企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

GPS の 企業情報

株式会社野村総合研究所
NRI、ホールセール証券業務バックオフィスソリューションを刷新 野村総合研究所(NRI)は、ホールセール証券会社向けのバックオフィスソリューションを刷新した「I-STAR/CORE」の提供を開始した。新ソリューションでは、リアルタイム性や信頼性、拡張性の向上を図るために、メインフレームで稼働するシステムを廃止し、サーバで稼働するシステムへ刷新した。リアルタイム性の面…
株式会社ハギワラシスコム
ハギワラシスコム、USB1本でバックアップと復元提供する製品発売 株式会社ハギワラシスコムは、ソフトウェアのインストールが不要で、USB1本でパックアップや復元を容易な操作で実行できる「バックアップ&リカバリUSB for Business(16GB/32GB/64GB)」を、発売した。なお、64GBモデルについては、6月下旬の発売が予定されている。価格は、オープン価格となっている。「バック…
凸版印刷株式会社
凸版印刷など、AIで見込み客を抽出しDM発送や電話発信まで提供 凸版印刷とアイズファクトリーは、機械学習を活用した購買データ分析による見込み度(予測反応確率)の高い客の抽出を基に、DM制作・発送を行う「AI-DM」とアウトバウンドコール(電話発信)を実施する「AI-コール」の提供を6月に開始する。両サービスでは、客1人1人の過去の購買実績や会員属性などのデータを活用…
ノキア・ジャパン株式会社
ノキア、ブランチオフィス/小規模向けセキュリティ機器を発売 ノキア・ジャパン株式会社は、ブランチオフィス/小規模企業向けに、Check Point社のUTM(統合脅威管理)ソリューションをコスト効率に優れたプラットフォームで提供するIPセキュリティアプライアンス製品「Nokia IP290」を、7月中旬より発売する。価格は、88万8000円からとなっている。「IP290」は、2分の1ラック…
株式会社アシスト
アシスト、BIの新版でポータル機能を強化、知見や洞察を共有可能に アシストは12月25日、BI「WebFOCUS」の新版(8.2)の提供を開始した。Information Buildersが開発する本製品は、全社的な情報活用の最適化と定着を支援するBIプラットフォームだ。社内の経営層やアナリスト、現場の業務担当者に加え、社外の顧客やパートナーまで、さまざまな利用者が情報を活用できる。新版では、…
株式会社コア
提携:コアなど、検知と分析の連係でサイバー攻撃対策を支援 コアとアズビルセキュリティフライデーは協業し、検知と分析の連係でサイバー攻撃対策を支援する「サイバー攻撃分析ソリューション」をリリースした。本ソリューションでは、攻撃を検知するアズビルセキュリティフライデーの「VISUACT-X」と、コアの可視化分析ツール「Analyst’s Notebook for VISUACT-X」を連係…
国際航業株式会社
国際航業、Google Maps API Premierを企業/官公庁向けに提供 国際航業株式会社は、「Google Maps API Premier」の販売パートナー契約、及び「Google Enterprise Partner」のGoogle Maps API開発パートナー契約をGoogleと締結し、企業/官公庁向けにサービス提供を、開始した。「Google Maps API Premier」では、企業内/庁内イントラネットなどの社内利用や、商業利用に向け…
株式会社日立システムズエンジニアリングサービス
HISYS-ESなど、機密情報を国内外へ安全・高速・安価に転送可能に 日立システムズエンジニアリングサービス(HISYS-ES)は、日立システムズと連携し、CADなどの設計図面データや機密情報を国内外の拠点へ安全・高速・低コストで転送できる「グローバル安全データ転送サービス」の提供を10月に開始する。価格は個別見積もり。本サービスは、両社が開発した高速データ転送ソフトウェ…
株式会社ジェーエムエーシステムズ
JMAS、高セキュリティのボイスレコーダアプリのクラウド版を提供 ジェーエムエーシステムズ(JMAS)は、セキュリティに優れた、スマートデバイス向けボイスレコーダアプリケーション「KAITO セキュアレコーダ on Cloud」の提供を7月末に開始した。「KAITO セキュアレコーダ」は、スマートフォンやタブレットで録音したデータを簡単・安全・確実にサーバへ転送でき、スマートデバ…
ジャパンシステム株式会社
ジャパンシステム、認証ソフトの新版で文科省ガイドラインに対応 ジャパンシステムは、認証ソフトウェア「ARCACLAVIS Ways」の新バージョン(V6.1)をリリースする。本ソフトウェアは、IDとパスワードを用いた従来の認証を、ICカードや生体情報(顔、指静脈)、ワンタイムパスワードを用いた多要素認証に置き換え、利用者認証を強化する。またシングルサインオンで、業務アプリケ…
株式会社電通国際情報サービス
提携:ISIDなど、金融機関向けリスク管理ソリューションを提供 電通国際情報サービス(ISID)とニューメリカルテクノロジーズは提携し、金融機関のリスク管理業務の高度化や効率化を支援するソリューションの提供を開始する。本ソリューションでは、パッケージソフトウェアの導入から、RPA(Robotic Process Automation)の活用も含む最適な業務プロセスの構築と定着まで、包括…
株式会社東京システム技研
TSL、位置情報を活用したスマホアプリ作成サービスを開始 株式会社東京システム技研(TSL)は、スマートフォン位置情報活用基盤「LBaaS」(Location Backend as a Service)を使用した、スマートフォンアプリの作成サービスを開始する。「LBaaSスマートフォンアプリ作成サービス」では、位置情報の有効活用(位置連動情報配信・動線データ分析)を図れるほか、地図やカメ…
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク、ロボット「Pepper for Biz」を用いた決済を可能に ソフトバンクは、法人向けロボット「Pepper for Biz」による決済を可能にするサービス「レジ for Pepper」の提供を2018年1月以降に開始する予定だ。申し込み受け付けは12月4日に開始する。本サービスは、注文の受け付けから決済までをロボットが行えるようにするもので、日本語、英語、中国語での客対応が可能だ。…
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
NTT-AT、電子署名「DocuSign」をASP型で提供、RPAとの連携も可能 NTTアドバンステクノロジは2月15日、電子署名プラットフォーム「DocuSign」のASP型での提供を開始する。価格は個別見積もり。DocuSignは、時間や場所、端末に関係なく、クラウドで文書を送信、署名、追跡、保存できるため、承認作業のペーパーレス化が図れる。また、企業情報をデジタル化することで、「いつ、誰が…
株式会社パスコ
パスコ、「帰宅支援マップサービス」を全国版ASP方式で提供 株式会社パスコは、「帰宅支援マップサービス」をリニューアルし、全国版ASP方式での提供を、開始した。「帰宅支援マップサービス」は、大地震など広域災害が発生した場合の徒歩帰宅ルートをシミュレーションし、ルート情報/各種支援施設情報などを事前に把握できるサービス。インターネットに接続したPC上で出発…
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
富士通SSL、IoT/組み込み機器向けのマルウェア対策ソフトを出荷 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは2018年2月1日、IoT機器や組み込み機器のメーカー向けに、マルウェア対策ソフトウェア「WhiteSec」の出荷を開始する。価格は個別見積もり。本ソフトウェアの主な特長は4つ。1つ目は、未知のマルウェアの活動を阻止できることだ。あらかじめホワイトリストに登録されたプログ…
株式会社富士通システムソリューションズ
Fsol、組立業の販社機能サポートする販売管理ソリューション提供 株式会社富士通システムソリューションズ(Fsol)は、組立製造業向けの販売管理ソリューション「WebSERVE smart 組立製造業販売管理ソリューション」の提供を開始した。「WebSERVE smart 組立製造業販売管理ソリューション」では、組立製造業、特に販社機能を備えた受発注、在庫、輸出入、債権債務業務をサポート…
クオリカ株式会社
クオリカ、法令順守チェックも可能なシフト・勤怠管理製品を提供 クオリカは9月29日、法令を順守した勤怠管理が可能なシフト管理システム「TimeManagementQUBE」の提供を開始した。本システムでは、スマートフォンやタブレットを活用して、パートやアルバイトなど従業員の希望シフトを容易に収集でき、マネジャーによるシフト作成を効率化できる。欠員時に他のオフィスや店舗から…
日通システム株式会社
日通システム、労務コストの把握で生産性向上を図れるERPを発売 日通システム株式会社は、労務コストを把握することで生産性向上を図れる『勤次郎Enterprise「労務コストマネジメントシステム」』を5月末日に発売する。『勤次郎Enterprise「労務コストマネジメントシステム」』は、「勤次郎Enterprise」(就業/給与)のデータを基に、正確な労務コストを把握し、将来の給与金額…
オートデスク株式会社
オートデスク、BIMデータから簡単に3Dを作成できるクラウド発売 オートデスクは、BIMソフトウェア「Autodesk Revit」のBIMデータから、バーチャルリアリティ(VR)などに使用できる3Dインタラクティブコンテンツを簡単な操作で作成できるクラウドサービス「Autodesk LIVE」を9月下旬に発売する。Autodesk LIVEを利用することで、建設プロジェクト関係者・施主・利用者などが完成…

ページトップへ