企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

ハンディターミナル の 企業情報

KDDI株式会社
KDDI、オンプレミス同様に使える専有型クラウドサービスを提供 KDDIは10月30日、同社のクラウド基盤サービス「KCPS」で、専有型のサーバサービス「KCPS ベアメタルサーバー」の提供を開始する。オンデマンドでサーバを増減でき、設計の自由度や拡張性に優れている。今回の新サービスでは、ユーザー専有の物理サーバ(ベアメタルサーバ)を提供する。従来の仮想サーバと異なり、…
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
NTTPC、IoT/M2M用モバイル通信の料金プランとSIM運用機能を拡充 NTTPCコミュニケーションズは1月31日、IoT(モノのインターネット)やM2M(機器間通信)向けのモバイル通信サービス「Master’sONEモバイルM2M」で、上り通信に特化した新料金プランと、SIMカード運用管理の新機能の提供を開始した。新料金プランは、画像や監視データなどのアップロードが多く発生する場合に適し…
NTTテクノクロス株式会社
NTT-TX、ネットワーク分離環境でもシステム間のAPI連携を可能に NTTテクノクロスは11月、機密情報を物理的にインターネットとは切り離された環境に置く「ネットワーク分離(インターネット分離)」の環境でも、システム間のAPI連携をリアルタイムに行える製品「Crossway/データブリッジ Enterprise」の提供を開始する(オープン価格)。本製品では、分離環境の一方のネットワー…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータ、金融機関がパブリッククラウドを安全に使えるよう支援 NTTデータは10月12日、「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」や「Microsoft Azure」などのパブリッククラウドを、金融機関が安全に活用するためのサービス「A-gate」の提供を開始した。本サービスでは、パブリッククラウドの導入検討から運用までを一元的に支援する。専門的な知識を持った組織や、安全に利用するた…
株式会社NTTドコモ
ドコモ、金融機関の融資を支援する信用スコアやアプリなどを提供 NTTドコモは、金融機関がドコモ回線の利用者向けに融資サービスを提供するための仕組み「ドコモ レンディングプラットフォーム」の提供を2019年3月に開始する予定だ。本プラットフォームの主な特長は3つ。1つ目は、同社の顧客のサービス利用状況から分析した信用スコアを金融機関が審査に利用できる「ドコモスコア…
株式会社PFU
PFU、紙文書からのデータ抽出をAIで自動化する機能をクラウドで提供 PFUは5月、業務で発生するさまざまな紙文書や帳票を自動的に仕分けて必要な情報を抽出できるクラウドサービス「PFU Smart Capture Service(PSCS)」の提供を開始する。本サービスでは、大量の文書を処理する際の分類やデータ入力、結果確認を、AI技術(ルール定義、機械学習、ディープラーニング)を活用しながら…
SAPジャパン株式会社
SAPジャパン、PaaSで消費ベースの販売モデルとiOS向け新SDKを提供 SAPジャパンは、PaaS(Platform as a Service)「SAP Cloud Platform」で、消費ベースの販売モデルの提供を第2四半期に開始する予定だ。また、iOS向けの最新のSDK「SAP Cloud Platform SDK for iOS」の提供を開始する。消費ベースの販売モデルでは、設定や使用の簡素化が図られている。クラウドクレジットを取得し…
株式会社アイ・オー・データ機器
IODATA、2.5/5/10GBASE-T対応の8ポートスイッチなどを出荷 アイ・オー・データ機器は、最大10Gbpsの高速通信に対応した8ポートのスイッチングハブ「BSH-10G08」の出荷を7月下旬に開始する。価格は8万円(税別)。本製品は、10Gbps(理論値)の通信が可能な10GBASE-Tに対応。同じく10GBASE-Tに対応したサーバや機器と組み合わせることで高速通信が可能になる。また、それぞ…
アクシスソフト株式会社
アクシスソフト、Androidでの入力から印刷までの開発基盤を提供 アクシスソフト株式会社は、Android用業務向けWebプラットフォームの新バージョン「Biz/Browser AI Ver. 1.0.1」の提供を開始した。今回の新バージョンでは、GPS(Global Positioning System)に対応したほか、他アプリケーションと連携するためのインテント機構への対応などが行なわれている。同製品の専用開発環…
アドビ システムズ 株式会社
アドビ、2016年第3四半期の決算を発表 アドビは、2016年度第3四半期(6月4日から9月2日)の決算を発表した。アドビの収益は、過去最高となる14億6000ドルで前年同期比20%増だったとしている。GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は0.54ドルで、Non-GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は0.75ドルだった。デジタルメディア分野の収益は、過去…
株式会社インターコム
インターコム、FAXサーバ上位版を誤送信防止の承認フローに対応 インターコムは4月27日、FAXサーバソフトの最上位版「まいと〜く Center」に、FAX送信時の管理者承認フローを追加する「誤送信防止オプション」を発売した。本ソフトは、大規模なFAX運用に対応できるよう、最大72回線までの拡張や、仮想化/IaaS環境での運用が可能な他、サーバ障害時の復旧を自動化する冗長化機…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、AD機能をクラウドで提供、オンプレミスADとの連携なども可能 IIJは12月中旬、「Active Directory(AD)」の機能をクラウド型で提供する「IIJディレクトリサービス for Microsoft」の提供を開始する。本サービスでは、ADの機能に加え、クラウド基盤「Microsoft Azure」上のADとオンプレミス上のADを連携する「Azure Active Directory Connect」の機能を提供する。利用例として…
アステリア株式会社
インフォテリア、ブロックチェーンを用いた文書改ざん検知を提供 インフォテリアは、文書改ざん検知ソリューションの提供を7月2日に開始する予定だ。本ソリューションでは、ブロックチェーン(分散型台帳技術)とモバイル機器を活用。文書登録時にその真正性を示すデータ(ハッシュ値)をブロックチェーンに記録し、QRコードを使用してスマートフォンなどで容易に改ざんを検知する…
サイバートラスト株式会社
サイバートラスト、WebTrust監査に合格した電子署名用証明書を提供 サイバートラストは、電子契約のための署名用証明書「iTrust 電子署名用証明書」の提供を開始した。本証明書は、融資などの際の契約や、見積書や請求書などの取引関係文書を電子化する際の、当事者の電子的な意思表示に関わる本人性(実在性および同一性)の証明に利用できる。また、会社として公開する文書などの…
エプソン販売株式会社
EPSON、会計事務所が顧問先企業の経営支援を行えるサービスを発売 エプソンは6月11日、会計事務所向けに、顧問先企業の経営支援を行える「Weplat経営支援サービス」を発売する。本サービスは、同社の会計事務所向けシステム「INTER KX 財務会計 R4」「財務顧問 R4 Professional」のユーザー向けのサービスだ。現状の経営状況を把握する過去会計や、将来の経営計画や資金繰りを策定…
株式会社オージス総研
オージス総研、不正アクセス監視を効率化するログ分析クラウドを提供 オージス総研は、日々の不正アクセス監視業務の効率化と、不正アクセスが発見された際の原因の早期究明を支援するクラウドサービス「PCセキュリティログ分析サービス」の提供を開始した。価格は、初期費用、月額費用が各20万円から。本サービスでは、PCの操作やアクセスのログを高速に検索し、分析結果を整理して可…
カシオ計算機株式会社
CASIO、ユーザーが伝票書式を編集できる販売管理システムを発売 カシオ計算機は10月31日、主に食品業向けの販売管理システム「SANBOH(さんぼう)販売管理」を発売した。価格は月額9800円(税別)。本システムは、伝票書式を120種類以上収録するとともに、ユーザーが伝票書式を編集できる機能を搭載。納品先独自の指定伝票にも対応できる。主に外出先で利用する受注入力や在庫確…
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンMJ、信用金庫向けの投資商品販売支援をクラウド型で提供 キヤノンマーケティングジャパンは7月2日、全国の信用金庫向けに、投資商品販売支援システムのクラウドサービス「しんきん預かり資産ナビ」の提供を開始した。本システムの主な特長は4つ。1つ目は営業力を強化できることだ。アフターフォローすべき顧客の抽出を、システムにあらかじめ設定した基準で行え、職員に対…
サイバネットシステム株式会社
サイバネット、CAEソフトをクラウド上で容易に使える環境を提供 サイバネットシステムは9月下旬、CAE(Computer Aided Engineering)ソフトウェアによるシミュレーションをクラウド上で高速に実行するための環境「サイバネットCAEクラウド」を発売する。本サービスの特長は大きく分けて2つ。1つ目は、専門知識不要で利用できる、高速リモートデスクトップと専用ポータルが提供さ…
サイボウズ株式会社
サイボウズ、中・大規模用グループウェアにメンション機能などを搭載 サイボウズは10月22日、中堅・大規模組織向けグループウェア「Garoon」パッケージ版の新版(4.10)を発売した。本製品は、数万人規模での利用にも対応。全社の情報共有に加え、部門や拠点間の壁を越えたコミュニケーションを促進できる。多言語や複数タイムゾーンにも対応し、企業の国際化を支援する。今回の新版で…

ページトップへ