企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

スマートフォン の 企業情報

ゼブラ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社
モトローラ・ソリューションズ、タッチコンピュータ等の受注開始 モトローラ・ソリューションズ株式会社は、Androidを搭載した業務用タッチ式モバイルコンピュータ「TC55」の受注を3月17日に、UHF帯RFIDに対応したリーダ「RFD5500」の受注を4月1日に開始する。価格はいずれもオープン価格。「TC55」は、3G携帯網に対応し、4.3インチ高解像度タッチスクリーンを搭載したポケット…
株式会社リコー
リコー、VR端末で閲覧中の360度映像をPCなどで同時閲覧可能に リコーは、不動産や観光・宿泊業での接客など向けに、VR(バーチャルリアリティー)端末で閲覧している360度の映像をPCなどで同時に閲覧できるサービス「RICOH360 - VR Presenter」の提供を開始する。本サービスでは、全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した360度のイメージをユーザーのWebサイトで動的に表示する…
沖電気工業株式会社
OKI、水上から沿岸への不審者侵入などをリアルタイムに検出可能に OKIは12月11日、水上や水中から沿岸の重要施設への不審物や不審者の侵入をリアルタイムに検知する「水中音響沿岸監視システム」の評価キットの提供を開始した。価格は200万円(税別)から。本システムは、水中に設置する音響センサー装置(複数の監視ブイ)と、陸上に設置するモニタリングシステムで構成される。…
丸紅情報システムズ株式会社
MSYS、ネットワークセキュリティの受託運用サービスを発売 丸紅情報システムズ(MSYS)は、企業のネットワークセキュリティ対策を一括して受託、運用するサービス「MSYS Security Keeper」を発売する。価格は、基本サービスが月額7万円〜。MSYS Security Keeperの基本サービスでは、UTM(統合脅威管理)機器のレンタルと設置、初期設定、導入サポート、導入後の設定変更(ポ…
京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCS、クラウドの利用を把握・追跡・制御するセキュリティを提供 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、Netskopeが提供する、クラウド利用時のセキュリティ向上を支援するサービス「Netskope」の提供を開始した。利用者とクラウドサービスの間の通信内容を基に、クラウドサービスの利用を把握・追跡・制御できる。本サービスでは、約2万種類のクラウドサービスを判別し、…
兼松エレクトロニクス株式会社
提携:KELとDMM.com、3Dプリンティングサービスを開始 兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)と株式会社DMM.comは協業し、3Dプリンティングサービスを開始した。今回開始されたサービスは、3Dプリンターメーカ/機種/出力方式/サイズを問わない造形サービス。EC(E-Commerce)サイトで24時間オンラインで受発注できる。今後、3D-CADデータ変換や3Dプリンター用のデータ…
兼松コミュニケーションズ株式会社
KCS、ICカードで交通費を精算・集計・管理できるサービスを提供 兼松コミュニケーションズ株式会社(KCS)は、携帯電話の総合管理サービス「KCS Motion」に、ICカードを用いて交通費を精算できるサービス「IC交通費精算」を追加した。「IC交通費精算」は、鉄道・バスなどの交通系ICカードに記録された利用日付・利用路線・乗降駅・料金を読み取り、企業の組織体系に沿ってデータ…
キヤノンITソリューションズ株式会社
キヤノンITS、Webアプリ自動生成ツールをテスト自動実行などに対応 キヤノンITソリューションズは5月8日、Webアプリケーション自動生成ツールの新版「Web Performer V2.2」を発売した。本ツールでは、直感的な操作で開発を行え、属人性を排除し安定した品質のWebアプリケーションを自動で生成できる。今回の新版の主な特長は2つ。1つ目は、手間のかかるテストを自動で実行でき、開…
西日本電信電話株式会社
NTT西日本、ICT環境のセキュリティ対策から運用まで一元的に支援 NTT西日本は、さまざまな規模や業種の企業ニーズに対応するセキュリティサービスの提供を9月1日から順次開始する。ICT環境の高度なセキュリティ対策から運用までを一元的に支援する。今回の新サービスは2つ。1つ目の「Bizひかりクラウド セキュリティ」では、セキュリティ多層防御や24時間365日の運用監視といっ…
大日本印刷株式会社
DNPなど、不妊治療用システムで画像解析により受精を自動検出可能に 大日本印刷(DNP)とアステック、浅田レディースクリニックの3社は共同で、不妊治療用の「次世代型タイムラプスインキュベーターシステム」を開発した。アステックが7月1日に発売する。本システムは、不妊治療時の受精卵に適した培養環境に加え、受精卵の発育状況を撮影して記録し、画像解析ソフトにより受精を自動…
インフォコム株式会社
インフォコム、紙の帳票をERP「GRANDIT」に自動で取り込み可能に インフォコムは6月、ERP「GRANDIT」のオプションとして、「紙帳票の自動取込ソリューション」の提供を開始した。価格は200万円から。本ソリューションでは、取引先から紙で受領する帳票をデータ化し、同ERPに容易に入力することができる。具体的には、注文書や請求書など、さまざまな様式の紙帳票を複合機などで…
東京システムハウス株式会社
TSH、クラウドでデータ暗号化しスマホで閲覧できるサービス発売 東京システムハウス株式会社(TSH)は、スマートフォン端末内にデータを残さずクラウド上に保存する“クラウド運用”で、クラウド上のデータを自動的に暗号化し、スマートフォンで安全に閲覧できるようにするサービス「K2filemanager Cloud Edition(K2FMCE)」を7月3日に発売する。iOS対応版は7月末ごろ発売され…
株式会社東芝
東芝、仮想試着アプリにアプリ連係機能を追加 東芝は、スマートフォンなどのモバイル端末上で仮想試着を体験できるアプリ「Coordinate Plus」(iOS版/Android版)に、別のアプリとの連係機能を追加した。本機能を用いたアプリ試着サービスでは、利用者が仮想試着を行う際、オンラインショッピングサイトの商品紹介画面から、自動的にCoordinate Plusを起動す…
東日本電信電話株式会社
提携:NTT東日本など、小売店舗向け万引き防止AIサービスを提供 NTT東日本とアースアイズは提携し、小売店舗向けの万引き防止サービス「AIガードマン」の提供を6月下旬に開始する予定だ。本サービスでは、不審行動を検知できるAI(人工知能)を搭載したカメラが、自律的に映像を解析し、来店客の「うろうろ」「きょろきょろ」などの不審行動を検知。AI搭載のクラウドを経由して…
TIS株式会社
TIS、世界的グループ経営管理の会計統治を強化するクラウドを提供 TISは、グローバルにおけるグループ経営管理の会計ガバナンスを強化するクラウドサービス「ACTIONARISE Governance」の提供を開始する。価格は1社当たり月額10万円(税別)からで、最短1カ月で導入できる。本サービスでは、APIを用いて子会社の取引明細データを自動で収集し、必要な時に、必要な会社から、必要な…
株式会社内田洋行
内田洋行、製造業の生産・原価管理業務のシステム化支援製品発売 株式会社内田洋行は、ERP/基幹業務システム「スーパーカクテル」シリーズで、製造業向けの「スーパーカクテルデュオ生産」「スーパーカクテルデュオ原価」を発売した。「スーパーカクテルデュオ生産」「スーパーカクテルデュオ原価」は、製造業の業態に適応した生産管理・原価管理のシステム化を支援するために開…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、銀行・証券業向け「軽量店舗化ソリューション」を拡充 日本IBM、銀行や証券業界向けに、営業店を起点とした業務改革を支援する「軽量店舗化ソリューション」を拡充し、7月1日に提供を開始する。一日の営業店で発生する業務の大半を人の判断なく自動化し、取引や手続きの時間短縮やオペレーションミスの削減を支援する。本ソリューションでは、顧客ごとのパーソナライズ…
日本オラクル株式会社
日本オラクル、経理・財務向けAIで業務効率向上や迅速な判断を支援 日本オラクルは、人工知能(AI)を搭載した経理・財務向けアプリケーション「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」を発表した。本アプリケーションは、財務や調達、業績管理、発注管理、生産管理など、同社のERPクラウドに含まれる既存アプリケーションの機能を強化するためのものだ。AIや分析を経…
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本ヒューレット・パッカード、仮想化HA自動化パックなどを提供 日本ヒューレット・パッカードは4月16日、中堅・中小企業向けに、Windows OSのファイルサーバを容易にバックアップできる「データ安心パック」と、仮想化基盤の構築を容易かつ短時間で行える「仮想化HA(High Availability)自動化パック」の提供を、パートナーと共同で開始した。データ安心パックは、Windows OS…
合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ
日本ベリサイン、本社移転を発表 日本ベリサイン株式会社は、2012年11月1日にシマンテックグループの一員となり、同グループとの連携を深めるため、今回株式会社シマンテック社と同じビルに移転すると発表した。これを機に事業面でのシナジーを発揮して各種セキュリティサービスを、更に高機能で付加価値の高いものへと発展させていくと伝えている…

ページトップへ