企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

複合機 の 企業情報

日本オセ株式会社
日本オセ、A0/B0/オーバーB0サイズ対応のスキャナを出荷日本オセ株式会社は、スキャナ製品「Oce CS4100」シリーズで、A0対応の「CS4136」シリーズとB0対応の「CS4142」シリーズ、オーバーB0対応の「CS4154」シリーズ計10機種を、出荷した。10機種とも、7万7000ピクセル(A0)を達成し、48ビットキャプチャが可能なCCDテクノロジを搭載したスキャナ。レンズ処理精度は
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
ウォッチガード、AIによるウイルス対策などを統合セキュリティに追加 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、統合セキュリティアプライアンス「Firebox」に搭載されているOSの新版「Fireware12.2」の提供を開始した。今回の新版では、AI(人工知能)を活用したウイルススキャン「IntelligentAV」が追加された。Cylanceの機械学習技術を活用したマルウェア検知エンジンを使用し…
株式会社ジャストシステム
JS、Web DBの新版で大規模利用に対応、現場主体の業務改善を支援 ジャストシステム(JS)は2018年2月16日、プログラミング不要のWebデータベースソフトの新版「UnitBase 5.1」を発売する。価格は、同時ログイン10ユーザーの場合で199万円、年間保守料が39万8000円(いずれも税別)。本ソフトは、マウスでのドラッグ&ドロップ操作やExcelファイルの取り込みといった容易な操作で…
エンプレックス株式会社
エンプレックス、「eMplex PBM」と「勘定奉行V ERP」を機能連携 エンプレックス株式会社は、プロジェクト個別原価管理システム「eMplex PBM Release 9.0」と、株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)の「勘定奉行V ERP[個別原価管理編]」との機能連携により、受注後のプロジェクト採算管理から財務会計上の個別原価計算までの一連の業務効率化を可能とするソリュー…
株式会社ハイパーギア
ハイパーギア、端末側ソフト不要のPDF情報漏えい防止製品を発売 ハイパーギアは5月1日、PDFファイルの不正な2次利用や情報漏えいを防止できる製品「PsafeVIEW」を発売した。本製品では、電子証明書で暗号化されたPDFをWebブラウザ内でのみ閲覧できる。閲覧を許可するWebサイトを限定したり、閲覧可能な有効期間を指定したりでき、閲覧可能条件を満たさない場合はPDFが端末へ配…
東芝ソリューション株式会社
TSOL、官公庁・自治体向けグループウェアをクラウドで提供 東芝ソリューション株式会社(TSOL)は、官公庁・自治体向けの専用機能を強化したグループウェア「desknet’s NEO.Gov LGWANクラウド」をLGWAN-ASPのクラウドサービスとして6月30日に提供を開始する。「desknet’s NEO.Gov LGWANクラウド」は、セキュリティ強靱化に対応したLGWAN-ASPのクラウドサービスで、迅速…
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
京セラミタ、ランニングコストを抑えたA4モノクロ複合機を発売 京セラミタ株式会社と京セラミタジャパン株式会社は、病院や店舗でのカウンタ業務や、小規模オフィスのドキュメント業務を支援する、A4モノクロ複合機3機種を、8月中旬より発売する。今回発売されるのは、FAX機能とDP(自動原稿送り装置)を備えた「ECOSYS LS-1128MFP」と、FAXなし/DP付きの「ECOSYS LS-1028MFP…
京セラミタジャパン株式会社
提携:京セラミタの複合機とウイングアークの帳票運用管理を連携 京セラミタジャパン株式会社は、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社と協業し、京セラミタの複合機「TASKalfa」シリーズとウイングアークの帳票運用管理ツール「Report Director Enterprise」(RDE)の連携ソリューション「ID Printing for RDE」を、8月より発売する。価格は、19万8000円となっている。「ID Pr…
システム・コンサルタンツ株式会社
SCC、置き版フィルムデジタル化システムとゴミ取りソフトを発売 システム・コンサルタンツ株式会社(SCC)は、印刷業界向けに、A1サイズまでの面付済み置き版フィルムをデジタル化するための大判スキャナシステム「イメージ・アシストLF(Large Format)」と、スキャン画像のゴミ取り時間を短縮できるソフト「ダストクリーナー」を発売した。価格はオープン価格。「イメージ・ア…
ネクスト・イット株式会社
NextIT、秘密分散を用いたUSB型シンクライアントを月額制で提供 ネクスト・イットは7月2日、デスクトップ仮想化を手軽に始められる月額サービス「セキュア・デスクトップ・クラウドサービス」を開始した。価格は月額4500円。本サービスは、USB型シンクライアント「@割符Live USB」に、Word/Excel/PowerPointやオンラインストレージを付帯し、初期設定済みで貸し出すものだ。秘…
株式会社富士通研究所
富士通研究所、営業を支援する企業情報分析Webアプリを無償公開 富士通研究所は、企業に関する公開情報をひも付けて分析することで、企業情報や地域の経済状況などから対象企業の情報をさまざまな視点で可視化できる「企業情報分析Webアプリ」の無償公開を6月15日に開始した。本アプリは、Linked Data形式で公開されているデータセット群「Linked Open Data(LOD)」を活用した…
株式会社マイクロテック
マイクロテック、iPad等向けのスキャナ用アプリの新版をリリース 株式会社マイクロテックは、WSDプロトコルを利用し、スキャナから直接原稿を取り込める、iPad/iPhone/iPod touch用アプリケーション「eScan Ver.2.0」をリリースした。「eScan」では、読み込んだ画像をエクスポートでき、カメラロール保存やメール添付、iTunesを用いたドキュメント保存を行なえる。今回の「Ve…
サイレックス・テクノロジー株式会社
サイレックス、切れない無線LANをAP不要で構築できる機器を発表 サイレックス・テクノロジーは、通信を安定的に継続できる無線LANを低コストで構成・拡張できる、メッシュネットワークシステム「BR-400AN」を発表した。無線中継局となるアクセスポイント(AP)が不要で、複数台を一定間隔(見通し15〜20メートル程度)に設置することで自動的に無線LANを構築できる。本製品は、…
コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
コニカミノルタ、毎分50/42/36枚出力のモノクロ複合機を発売 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社は、デジタル複合機「bizhub」シリーズのモノクロ中/高速機として、毎分50枚/42枚/36枚(A4ヨコ)出力の3機種「bizhub 501/421/361」を、発売した。3機種とも、操作パネルに8.5インチWVGA(800×480ドット)のカラー液晶パネルを採用し、操作性の向上を図ったデ…
株式会社ネクスウェイ
ネクスウェイなど、売場情報共有アプリで投稿へポイントを付与可能に ネクスウェイとドリーム・アーツは、多店舗の流通・小売業を支援する売場情報共有アプリ「売場ノート」に、店員や客の声をより良い売場/商品づくりに生かすなどの仕組み化を支援する「アクションポイント機能」を追加した。本アプリは、チェーンストアの本部と店舗をつなぎ、売場把握や修正指示、情報共有を迅速化…
株式会社OSK
OSK、ERPの新版で定型業務支援のRPA機能を強化、情報系機能も追加 OSKは、統合業務パッケージ「SMILE V」の新版を9月20日から順次発売する。本製品は、販売、会計、給与、人事といったモジュールで構成されている(ワークフローなどの情報系モジュールの追加については後述)。今回の新版では、「いつもの決まった作業」を支援するRPA機能が強化された。業務に合わせたカスタマイ…
株式会社バイス・ネット
バイス・ネット、組込型対応電子ファイリングソフトの新版を出荷 株式会社バイス・ネットは、複合機連携に加え、他システムとのシームレスな連携を標準実装した、業務システム組み込み型対応の電子ファイリングソフトの新版「Sophia Filing Enterprise 5.6」を、3月1日より出荷する。今回の新版では、入力したキー項目を基に、CSVファイルからほかの属性情報を取得する機能や、属…
日本NCR株式会社
日本NCR、売場スタッフの接客を支援するツールを発表 日本NCR株式会社は、売場スタッフの接客をサポートし、1人ひとりの顧客にショッピングを通じて“おもてなし体験”を提供するためのサービス支援ツール「NCR Sales Advisor」を発表した。「Sales Advisor」は、直感的な操作性やきめ細かなガイダンス機能を備えていて、売場スタッフが顧客1人ひとりのニーズに対応す…
フィードパス株式会社
フィードパス、クラウド型グループカレンダーをバージョンアップ フィードパス株式会社は、クラウド型グループカレンダー「feedpath Calendar」のメジャーバージョンアップを行ない、新バージョンの提供を開始した。「feedpath Calendar」は、スケジュール共有・スケジュール管理・シフト管理に特化したクラウド型グループカレンダー。今回のバージョンアップでは、100名規模の…
株式会社データ・アプリケーション
DAL、データ連携基盤の新版で少量多頻度データの処理を高速化 データ・アプリケーション(DAL)は12月28日、データ連携基盤「ACMS Apex」の新版(バージョン1.2)を発売する。価格は、基本機能が60万円から。本製品では、既存の業務アプリケーション資産を生かしながら、安全で可用性の高いデータ連携基盤を単一ソフトウェアで構築できる。新版の主な特長は4つ。1つ目は、少量…

ページトップへ