企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

メモリ の 企業情報

ラトックシステム株式会社
RATOC、酒造向けもろみ品温監視システムに帳票印刷機能などを追加 ラトックシステムは、酒蔵向けのシステム「もろみ日誌」の機能を拡充し、提供を8月下旬から順次開始する。本システムは、もろみの品温の記録を自動化できる。品温センサーで1時間ごとに自動で計測して、無線(Sub-GHz通信)を通じてPCに保存し、グラフで表示できる他、設定範囲を超えた際にスマートフォンに通知で…
株式会社インテック
提携:インテックと日本ATM、ATMチャネル活用サービスを共同検討 株式会社インテックと日本ATM株式会社は、4月1日、業務提携契約を締結し、ATMチャネルを活用したサービスの共同検討を開始することに合意したと発表した。インテックは、ITホールディングスのグループ企業で、情報化戦略の立案からシステムの企画/開発/アウトソーシング/サービス提供/運用保守まで、IT分野で様…
ノベル株式会社
ノベル、SIEM製品の新版でIDベースのトラッキングなどを強化 ノベルは、SIEM(Security Information and Event Management)製品の新版「NetIQ Sentinel 8.0」の出荷を開始した。オープン価格。本製品は、ログ管理とリアルタイム相関分析、検知の機能を提供する。さまざまなシステムが生成するセキュリティイベントログを収集し、リアルタイムで脅威の検知、アラートを行い、…
相栄電器株式会社
相栄電器、“第24回 Vectorプロレジ大賞”でグランプリを受賞 相栄電器株式会社は、SSD&HDD全自動最適化ツール「Diskeeper 15J」がベクターPCショップ主宰の“第24回 Vectorプロレジ大賞”でグランプリを受賞したと発表した。プロレジ大賞とは、“ベクターPCショップ”で、半期に1度、ユーザ投票などにより人気のあるダウンロードソフトの中から大賞/各部門賞を選出し表彰…
株式会社グリーンハウス
グリーンハウス、HDMI端子搭載の24.1型ワイド液晶モニタを発売 株式会社グリーンハウスは、信号劣化を抑え高精細な画像表示が可能な“HDMI”(High Definition Multimedia Interface)端子を搭載した24.1インチワイド液晶ディスプレイ「GH-TIG243SH-LB」を、5月上旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。「GH-TIG243SH-LB」は、液晶パネルの表面に光沢感を持たせた…
株式会社インテリジェント ウェイブ
IWI、APT攻撃の予兆を自動で検出し隠れた脅威を発見できる製品を発売 インテリジェントウェイブ(IWI)は7月2日、APT(持続的標的型攻撃)の予兆を自動で検出できる製品「SecBI」を発売した。人間が追い切れないかすかな攻撃兆候を高速に集約し、攻撃範囲をフルスコープで表示することができる。SecBIが提供する本製品をネットワークに設置し、プロキシの通信のログを全て転送するこ…
株式会社システムズナカシマ
システムズナカシマ、PDF図面をCADデータに変換できるソフトを発売 システムズナカシマは8月6日、PDF化された図面をCADデータに変換できるWindowsソフトウェア「VectorMasterPremium」を発売した。価格は、1ライセンスが9万8000円(税別)。本ソフトウェアでは、紙の図面などをスキャンして作成された「ラスタPDF」や、CADからPDF生成ソフトを利用して作成された「ベクタPDF」などを…
株式会社ジャストシステム
JS、Web DBの新版で大規模利用に対応、現場主体の業務改善を支援 ジャストシステム(JS)は2018年2月16日、プログラミング不要のWebデータベースソフトの新版「UnitBase 5.1」を発売する。価格は、同時ログイン10ユーザーの場合で199万円、年間保守料が39万8000円(いずれも税別)。本ソフトは、マウスでのドラッグ&ドロップ操作やExcelファイルの取り込みといった容易な操作で…
株式会社デネット
デネット、見積書や納品書、請求書などを作るソフトの新版を発売 デネットは1月19日、見積書や納品書、請求書、領収書などの各種帳票を作成、印刷できるPCソフトの新版「見積・納品・請求8」を発売した。本ソフトでは、顧客情報や品名、数量、単価、金額などを入力することで、自動で計算された帳票を印刷したり、PDFや画像ファイルで出力したりでき、出力した見積もり内容をメ…
アドバンスデザイン株式会社
アドバンスデザイン、RAID自動解除も可能なデータ消去機器を発売 アドバンスデザイン株式会社は、手のひらサイズの軽量な本体に様々な機能を搭載したデータ消去ツール「DataSweeper3 Handy」(DS3 Handy)を発売した。「DS3 Handy」では、データ消去対象のPCやサーバーにUSB経由で接続するという簡単な操作で、端末内のHDD/SSDを自動認識し、それぞれに合わせた方法での同時並列…
キーウェアソリューションズ株式会社
キーウェア、商社や販社の貿易業務向けテンプレートを提供 キーウェアソリューションズは、商社や販社向けの基幹業務テンプレート「商社/販社向け貿易テンプレート for Biz∫(ビズインテグラル)」の提供を12月22日から順次開始する。本テンプレートは、NTTデータ・ビズインテグラルが提供するERP「Biz∫」をベースにしたものだ。貿易オペレーションの効率化に加え、経営…
イーズ・コミュニケーションズ株式会社
イーズ、Notesからの緩やかなリプレイスを支援する製品を発売 イーズ・コミュニケーションズ株式会社は、Lotus Notesを段階的にリプレイスすることで社内システムのコスト削減を可能とする双方向型アクセスライブラリ「Notes Lib.(.NET版)」を、発売した。価格は、オープン価格で、年間保守サービスとしてライセンス購入価格の20%が別途必要となる。「Notes Lib.(.NET版)…
ヌリテレコム株式会社
ヌリテレコム、記憶媒体の使用を制限する「NAS-DEV」の新版発売 ヌリテレコム株式会社は、USBストレージやFD/CD-R/DVDなどの使用を制御する「NAS-DEV(NAS Centerデバイス使用禁止ツール)」の新バージョン「V3.0」を、4月30日より発売する。「NAS-DEV」は、記憶媒体の使用制限を可能とし、より高いセキュリティレベルの維持を可能とする製品。今回の新バージョンでは、Window…
株式会社ディー・ディー・エス
DDS、各種方法の多要素認証に対応しFIDOも使える認証基盤を提供 ディー・ディー・エスは、「万能認証基盤 Themis」をリリースする。本認証基盤は、Linuxサーバ上に展開し、指紋、顔、静脈、ICカード、ワンタイムパスワード、パスワードなどさまざまな方法を用いた、サーバ認証による多要素認証に対応。Windowsログオンやアプリケーション認証での利用に加え、仮想化環境など、…
株式会社ライフボート
ライフボート、Windows Server用バックアップソフトの新版を発売 ライフボートは8月24日、Windows Server/Windows Storage Server向けのバックアップソフトの新版「Paragon イメージバックアップ12 Server」を発売した。Paragon Software Groupが開発した本ソフトは、OS、データ、アプリケーション、設定を含め、サーバ全体を丸ごとバックアップできる。OSが起動できない場合に…
日本電信電話株式会社
NTTと三菱重工など、制御システムへの未知の攻撃を検知・対処可能に NTTと三菱重工、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、社会基盤や化学プラントなどの制御システム向けのセキュリティ製品「InteRSePT」を5月に発売する。従来の技術では対応が困難だった、制御指令を悪用したサイバー攻撃を検知できる。本製品では、攻撃側が対象機器の動作特性や制御指令を監視し、指…
株式会社シーフォーテクノロジー
C4T、ファイルを永続的に暗号化できるSDKを発売 株式会社シーフォーテクノロジー(C4T)は、重要なファイルを永続的に暗号化し、手元を離れた重要ファイルもセキュリティ機能を制御できるソフトウェア「永続暗号SDK」を、発売した。「永続暗号SDK」は、パッケージ製品/システム/ソリューションにファイルの永続暗号機能を付加することができるSDK(ソフトウェ…
ロジカルテック株式会社
ロジカルテック、仮想化で隔離するウイルス防御ソフトを発売 ロジカルテック株式会社は、仮想化技術を使用して、ブラウザとメールに特化したインターネットウイルス防御ソフトウェア「SGateDefender」を8月に発売する。「SGateDefender」は、Windowsファイルシステムとは異なる仮想ファイルシステムを備え、保存した偽装実行ファイルは稼働できないため、添付ファイルを安全に…
ペンティオ株式会社
ペンティオ、IDaaSにリスクベース認証オプションを追加 ペンティオは、IDaaSクラウドサービス「OneLogin」で、ログインのリスクベース認証オプション「OneLogin Adaptive Authentication オプション」の提供を開始する。普段の使用では使い勝手を向上でき、非日常の使用では安全性を高められる。本サービスは、アプリケーションSSO(シングルサインオン)とアカウント…
株式会社フロントライン
フロントライン、USBメモリ等を安全に使用するための製品を発売 株式会社フロントラインは、USBメモリ/USB HDDを安全/効果的に使用するためのWindows対応3製品「USB安全活用マスター」/「USB暗号化マスター 4」/「USBデータキャリーマスター」を、5月16日より発売する。「USB安全活用マスター」は、USBメモリ/USBディスクを安全に利用するためのツール。「USB暗号化マスタ…

ページトップへ