企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

その他物理セキュリティ関連 の 企業情報

KDDI株式会社
KDDI、Windows 10 April 2018 Updateのモバイル通信プランに対応 KDDIと沖縄セルラーは、モバイル通信において必要な時に必要な分だけデータ量をチャージできるプリペイドプラン「LTEデータプリペイド」で、「Windows 10 April 2018 Update」の新サービス「モバイル通信プラン」に6月21日から対応する。この「モバイル通信プラン」では、eSIM(機器に組み込まれるSIMカード)に対…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータ、介護施設向け見守りロボットサービスを提供 NTTデータは6月14日、介護施設向けに、見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始した。本サービスでは、高齢者のベッドサイドに設置したセンサーとロボットが連動し、高齢者の状態検知や介護スタッフへの通知、ロボットからの声掛けを行える。また、ロボットとの会話によって高齢者のコミュニケーションを…
株式会社NTTドコモ
ドコモ、タクシーの乗車需要をAIで予測して運行を効率化可能に NTTドコモは2月15日、タクシー事業者向けの乗車需要予測サービス「AIタクシー」の提供を日本全国で開始した。本サービスでは、現在から30分後までの未来のタクシー乗車需要の予測結果などのデータをオンラインで配信する。タクシーの運行データ(乗降の場所や日時など)や気象、周辺施設情報などさまざまなデータに…
SAPジャパン株式会社
SAPジャパン、PaaSで消費ベースの販売モデルとiOS向け新SDKを提供 SAPジャパンは、PaaS(Platform as a Service)「SAP Cloud Platform」で、消費ベースの販売モデルの提供を第2四半期に開始する予定だ。また、iOS向けの最新のSDK「SAP Cloud Platform SDK for iOS」の提供を開始する。消費ベースの販売モデルでは、設定や使用の簡素化が図られている。クラウドクレジットを取得し…
株式会社アイエスエイ
ISA、陶芸窯向けの遠隔温度監視システムを強化 アイエスエイは、陶芸窯に対応した遠隔温度監視システム「窯おんど+Plus」の出荷を11月末に開始する予定だ。価格は7万9800円(税別)。電気窯に加え、ガス窯や灯油窯、工業炉などでの作陶や管理作業などの効率化を支援する。「窯おんど」は、陶芸窯の温度を工房から離れた母屋内で、Wi-Fiを通じてスマートフォン…
EMCジャパン株式会社
EMCジャパン、標的型攻撃対策の新版でインシデント調査を効率化 EMCジャパンは、セキュリティ対策チーム向けの標的型攻撃対策製品「RSA NetWitness Logs」「RSA NetWitness Packets」の新版(バージョン11)を10月31日に発売する予定だ。分析に必要な情報を自動的に収集し、時系列で視覚化することができる。今回の新版では、インシデントを迅速かつ正確に調査するために、イベン…
キヤノン株式会社
キヤノン、画質・速度向上したカラープロダクションプリンタ発売 キヤノンは、画質と生産性を向上させたプロダクションプリンタ2機種「imagePRESS C850/C750」を10月3日に発売する。imagePRESS C850は毎分85枚、C750は毎分75枚(いずれもA4ヨコ)の高速出力を達成したプロダクション市場向けカラー機。従来機種のC800/C700に比べ、画質と生産性が向上しているほか、長時間安定的…
株式会社センチュリー
センチュリー、パスワード入力ボタン付きUSBメモリの16GB版を発売 センチュリーは、パスワード入力型セキュリティUSBメモリ「Lock U」に16GBモデル「CSUL16G」を追加し、2月中旬に発売する(オープン価格)。本製品では、最大15桁のパスワード設定と暗号化(AES 256bit)でデータを保護できる。USBメモリ本体に装備されたボタンで直接パスワードを入力する方式を採用し、アプリケ…
株式会社パシフィックネット
パシフィックネット、MVNOサービスにセキュリティコンテンツ追加 株式会社パシフィックネットは、株式会社2Bで、「Bizmoあんしんサービス」を2月に開始する。「Bizmoあんしんサービス」は、Windowsを搭載したタブレット型PCなどのスマートデバイスを通信SIMとセットで提供している、2Bの法人向け通信サービス「Bizmo」のオプションサービスで、月額課金制で提供され、1サービス単…
株式会社バッファロー
バッファロー、自治体向けネットワーク管理ソフトを出荷 バッファローは、自治体向けのネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT/LW」の出荷を7月上旬に開始する予定だ。価格は24万8000円(税別)。本製品は、同社製の法人向け無線LANアクセスポイントやスイッチ、管理者・RAID機能搭載NASを集中管理できる。災害発生時に無線LANを開放する「緊急時モード」への切り替え機…
沖電気工業株式会社
OKI、水上から沿岸への不審者侵入などをリアルタイムに検出可能に OKIは12月11日、水上や水中から沿岸の重要施設への不審物や不審者の侵入をリアルタイムに検知する「水中音響沿岸監視システム」の評価キットの提供を開始した。価格は200万円(税別)から。本システムは、水中に設置する音響センサー装置(複数の監視ブイ)と、陸上に設置するモニタリングシステムで構成される。…
丸紅情報システムズ株式会社
MSYS、ネットワークセキュリティの受託運用サービスを発売 丸紅情報システムズ(MSYS)は、企業のネットワークセキュリティ対策を一括して受託、運用するサービス「MSYS Security Keeper」を発売する。価格は、基本サービスが月額7万円〜。MSYS Security Keeperの基本サービスでは、UTM(統合脅威管理)機器のレンタルと設置、初期設定、導入サポート、導入後の設定変更(ポ…
京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCS、クラウドの利用を把握・追跡・制御するセキュリティを提供 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、Netskopeが提供する、クラウド利用時のセキュリティ向上を支援するサービス「Netskope」の提供を開始した。利用者とクラウドサービスの間の通信内容を基に、クラウドサービスの利用を把握・追跡・制御できる。本サービスでは、約2万種類のクラウドサービスを判別し、…
株式会社構造計画研究所
KKE、組織内部での不正通信を早期に発見可能にするソフトを発売 構造計画研究所(KKE)は6月12日、組織内部での不正通信の早期発見が図れるネットワーク監視ソリューション「CyNote」を発売した。通信トラフィックの可視化や、ライブネットの分析による不正通信検知、インシデント発生時のトラフィック再現を通じて、脅威への“気付き”を提供する。本ソリューションは、情報通信…
キヤノンITソリューションズ株式会社
キヤノンITS、Webアプリ自動生成ツールをテスト自動実行などに対応 キヤノンITソリューションズは5月8日、Webアプリケーション自動生成ツールの新版「Web Performer V2.2」を発売した。本ツールでは、直感的な操作で開発を行え、属人性を排除し安定した品質のWebアプリケーションを自動で生成できる。今回の新版の主な特長は2つ。1つ目は、手間のかかるテストを自動で実行でき、開…
パナソニック株式会社
パナソニック、4コアCPU・光学ドライブ搭載で1.25キロの14型PCを発売 パナソニックは6月15日、モバイルPC「レッツノート」の「LV7」シリーズ(法人向け・個人店頭向け)を発売する(オープン価格)。本シリーズは、クアッドコア(4コア)の第8世代Coreプロセッサを搭載。14.0型の画面を備え、光学式ドライブを内蔵しながら、重さが約1.25キロに抑えられている(一部モデル)。また、76…
パナソニック システムネットワークス株式会社
PSN、MCU内蔵で最大24地点接続が可能なビデオ会議システムを発売 パナソニック システムネットワークス(PSN)は、ビデオ会議システム「HD映像コミュニケーションシステム」の新モデル「KX-VC2000J」を12月2日に発売する。オープン価格。本製品は、多地点接続システムMCU(マルチコネクションユニット)を標準で内蔵する。16地点接続機能を標準搭載し、オプションで24地点まで拡…
大日本印刷株式会社
DNPなど、不妊治療用システムで画像解析により受精を自動検出可能に 大日本印刷(DNP)とアステック、浅田レディースクリニックの3社は共同で、不妊治療用の「次世代型タイムラプスインキュベーターシステム」を開発した。アステックが7月1日に発売する。本システムは、不妊治療時の受精卵に適した培養環境に加え、受精卵の発育状況を撮影して記録し、画像解析ソフトにより受精を自動…
インフォコム株式会社
インフォコム、紙の帳票をERP「GRANDIT」に自動で取り込み可能に インフォコムは6月、ERP「GRANDIT」のオプションとして、「紙帳票の自動取込ソリューション」の提供を開始した。価格は200万円から。本ソリューションでは、取引先から紙で受領する帳票をデータ化し、同ERPに容易に入力することができる。具体的には、注文書や請求書など、さまざまな様式の紙帳票を複合機などで…
東日本電信電話株式会社
提携:NTT東日本など、小売店舗向け万引き防止AIサービスを提供 NTT東日本とアースアイズは提携し、小売店舗向けの万引き防止サービス「AIガードマン」の提供を6月下旬に開始する予定だ。本サービスでは、不審行動を検知できるAI(人工知能)を搭載したカメラが、自律的に映像を解析し、来店客の「うろうろ」「きょろきょろ」などの不審行動を検知。AI搭載のクラウドを経由して…

ページトップへ