企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

IPS の 企業情報

日本ラドウェア株式会社
ラドウェア、公家 尊裕氏をカントリーマネージャーに任命 日本ラドウェア株式会社(ラドウェア)は、公家 尊裕氏を、同社のカントリーマネージャに任命したと発表した。ラドウェアは、仮想/クラウド/SDNの各データセンタに最適なサービスを提供する、サイバーセキュリティ及びアプリケーションデリバリソリューションのプロバイダ。公家氏は、オーパワージャパン株式会…
株式会社セキュアヴェイル
セキュアヴェイル、ネットワーク監視・ログ収集ソフトを無料提供 セキュアヴェイルは、ネットワーク監視・ログ収集ソフトウェア「LogStare Collector」の新バージョン(1.3)の提供を開始した。無料でダウンロードできる。本ソフトウェアは、ファイアウォールなどのセキュリティ対策機器やネットワーク接続、サーバなどのさまざまな機器の監視とログ収集を一元的に行える。Windo…
エイムネクスト株式会社
エイムネクストなど、植物栽培を記録できるサイトサービスを提供 エイムネクスト株式会社は、株式会社フォトライブラリと共同で、植物の栽培者が栽培記録を残せ、その記録を見ることでより良い栽培を図れるサイト「PlantsNote」のサービス提供を開始した。家庭菜園から生産者までが無料で利用できる。「PlantsNote」では、栽培している野菜/花/観葉植物について、植物別にノート…
フリービット株式会社
提携:フリービットなど、クラウド型スパコンサービスを提供 フリービットは、エクストリームデザインと協業し、クラウド型スーパーコンピューティングサービス「freebit cloud HANABI(Virtual Super Computing)」の提供を7月に開始する。本サービスでは、クラウド基盤「Microsoft Azure」上で、スーパーコンピューティングに最適化した環境をGUIの容易な操作で自動作成で…
マクニカネットワークス株式会社
マクニカネットワークス、セキュリティインシデントに初回無償で対応 マクニカネットワークスは、企業でセキュリティインシデントが発生した際の対応サービス「Mpression Incident Handling Service」の提供を開始した。本サービスでは、電話での問い合わせを24時間365日受け付けるインシデント相談窓口を開設。初回問い合わせ時には暫定的な対応方法を無償で回答する。また、その後…
フォーティネットジャパン株式会社
Fortinet、ネットワークOSの新版で可視性や脅威保護などを強化 フォーティネットは、ネットワークOSの新版「FortiOS 5.6」の提供を開始する。今回の新版の特長は3つである。まず、デバイスやアプリケーションにおけるセキュリティファブリック機能が拡大された。全てのセキュリティ要素を一元的かつリアルタイムに可視化できる「IT資産表示」を提供する他、「ファブリック・レ…
三井物産セキュアディレクション株式会社
MBSD、Azure/AWS環境向けのセキュリティ監視サービスを提供 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は11月20日、クラウド基盤「Microsoft Azure」「AWS(アマゾン ウェブ サービス)」環境のセキュリティ対策として、「クラウドセキュリティ監視サービス secured by Alert Logic」の提供を開始した。価格は月額20万円(税別)から。本サービスでは、ユーザーの環境に設置す…
株式会社イー・ポスト
イー・ポスト、標的型メール攻撃対策用のゲートウェイ機器を発売 イー・ポストは10月17日、標的型メール攻撃対策専用のメールゲートウェイアプライアンス「E-Post Secure Handler on TM200」を発売した。本製品は、ウイルスを含むマルウェアやスパムメールに加え、標的型メール攻撃などを防御するための承認、自動判断機能を備えている。外部から受信するメールに対し、ブラックリ…
株式会社セキュアソフト
セキュアソフト、Webブラウザ仮想化でマルウェアからPCを防御 セキュアソフトは11月1日、Webブラウザ仮想化ソフトウェアのビジネス版「mamoret BE(マモレット ビーイー)」を発売する。本ソフトウェアでは、企業内のPC上でWebブラウジング専用の隔離された環境を生成し、一般業務を行うローカル環境と分離することで、マルウェアからPCを守る。たとえ標的型攻撃メールのURL…
バリオセキュア株式会社
バリオセキュア、マネージドセキュリティのオプション機能を強化 バリオセキュア株式会社は、マネージドセキュリティサービスのオプションとして提供する“マルチホーミング機能”を、3本のインバウンド回線に対応させ、提供を開始した。“マルチホーミング機能”は、企業ネットワークからインターネットへの接続経路を複数確保することで、耐障害性の向上や回線負荷の軽減対策を…
アラクサラネットワークス株式会社
アラクサラなど、マルウェア感染端末を特定し通信を自動遮断可能に アラクサラネットワークスは、マルウェアの外部への通信を検知して自動遮断できるよう、同社のサイバー攻撃自動防御ソリューションを、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールと連携する。そのために、スイッチを制御するソフトウェア「AX-Security-Controller(AX-SC)」の機能を拡張し、10月に出荷を…
株式会社セキュアブレイン
セキュアブレイン、モバイルアプリ用のなりすまし検知SDKを発売 セキュアブレインは10月19日、モバイル向けアプリケーションに、なりすましログインの検知機能を組み込むことが可能なSDK(ソフトウェア開発キット)「MORE」を発売した。XTNが提供する本製品では、モバイル端末を操作するさまざまな人の動的要素(腕の高さ、腕の動きのスピード、端末の角度など)や端末のOS、地…
アカマイ・テクノロジーズ合同会社
アカマイ、Web画像の最適化と高速配信を自動化する製品を発表 アカマイ・テクノロジーズは、画像の多いWebサイトのパフォーマンスと複雑さの課題に対処するために、Web画像コンテンツの最適化と高速配信を自動化する製品「Image Manager」を発表した。Image Managerは、リアルタイムアルゴリズムを用いて各画像を分析し、知覚品質レベルで劣化のない圧縮を行って、Web画像を…
関電システムソリューションズ株式会社
提携:KS-SOLなど、標的型攻撃対策「FireEye」運用サービス開始 関電システムソリューションズ株式会社(KS-SOL)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)と協業し、標的型攻撃対策製品「FireEye」を導入した企業向けの運用監視サービス「KS-SOL マネージド・セキュリティ・サービス サービスタイプ3」を開始した。価格は年額462万円から。「KS-SOL マネージド・セキュリ…
図研ネットウエイブ株式会社
図研ネットウエイブ、Fortinet製品のログ管理向けパックを発売 図研ネットウエイブは、セキュリティ対策でネットワーク状況やインシデントを可視化するために、フォーティネット製品の集中ロギング・分析・レポーティングを容易に低価格で行える「FortiAnalyzer-VM + QNAPパック」を発売した。フォーティネット製品の1つ「FortiAnalyzer」は、統合脅威アプライアンス「FortiGa…
株式会社ワダックス
WADAX、EV SSL証明書無料のレンタルサーバプランを提供 株式会社ワダックス(WADAX)は、共用型レンタルサーバサービス(ホスティングサービス)「@NextStyle 共用サーバー」で、“EV SSL証明書”を無料で利用できる、レンタルサーバサービス「プロフェッショナル ビジネス EV」プランの提供を、開始した。“EV SSL証明書”では、Webサイトへアクセスすると、ブラウザ…
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
バラクーダ、メール/Office 365用セキュリティをクラウドで提供 バラクーダネットワークスジャパンは、メールの包括的なセキュリティとデータ保護を提供するクラウドサービス「Barracuda Essentials for Email Security」と、Office 365環境を総合的に保護する「Barracuda Essentials for Office 365」を6月1日に発売する。両サービスでは、フィッシング・迷惑メール・ウイルス…
カゴヤ・ジャパン株式会社
カゴヤ、機械学習などに適したTesla搭載サーバサービスを提供 カゴヤ・ジャパンは11月2日、ディープラーニング(深層学習)や機械学習に適したサーバインフラサービス「Tesla GPUサーバー」の提供を開始した。本サービスは、NVIDIA Corporationのデータセンター向けGPU「Tesla P100/P40」を搭載したベアメタルサーバ(ソフトウェアが入っていない状態の物理サーバ)だ。CPU…
株式会社リンク
リンク、クラウド同様に使える物理サーバサービスの監視機能を強化 リンクは11月1日、物理サーバをオンデマンドでクラウドのように使えるサービス「リンク ベアメタルクラウド」の監視機能を強化し、コントロールパネルからオンデマンドに監視項目を設定できる機能の提供を開始する。今回の新機能では、物理/仮想を問わず、全てのサーバに対して監視項目を設定できる。また、利用…
スターティア株式会社
スターティア、「セキュアSAMBA」活用の電子契約サービスを開始 スターティア株式会社は、契約の締結が多い業種である不動産業など向けに、法人向けオンラインストレージ「セキュアSAMBA」を活用した電子契約サービスを開始した。今回開始されたサービスでは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が提供する“JCAN証明書”を「セキュアSAMBA」と組み合わせている。…

ページトップへ