搭載した15.6型ノートPCを発売 デルは9月22日、ビジネス向けの15.6型ノートPC「New Vostro 15 7000(7570)」を発売した。価格は9万9980円(税別、送料込み)から。本製品は、インテルの第7世代クアッドコアプロセッサを搭載しているほか、作業時にグラフィックスを多用するタスクを処理できるよう、グラフィックスカード「NVIDIA GeForce GTX…
トレンドマイクロ株式会社
トレンドマイクロ、SDNと連係するセキュリティ製品の新版を提供 トレンドマイクロは、ソフトウェアによるネットワーク制御技術(Software-Defined Networking:SDN)と連係するセキュリティ製品「Trend Micro Policy Manager 2.5」の提供を8月初旬に開始する。本製品では、ネットワーク上の複数の監視ポイントで、同社のセキュリティ製品が検知したイベントを契機に、SDNとの連…
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフト、2-in-1 PCにLTE-Advanced対応モデルを追加 日本マイクロソフトは、タブレットやノートPCとして利用できる「Microsoft Surface Pro」に、高速モバイル通信規格「LTE-Advanced」に対応したモデルを追加し、法人向けに12月8日に発売する。先行受注は11月1日に開始されている。今回の新モデル「Surface Pro LTE Advanced」は、最大450Mbpsのスループット(理論…
マイクロフォーカス株式会社
マイクロフォーカス、COBOL統合開発環境製品を強化 マイクロフォーカス株式会社は、COBOL統合開発環境製品「Micro Focus Visual COBOL」のサポートプラットフォームに、IBM Power Systems上のLinux(Linux on Power)を追加し、出荷を5月20日に開始する。「Micro Focus Visual COBOL」は、COBOLソースを様々なプラットフォームに展開可能にし、開発時にはMicrosoft V…
株式会社リコー
リコー、異なる機器や環境からも接続できるビデオ会議製品を提供 リコーは10月27日、さまざまな環境や機器からの相互接続が可能な、仮想会議室タイプのビデオ会議システム「RICOH Unified Communication System Advanced」を発売する。本システムでは、同時に50接続まで可能な仮想会議室をクラウド上に開設できる。専用のIDを持っていなくてもゲスト招待により参加できるため、頻…

ページトップへ